ビション・フリーゼの性格と基本的な飼い方について徹底解説!よくある病気や怪我を把握して、いつでも頼れる飼い主さんを目指しましょう!

ざっくり言うと
  • まるで真ん丸大きなわたあめ!?ビション・フリーゼの魅力!
  • お上品な見た目と違って活発で運動が大好きな犬種なのです♪
  • 大きな遺伝疾患はないからこそ身近な病気に気を付けよう!

ビション・フリーゼの性格・飼い方

ビション・フリーゼの性格

一時期テレビCMで話題になったビション・フリーゼ。見た目がトイプードルに似ている事から、巨大なトイ・プードル?巨大な綿あめ?などと言われ、一気にその名が広まりました。
真っ白で上品さをうかがわせるその見た目は、やはり上流階級から愛される愛玩犬として人気だったようです。しかし、その見た目とは裏腹に、実際はとても活発で毎日の運動が必要なほど元気な犬種です。
 
一度スイッチが入ってしまうと、ドタバタと大興奮、走り回る姿が見られます。ビション・フリーゼを飼ってらっしゃる飼い主さんの間では、この事をビションブリッツ呼び、親しまれております。
 
ふわふわ大きな綿あめのような犬が辺りを走る姿はなんとも言えない可愛さがあります。それだけやんちゃな性格だと、まるで言う事を聞かないように思えますが、ちゃんと聞く時は聞く、頭の良い犬種です。
また、社交性が高い為、色々な人や犬と仲良くする事が出来るでしょう。その性格の良さは、一般家庭で非常に飼いやすい愛玩犬である事間違いありません。
 
ただ、その社交性の高さから、一人になるのを嫌う寂しがり屋の傾向が強いです。常に誰かといたい、遊びたいという気持ちが強い為、なるべくビション・フリーゼの為の時間を作るようにしましょう。

ビション・フリーゼの飼い方

ビション・フリーゼの特徴といえば、あの独特な丸いフォルム(パウダーパフ)ですが、そのカットスタイルを維持するのも、真っ白な被毛を常に綺麗な状態にするのも、非常に難しいと言われております。それはプロのトリマーでも共通して言える事なのです。
 
完全にドッグショーに出場しているような完璧なスタイルを維持するのは無理かもしれませんが、元々ふわふわした毛質です。
定期的にトリミングサロンでのカット、毎日のブラッシングを行う事で被毛を美しく健康な状態を維持する事が出来るでしょう。
 
抜け毛もにおいも少ない犬種ですから、つい毎日のお手入れをおろそかにしてしまいがちですが、ブラッシングもカットも抜け毛の少ないビション・フリーゼでも非常に重要です。
被毛を定期的にとかしたりカットしたりする事で、毛の絡まりを防ぐ、毛が目に入らないようにするといった効果を得られ、結果として皮膚病や眼病などの病気を防ぐ事が出来ます。
 
ブラッシングは見た目の美しさを維持する為だけではなく、ビション・フリーゼの健康の為でもあります。
また、真っ白な被毛におしっこ汚れがつかないよう、おしっこのあとは下半身をタオルで拭いてあげましょう。

ビション・フリーゼがかかりやすい病気・ケガ

急性湿潤性湿疹

ビション・フリーゼの被毛は多く密集しており、換毛期がない毛質の犬種です。元々は湿度のない地域で産まれたビション・フリーゼは、高温多湿の日本の気候に適した身体ではありません。
被毛が多く密集しており、換毛期がない、常に「こもった」状態です。その為、皮膚が湿気に弱く、特に梅雨の時期になるとこの急性湿潤性湿疹になりやすいでしょう。
 
この病気の特徴は、何も前触れもなくある日突然、皮膚が真っ赤になり、ぐじゅぐじゅと膿んだ状態になります。ひどいかゆみがある為、発症してしまうとビション・フリーゼはとてもつらそうに患部をかこうとします。
多く見られる個所は、耳、脚の付け根、あごです。どこもブラッシングがしにくく、熱がこもりやすい部分である事が伺えます。日ごろからブラッシングをして毛が絡まないように綺麗な状態にしておく事で防げます。
 
症状が見られましたらすぐに病院へ行き、薬を処方してもらいましょう。そして、この病気の最大の特徴は、症状が悪化するスピードがとても早いのです。
湿疹を見つけ、数時間後に再度患部を確認するとすでに化膿が始まり、たったの数時間でひどいぐじゅぐじゅの状態になってしまうのです。
 
また、シャンプー後に充分に乾かさない事でも発症する事があります。ビション・フリーゼの皮膚はデリケートですので、手入れの際は注意しましょう。

尿石症

尿路(腎臓、尿道、尿管、膀胱)のどこかに、尿の中にある物質が固形となって出来てしまう病気です。この時出来る固形物は、いわゆる尿結石というものです。
この尿石は大小まちまちですが、共通して言える事は、大きさ問わずおしっこが出にくくなり、膀胱炎などの炎症を起こします。
 
また、尿石が大きい場合、尿管や尿道で出来た際に完全におしっこが出なくなる状態である尿路閉塞というものになりやすいです。おしっこが出ない状態が続くと尿毒症など危険な状態に陥ってしまいます。
 
尿石症になると、おしっこの時に鳴いたり、おしっこの回数が増える割に量が少なかったり、おしっこの時に変なポーズを取るようになります。
更に症状が進むと炎症による血尿が見られます。すぐに病院へ行き、適切な処置を行いましょう。
 
また、尿石の成分によって治療法は異なります。尿石を分解させる為の投薬治療もあれば、手術で尿石を取り除く方法があり、ビション・フリーゼに多く見られる尿石は、シュウ酸カルシウムといい、ほとんどが外科手術での除去になります。
 
尿石症は、過剰なミネラル摂取、水分摂取量が少ない事によって発症すると言われている為、飼い主さんは毎日食事とお水の管理をしましょう。おやつの成分にも要注意です。

外耳炎

耳の特徴として、ビション・フリーゼは垂れ耳であり、耳の中にも毛が生えています。
この耳の中の環境は、まさに雑菌が繁殖するに適した環境であり、うっかり耳掃除を怠ったものならば、耳垢に含まれる雑菌が中で大量発生。
 
耳をめくると茶色く汚れた耳垢がこびりついており、顔を背けたくなるような悪臭、そして、耳の皮膚も真っ赤腫れあがってしまいます。また、つらいかゆみが続く為、頭を振る、床に耳をこすりつけるなどの行動が見られます。
 
悪化すると、中耳炎や内耳炎を引き起こしてしまい、更に進行すると手術が必要になってしまう為、早急に治療に取り掛からなければなりません。
外耳炎は点耳薬での治療になりますが、完治するのに時間がかかる事が多い為、ビション・フリーゼの耳を持ち上げて、風通しよくするなど、飼い主さんの助けも必要になります。
 
外耳炎は、ビション・フリーゼからすると強烈なかゆみである為、非常につらい病気です。外耳炎にならない為にも、日ごろから耳のチェックをし、汚れてきたら耳掃除をして清潔にしてあげましょう。