キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの性格と基本的な飼い方について徹底解説!よくある病気や怪我を把握して、いつでも頼れる飼い主さんを目指しましょう!

ざっくり言うと
  • その立ち居振る舞いはまさに貴族のよう!優雅な犬、キャバリア!
  • 名前の意味は騎士!だけど争い事は大嫌いなんです♪
  • 心臓病になりやすい犬種だからこそ上手に付き合っていこう

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの性格・飼い方

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの性格

キャバリアは優雅な出で立ちの見た目通り、穏やかな性格であり、それでいて社交性の高い愛嬌のある犬種です。その立ち居振る舞いは貴族のようですが、時として活発な一面を見せます。
 
キャバリアという名前は「騎士」の意味を持ちますが、実際、キャバリアは争い事を嫌う犬種であり、見知らぬ人でも犬でも有効的に接します。その為、多頭飼いに非常に向いた犬種として有名なのです。

一般家庭で飼われる愛玩犬として申し分ないほどの優秀な犬種ですが、一つ欠点を上げるとしたら寂しがり屋の傾向が強いというところでしょうか。
愛情深いキャバリアは、飼い主さんに依存してしまいがちであり、また、飼い主さんもべったりとついてくるキャバリアに対してつい甘やかしがちです。
 
その為、分離不安などといった問題行動を起こしやすく、穏やかな性格ではありますが、飼い主さんの留守中にいたずらをしてしまうという事も見られるようです。
キャバリアの基本的な性格は従順ではありますが、あまり構ってもらえないとなると静かに態度で示してきます。大胆な行動で態度を示さないところがキャバリアらしいですね。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの飼い方

キャバリアは比較的初心者向けの犬種と言えます。愛情深く飼い主さんと触れ合う事を好む為、しつけの仕方はスキンシップをしながらたくさん褒めて接すると良いでしょう。
穏やかな性格であるキャバリアに厳格なしつけを繰り返すと、元々良い性格を崩壊させてしまう恐れがあります。
 
ですが、上記にも記載した通り、寂しがり屋な性格である為、極度な甘やかしは厳禁です。悪い事をしたら教えてしつける。良い事をしたら大げさなくらいに褒める。このくらいの気持ちで接する事が重要でしょう。
そうする事でより良く関係を築き上げる事が出来ます。
 
また、非常に毛が絡みやすく、抜け毛が多い犬種の為、日ごろからブラッシングをしてあげると良いでしょう。人とスキンシップを取る事が大好きな犬種ですので、仔犬の頃からスキンシップをしながらブラッシングをする習慣をつければ、ブラッシングが大好きな子になるでしょう。
 
散歩の際も、近所を散歩するだけでなく、近所の人や犬が集まるような場所でコミュニケーションの場を設けると良いです。人や犬と触れ合う事を好むキャバリアは、こうした些細なコミュニケーションでもうれしく感じるものです。
生活の一部に取り入れてあげると良いでしょう。

キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルがかかりやすい病気・ケガ

僧帽弁閉鎖不全

性格も良く非常に飼いやすいキャバリアですが、実は心臓病になりやすい事でも有名です。僧帽弁閉鎖不全という病気は、キャバリアがなりやすい病気の一つであり、全犬種合わせてもワースト1の発症率とされております。
 
帽弁閉鎖不全は、心臓の弁が変形して正常に血液が流れなくなり、その血液が逆流してしまう恐ろしい病気です。その結果、肺水腫という酸素と二酸化炭素の流れが正常に行われない状態になり、呼吸困難になってしまうのです。
初期はあまりキャバリア自身に大きな症状が見られない為気づきませんが、徐々に進行していくにつれ、食欲低下、乾いた席、チアノーゼ、失神などといった症状を起こします。
 
この病気自体は、加齢と共に、大体6歳過ぎた頃から発症率が上昇すると言われておりますが、キャバリアに至っては早くて4歳頃から発症する傾向があります。加齢が進むと、症状も進行していく為、最悪の場合心不全を起こす事もあるでしょう。
 
その為、早期発見が重要になり、早いうちに内服薬の服用、運動の制限をする事で改善していかなければなりません。完治する事は困難である為、一生付き合っていかなければならない病気です。
飼い主さんが意識して上手に付き合っていく事が治療法となるでしょう。。

外耳炎

キャバリアは長く垂れた耳をしているのが特徴的です。垂れた耳は優しい印象を抱く傾向があり、キャバリアの穏やかな性格、優雅な見た目をより強調させます。
ですが、垂れ耳は常に耳の穴をふさいでいる状態である為、耳の中は常に雑菌だらけであり、非常に繁殖しやすいです。
 
外耳炎になってしまうと、耳の中に大量の汚れた耳垢がこびりつき、見た目だけでなく悪臭を漂わせます。あまりにもひどいと、耳をめくらなくても臭ってくる事もあるでしょう。
その汚れによる炎症の為、ひたすら耳を掻く行為が見られますが、こうなりますと一度病院で点耳薬を処方してもらわなければなりません。悪化してしまうと、中耳炎などを起こしてしまい、点耳薬では治療できずに手術が必要になってきます。
 
外耳炎は、キャバリアのような垂れ耳の子に多く見られますが、基本的には毎日耳のチェックをし、汚れていたら耳掃除をする事で充分予防になります。
また、じめじめした梅雨時などは、耳を上にめくって風通しをよくしてあげるなどといった工夫が必要になります。
 
命を落とす病気ではありませんが、キャバリアに負担がかかってしまう事に違いありませんので、日ごろの予防と、早期治療をしてあげる事が望ましいでしょう。

糖尿病

糖尿病は全犬種に発症する可能性がありますが、キャバリアは特に糖尿病を発症しやすい犬種と言われております。
糖尿病になってしまうと、インスリンというホルモンが正常に機能しなくなり、必要なブドウ糖を細胞内に取り込む事が出来なくなってしまうのです。
結果として、全身にあらゆる障害を現れ、最悪の場合死に至る糖尿病性ケトアシドーシスという合併症を引き起こします。
 
糖尿病の主な症状は水を飲む量、食べる量が増えるにも関わらず体重が減少していく事が特徴です。
また、腹部が膨らむのも身体的特徴の一つですので、何か違和感を抱いたらすぐに病院へ行く事をオススメします。
 
治療法は毎日インスリンの注射をする事ですが、糖尿病は完治する病気ではない為、症状を抑え、合併症を起こさせない為にする為の治療です。
その為、長期間糖尿病と闘わなければなりません。徹底した食事管理、運動をして余分な血糖を消費させる事がポイントです。治療方法はその子によって異なってきますので、病院でよく相談の上、その子に合った治療をしてまいりましょう。