チワワの性格と基本的な飼い方について徹底解説!よくある病気や怪我を把握して、いつでも頼れる飼い主さんを目指しましょう!

ざっくり言うと
  • その人気はとどまる事を知らず!そのサイズはなんと世界最小の犬!?
  • 小さくたって勇敢♪つい前に出て飼い主さんを守ろうとする一面も
  • でも小さいからこそ無茶はしてほしくない…飼い主さんが数々の病気から守ろう

チワワの性格・飼い方

チワワの性格

チワワといえばCMで人気が爆発。その後も人気は衰える事なく、現在でもペットショップでは人気犬種として扱われています。
飼い主さんといつでもどこでも一緒にいたがり、ひと時も離れたくないと言わんばかりの甘えん坊なチワワ。愛情深い性格のチワワは、愛くるしい見た目だけではなく、その性格も人気の一つと言えるでしょう!
 
その行動、見た目に、飼い主さんは無意識のうちに「守ってあげなくちゃ」という気持ちになる事間違いありません。そんな母性本能をくすぐられる可愛らしいチワワですが、実は飼い主さんが思ったよりもチワワは大変勇敢な性格の持ち主なのです。
 
忠実で、飼い主さんに対して深い愛情を示すチワワは、敵とおぼしき対象を見つけると警戒し、攻撃的かつ献身的な一面を見せます。それが例え大きな犬でもです。
 
ですが、中には見た目通りの臆病な性格の子も中にはいます。それは仔犬の頃の必要以上の甘やかしによる、後天的性格とも言えます。
実際は、飼い主さんに忠実、献身的、そして勇敢な性格ですので、もとの性格を壊さないよう適切なしつけ、そしてたくさん愛情を注いであげる事が望ましいと言えるでしょう。

チワワの飼い方

チワワは、世界最小の犬と言われております。その為、運動量が他の犬種と比べて少なく、散歩も15分~30分程度で充分とされているので比較的のんびりとしたご家庭に向いた犬種でしょう。
あまり激しい運動は、小さな身体のチワワに負担をかけてしまうので要注意です。
 
多少攻撃的な一面も見られますが、もともと従順な性格である為、しつけはしやすい方です。しつけの中で、特に気を付けなければならないのが、吠え癖。
攻撃的な一面というのが、主に「吠える」行動となってあらわれる為、集合住宅地に住んでらっしゃるご家庭は仔犬の頃からしっかりとしつけをしなければなりません。
仔犬の頃は特に小さくかわいらしい為、ついつい甘やかしがちになってしまいますが、心を鬼にして、メリハリのあるしつけをするようにしましょう。
 
また、チワワは寒さに弱い犬種である為、防寒対策はしっかりと行わなければなりません。夏場は冷房の効いた室内でない限り、洋服は必要ありませんが、春秋冬となりますと洋服の着用が必要になります。
 
ですが、以前と比べて洋服の種類がたくさん増えてきた為、純粋にオシャレを楽しむ飼い主さんも増えているようです。洋服がたくさんあるのは、小型犬ならではの特権でしょう。色々揃えて楽しむのも良いかもしれませんね。

チワワがかかりやすい病気・ケガ

水頭症

短吻種であるチワワの代表的な病気と言っても過言ではありません。水頭症は脳の病気であり、神経障害を引き起こす非常に怖い病気です。
 
神経障害の一例として、歩行困難、痴呆、凶暴化、視力障害、てんかんといったものがあります。どれも日常生活に影響が出る症状ばかりである為、発症してしまったら早急に治療にかからなければなりません。
完治する事は困難ですが、症状を少しでも軽減させる為にも、投薬治療、外科手術などその子に合った治療法を実施する事が望ましいでしょう。
 
水頭症の原因は先天性とも言われておりますが、後天的に発症する事も多いにあり得ます。脳腫瘍や外部からの衝撃で頭部に強い損傷があると、発症しやすいと言われております。
また、チワワは頭蓋骨が重なりきらずに頭部がぽっかりと穴が空いている仔犬が多いです。成長とともにこの穴はふさがってくるのですが、成犬になっても穴が空いていて、頭部を押すと柔らかい場合は水頭症になる可能性が非常に高くなります。
 
チワワは、頭の衝撃に弱いという事。これはしっかりと覚えておくようにしましょう。

低血糖症

チワワがかかりやすい病気の中の一つ、低血糖症。チワワの中でも比較的身体が小さめの子、あまり食べないのにやたらと運動をしたがる子、そして仔犬に多いとされております。
低血糖症は、どんな子でも起こり得る病気であり、その症状はぐったりとして痙攣を起こし、最悪の場合命を落としてしまうのです。
出かける前は元気だったのに、帰宅したらぐったり、冷たくなっていた…なんていう事例も少なくはありません。
 
命を落としやすい病気ではありますが、実は低血糖症は飼い主さんが気を付けていればまず症状を起こす事はなく、その予防策も非常に簡単なものです。
食事は必ずしっかりとらせ、食べない場合は複数回にわけて与える事。寝起きに激しい運動をさせない事。たったのこれだけなのです。
 
また、万が一、低血糖症の症状が見られた場合、砂糖水やガムシロップ、はちみつなどを注入器などで口の中に入れましょう。落ち着いてきたところでゆっくりと食事をとらせます。
そうするとすぐにまた元気になるので、それから病院へ連れていくようにしましょう。
 
チワワは食が細い子が多い為、低血糖症は非常に身近な病気です。最悪な事態にならないよう、日ごろから飼い主さんは食生活に工夫を取り入れるようにしましょう。

気管虚脱

ガーガーという音や、グーグーという音などと共に咳き込むチワワがまれにいます。呼吸も苦しそうで、小さな身体のどこからそんな声が?と思うほどの大きな声でいびきをかきます。
 
これは気管虚脱という病気の症状の一部であり、気管がつぶれてしまっている為とされております。
グレード1~4まであるこの病気ですが、2以上になると上記の症状に加えてチアノーゼ、失神などの症状も出てきます。
最終的には呼吸困難を起こし、死に至る事もあるのです。
 
チワワの呼吸に違和感を抱いたら、すぐさま病院へ連れていきましょう。初期症状でしたら投薬治療や食事改善、症状が進行していたら外科手術など、その子に合った適切な治療をしなければなりません。
 
気管虚脱は遺伝的要素、また、老化によるものである為、完全予防する事は困難ですが、ストレスをかけさせない、肥満にさせないといった事でも充分予防になります。
気管虚脱は大変苦しい病気です。進行してしまわないよう、心がける事が大事と言えるでしょう。