あなたにピッタリの保険はどれ?ペット保険の比較ランキング

トータル補償型

「通院」「入院」「手術」に対して、それぞれ日額や回数で限度額を決めて補償する、ペット保険商品で最も一般的な補償タイプです。

一番人気!
トータル補償型「補償割合50%」のおすすめランキング

第1位FPCのフリーペット保険
FPCのフリーペット保険

リーズナブルな保険料でバランスよく補償するペット保険です。保険料の値上がりが少ないフラット制を導入し、補償割合は50%のみというシンプルで分かりやすいプランを用意しています。

第2位PS保険の50%補償プラン
PS保険の50%補償プラン

「50%補償プラン」「70%補償プラン」「100%補償プラン」を用意しているので希望に合わせてプランを選べます。中でも50%補償プランは保険料が低いので家計に優しく、ペット保険が初めての方でも安心して加入できます。

第3位ガーデンのプラチナ50%プラン
ガーデンのプラチナ50%プラン

7つのプランからペット保険を選べるという、豊富な種類が人気です。「プラチナ50%プラン」は通院・入院・手術を50%補償し、請求の日額制限がないので年間限度額の50万円まで補償を受けられます。

トータル補償型「補償割合50%」ランキングを
徹底解説!

手術重視型

手術を重点的に補償するタイプです。また、手術に伴う「入院」も併せて補償する商品も多いです。

手術重視型「補償割合80%以上」のおすすめランキング

第1位あんしんペットのずっといっしょS
あんしんペット

手術のほかに、手術と連続する入院も補償してくれる商品です。手術1回につき、50万円までを年2回までと手厚く補償します。ペット賠償責任特約を安価でつけることもできます。

第2位ペッツベストのアクシデントプラン
ペッツベスト

突然のケガに備えるプランなので、病気などの手術は補償されません。切り傷や刺し傷、異物誤飲、遺伝的な障害など場合によって支払われる保険金の限度額が設定してあることが特徴です。

第3位アニマル倶楽部のホワイトプランⅡ
アニマル倶楽部

5種類のペット保険のうち、「ホワイトプランⅡ」は手術と入院を補償するプランです。ガン手術保険金が20万円と高額で、葬祭保険金や診断書費用保険金など豊富な補償内容が魅力です。

手術重視型「補償割合80%以上」ランキングを
徹底解説!

通院重視型

「通院」を重点的に補償するタイプです。医療費が比較的高い「手術」を補償しないのがこのタイプの特徴です。

通院重視型おすすめランキングを
徹底解説!

あなたにピッタリの保険はどれ?ペット保険の比較ランキング

おすすめのペット保険商品 BEST3

第1位 株式会社FPC フリーペットほけん

株式会社FPC
フリーペットほけん

第2位 株式会社ペットメディカルサポート 50%補償プラン

株式会社ペットメディカルサポート
50%補償プラン

第3位 もっとぎゅっと少額短期保険株式会社 ずっといっしょS

もっとぎゅっと少額短期保険株式会社
ずっといっしょS

ペット保険が初めての方へ!ペット保険の基礎知識

保険会社から探す

ペット保険って必要なの?5分でわかる!ペット保険まとめ

ペット保険とは

最近話題の「ペット保険」。ペット保険の存在が気になっているものの、あまり詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。
「ペット保険」とは、動物病院でかかった治療費の一定額をカバーする商品です。ペット保険に加入し、あらかじめ各商品で設定されている保険料を支払っておくことで、ペットが動物病院で医療サービスを受けて発生した手術費や入院費などの治療費の一部を保険会社に負担してもらうことができます。
最近は食事内容や獣医療が向上し、ペットの高齢化が進んでいます。それに伴い、病気やケガをするペットが増え、動物病院で治療を行うことが多くなっていることが実情です。突然の手術や入院、継続的な通院では、高額な治療費が必要になってきます。そういったとき、ペット保険に加入していれば高額な治療費を保険会社がカバーしてくれるので、家計の負担にならないうえ、治療費を気にせずペットに十分な治療を行うことができます。
ペット保険を取り扱う会社によって補償割合や保険料、補償内容などが異なります。そのため、加入を検討される方は各商品を比較し、ペットの種類に合うものを選ぶようにしましょう。

ペット保険の加入率って?

現在、日本のペット保険の加入率は約4%です。
ペット保険は30年ほど前にイギリスで始まり、現在では日本をはじめ、アメリカやオーストラリアなど各国でペット保険が利用されています。日本の加入率は約4%ですが、ペットの先進国であるスウェーデンでは約80%、イギリスでは約20%と言われており、年々ペット保険が普及しています。
では、なぜ欧米と日本の間に、こんなにもペット保険の加入率の差があるのでしょうか?ペット保険の存在をまだ知らない方も多いとは思いますが、ペットに対する意識の違いも理由に挙げられます。欧米では日本よりもペットは家族の一員であるという想いが強いため、人間が保険に加入するのと同じようにペットもペット保険に加入させているようです。
日本もさらにペット保険の認知度が高まり、ペットに元気で長生きしてほしいという気持ちが強くなれば今よりも加入率は増えるでしょう。

ペット保険には入るべき?

「そもそもペット保険って必要なの?」と思われる方も多いかと思います。実際、病気やケガで動物病院を利用された方は共感されると思いますが、診察や検査、投薬で数万円になってしまう場合や、手術や入院となると数十万円とさらに高額な治療費になってしまうこともあり、ペットの治療費は思いのほかかかります。ペット保険に入っていないと治療でかかった費用は全額自己負担になってしまうため、「ペット保険に入っていれば…」と後悔された方も多いようです。
また、ペット保険に入っていることで、経済的な不安がなくなり進んで動物病院を受診するようになります。ペットの体調の変化に気づいてすぐに診察を受けることで早期発見につながり、大切なペットに苦しい思いをさせることなく助けることができます。
経済的な理由で治療の選択肢が狭くなることもあるので、もしものときの急な出費の備えや大切なペットに十分な治療を行うためにもペット保険に入っておいた方が安心です。

ペット保険には高齢でも入れるの?

犬や猫の個体差もありますが、10歳ほどになると高齢になります。高齢になると病気やケガになる確率が高くなるので、ペット保険に加入しておいた方が安心です。では、高齢になってからでもペット保険には入れるのでしょうか?
ペット保険には加入できる年齢が決まっています。保険会社によって異なりますが8歳・9歳未満に設定されている商品が多く、10歳以上になると加入できる保険がかなり限られてきます。現在では一度加入すると終身まで継続できる商品がほとんどなので、ペット保険の加入を検討されているならば早めに加入することをおすすめします。
また、ペットが病気になってからペット保険の加入を考える方が多くいます。しかし、加入前から行っている治療中の費用は補償されないほか、病歴によっては加入を断れられる場合や条件付きでの加入となるケースがあるので注意が必要です。
病気やケガはいつなるか分からなりません。そのため、元気なうちに加入することを心がけましょう。