バセット・ハウンドの性格と基本的な飼い方について徹底解説!よくある病気や怪我を把握して、いつでも頼れる飼い主さんを目指しましょう!

ざっくり言うと
  • 胴長短足にたるんだ顔、長く大きな耳が特徴的なバセット・ハウンド!
  • 性格は非常に穏やかでのんびりとした犬らしくない犬!?
  • 可愛いと思った特徴も時にデメリットとなってしまうんです

バセット・ハウンドの性格・飼い方

バセット・ハウンドの性格

脚が短く、あごよりも下に伸びた大きな耳、垂れた皮にどこかぼんやりとしているような目つき。
バセット・ハウンドは初めて見た人でもわかるように、見た目通りの非常に大人しく攻撃性がない犬種です。動く事を好まず、のんびりしていたい、犬らしからぬ犬種と言っても良いかもしれません。
 
ここまで攻撃性がない犬も珍しいくらいのバセット・ハウンドは、もともと獲物を追跡する為に作出された犬種です。
大きな耳も、地面のにおいを更に嗅ぎやすくする為と言われており、気になるにおいを見つけたら納得するまで嗅ぎ続ける頑固な一面も見られるでしょう。
 
頑固なところが唯一の性格の欠点かもしれません。あまりにものんびりとマイペースな為、外で一緒に遊んだり走ったりするような事を希望している飼い主さんとは相性が悪いでしょう。
 
温厚で優しく、愛情深い性格は誰にでもなつきやすく、社交的で愛嬌のあるバセット・ハウンドは、子供がいる家庭でもご年配の方でも安心して飼う事が出来ます。
あまり見かける事のない犬種ですが、初心者向けの性格ですので、しつけさえしっかり行えば非常に飼いやすいです。
 
本来の犬とは少し離れた独特な性格の持ち主ですので、物足りない方には物足りないかもしれませんが、一度飼ってしまえばその独特な性格のバセット・ハウンドに魅了される事間違いないでしょう。

バセット・ハウンドの飼い方

激しく運動する事を好まない犬種ではありますが、運動が嫌いというわけでもなく、また、肥満になりやすい体質の為、まったく散歩に行かないわけにはいきません。
歩き回ったり走ったりしたい時もありますので、一日30分でも良いのでその時間を作ってあげましょう。
 
バセット・ハウンドと一緒にのんびりとした散歩を心がけると、なお良いです。元気な子ならば一日二回散歩するのも良いでしょう。
ただ、運動が苦手な子が多い為、疲れが見られたら休憩を取ってあげるようにする事も重要です。
 
また、バセット・ハウンドはにおいを嗅ぐ事を仕事としてきた犬種ですので、散歩中何度も立ち止まる事があるかもしれません。比較的従順ではあるのですが、地面を常に気にしている為、アイコンタクトは難しいでしょう。
 
気になったにおいがあるとずっと嗅ぎ続けてしまい、吠える事が少ないと言われてはいるものの、時には野太い声で吠える事もあります。
意外にも力が強い為、なかなか引っ張ってもその場所から離れない事が多いのですが、そんな時はイライラせずに、納得させるまで嗅がせてあげると良いです。
 
手入れに関してですが、バセット・ハウンドはたるんでいる個所が多い為、汚れが溜まりやすいです。散歩のあとや、食事のあとは、必ずタオルなどで拭き、清潔にしてあげると皮膚病予防にもなります。
散歩と手入れにさえ気を付ければ、問題なく飼う事が出来る犬種でしょう。

バセット・ハウンドがかかりやすい病気・ケガ

椎間板ヘルニア

胴長短足という体型上、椎間板ヘルニアのリスクはダックスフンドやコーギーよりは低いものの、他犬種と比べると非常に高いです。
この病気は加齢と共に発症率があがり、発症してしまうと背骨の中にある椎間板が変形し、そのまま脊髄に刺さり、様々な神経障害を引き起こします。
 
脚に痛みや違和感があるのは、最初は散歩を嫌がるなどの行動を見せ、脚の麻痺が徐々に広がっていくと歩行困難になり車いすが必要になるといった状態にまでなります。
バセット・ハウンドはもともと活発ではなく、すすんで外へ行こうするような犬種ではない為、発見が遅れがちです。
 
バセット・ハウンドがヘルニアを発症する時はある程度年齢を重ねている事が多い為、外科手術など負担になるような事はなるべく避けたいものです。
そうならない為にも予防する事、進行させない事が重要となってきます。
 
バセット・ハウンドが椎間板ヘルニアになりやすい特徴として、胴長短足である事の他に、肥満になりやすい事が原因と言われております。
もともと激しい運動を好まず、室内でのんびり過ごす事が多いバセット・ハウンドは、運動不足に陥りやすく、肥満になりがちです。
 
徹底した食事管理と、適度な運動をするようにしましょう。また、足腰に負担がかからないようにフローリングに絨毯を敷く、階段の昇り降りをさせない、抱っこをする時は抱え込むように抱き上げるなど、仔犬の頃から生活環境も見直してみると良いでしょう。

外耳炎

見た通りと言うでしょうか、あれだけ大きな耳を持っているので、外耳炎になりやすい体質です。
特徴も時にはデメリットとなる、その大きな耳は汚れがたまりやすい為、必然的に菌が繁殖しやすい環境となっております。
特別、命にかかわる病気ではないのですが、外耳炎は悪化してしまいますと中耳炎になり、最悪な場合、鼓膜が破れてしまう事もあるのです。
 
外耳炎になってしまうと、激しいかゆみが起き、床に耳をこすりつける、耳を触るのを嫌がる、頭を振るなどといった行動をとるようになります。
また、外耳炎の特徴として強烈な悪臭、掃除をしても翌日にはまたすぐびっしり耳垢で汚れている、といったものがあります。
 
外耳炎になってしまったら家庭での耳掃除では治りませんので、病院にて専用の洗浄液で耳掃除、進行具合によって内服薬も処方してもらいましょう。
 
自宅では、日ごろの耳掃除はもちろんの事ですが、バセット・ハウンドのようにあごまで伸びた耳は、風通しが悪く、中は常にこもった状態です。特に梅雨の時期は気を付けなければなりません。
バセット・ハウンドが横になって寝ている時に耳をめくってあげるだけでも変わります。バセット・ハウンドは高確率で外耳炎になりやすいので充分注意しましょう。

血小板減少症

怪我をして出血した際、血を止めようとして血液内にある血小板が働く事で止血する事が出来ます。ですが、この血小板が非常に少ない、または正常に機能しない事によりなかなか止血する事が出来なくなってしまう病気です。
 
主な症状は止血がしにくい、ですが、症状がひどい場合、血尿や血便、鼻血が止まらなくなってしまう事もあります。命にかかわる病気である為、早急に病院にて処置してもらう必要があるでしょう。

原因はさまざまあげられ、薬物による副作用によるもの、ジステンパーなどの感染症によるもの、生まれつきによるもの、リンパ系腫瘍によるものと言われておりますが、明確に原因はわかっておりません。
治療法はステロイド剤、リンパ種の治療、などで処置しますが、それでも改善が見られない場合は、長期的に血小板の輸血や、血小板を破壊させない為の薬剤の投与などをして経過を見ます。
 
この病気は特効薬がなく、原因も不明な危険な病気です。なるべく血を出させないように怪我をさせない事を心がける事も重要となるでしょう。