ペット保険関連コラム

アニコムのペット保険の「健康割増引制度」の落とし穴

ペット保険を日本で最も早く手掛けたアニコムが提供するペット保険の商品について、「健康割増引制度」という、よく確認しておかないと痛い目を見る"落とし穴"の制度が存在ます。その制度について、掘り下げて説明します。

ざっくり言うと

  • アニコムの保険料は、保険の利用状況により、20%割増や40%割増になります。
  • 特に慢性疾患の場合や高齢のペットの場合は割増になる可能性もあるので、注意しましょう。

アニコムの補償内容って?

アニコムのペット保険は50%補償と70%補償の2つのタイプがあり、補償内容は以下の通りです。

項目 50%補償の場合 70%補償の場合
通院 10,000円/日
年間20日まで
14,000円/日
年間20日まで
入院 10,000円/日
年間20日まで
14,000円/日
年間20日まで
手術 100,000円/回
年間2回まで
140,000円/回
年間2回まで
年間補償上限額 60万円 84万円

 アニコムは日本で最も早くペット保険を手掛けた会社であり、ペット保険業界で最も多くの保険契約件数を保有している会社です。
 ですが、この保険商品にも見落としてしまいがちな落とし穴があります。それは、保険の利用状況によって変動する「健康割増引制度」です。

アニコムの「健康割増引制度」って?

 上図のように、アニコムでは12カ月間での保険の利用回数に応じて、保険料が割引や割増になります。具体的には、以下の通りです。

通院・入院回数/手術回数 割引・割増率
0回 10%割引
1~5回 5%割引
6~19回 割引・割増なし
20回~39回 20%割増
40回~ 50%割増

 なお、利用回数については、通院1日、入院1日、手術1回をそれぞれ1回としてカウントします。

どういう場合に利用回数が増える?

 この制度は、慢性疾患にかかった場合や、高齢のペットになった場合に割増になる可能性があります。

 例えば、慢性疾患の皮膚病や心臓病にかかった場合、定期的に通院をすることになり、通院回数が12か月間で20回を超えることはザラにあります。また、高齢になって体が弱ってきた場合は、飼い主も心配になり、頻繁に通院をしたり、長期で入院させて獣医師に任せることもよくあります。

 このような時に、利用回数が多いために次回の保険料が割増しになると、気軽に動物病院に行きづらくなってきます

 ペットとの健やかな生活をサポートしてもらえるはずのペット保険なので、この割増の制度についてもきちんと理解した上で、ペット保険を考えるようにしましょう。