エキゾチックショートヘアの性格と基本的な飼い方について徹底解説!よくある病気や怪我を把握して、いつでも頼れる飼い主さんを目指しましょう!

ざっくり言うと
  • 猫の中のぶさかわ代表エキゾチックショートヘア!つぶれ顔が魅力的♪
  • シャンプーだって余裕です!他の猫が嫌がる事も受け入れる大物っぷり!
  • 遺伝性疾患が多い猫種だからこそ病気について理解しておこう!

エキゾチックショートヘアの性格・飼い方

エキゾチックショートヘアの性格

犬の中での「ぶさかわ」といえばフレンチブルドッグといった鼻ぺちゃな犬種が代表的でしょう。では、猫の中での「ぶさかわ」代表といえば…このエキゾチックショートヘアかもしれません。
 
猫といえばしゅっとした顔立ちがクールで人を寄せ付けない雰囲気がありますが、エキゾチックショートヘアは、まず、しゅっとした顔立ちではありません。つぶれた鼻に、離れた目は、独特な雰囲気を醸し出し、一言でいうとシュールです。
 
そんな愛嬌のある見た目ですが、大人しく心が広い為、非常に性格の良い猫と言っても良いでしょう。本来、猫は抱っこされる事を嫌がったりするものなのですが、エキゾチックショートヘアはあまり嫌がる事がありません。
 
滅多に怒らないこの猫種は、爪切りをしてもシャンプーをしても耳掃除をしても、よほど乱暴なやり方でない限りは受け入れてくれるのです。なんでも受け入れる懐の広さは、貫禄さえ感じます。
 
エキゾチックショートヘアは、実は飼い主さんに甘える性格である為、どこへ行ってもついていこうとする犬のような仕草が見られます。
人が大好きな猫種であるからこそ、人との触れ合いを大事にする、少し変わった猫ではありますが、非常に飼いやすい猫種と言えるでしょう。

エキゾチックショートヘアの飼い方

エキゾチックショートヘアは、運動量もさほど多くない猫である為、基本的に飼育上気を付ける事はあまりありません。
 
しいて言うならば、エキゾチックショートヘアはよく寝ている事が多いのですが、実際は飼い主さんと遊ぶ事が大好きな猫です。寝ているからといって放置してしまわないよう、一緒に遊ぶ時間を設けてあげるようにしましょう。
エキゾチックショートヘアは人との触れ合いを好む猫です。べったり甘えたがりの性格を理解して接してあげる事で、ストレスがかからないようにする事が出来ます。
 
また、よくある誤解が、他の猫のように家具を傷つけたり高いところに上ったりする事がない猫種と思われる事です。ですが、エキゾチックショートヘアもれっきとした猫です。
確かに他の猫種と比べてみると活発さが見られないのですが、エキゾチックショートヘアも他の猫種と同じように爪とぎもすれば高いところにのぼったりするものです。
 
運動が出来る環境作り(キャットタワー)をし、家具はある程度傷がつく事を覚悟しましょう。エキゾチックショートヘアは確かに飼いやすいのですが、「人にとって都合の良い猫」というわけではありません。良い情報を鵜呑みにしないようにしましょう。

エキゾチックショートヘアがかかりやすい病気・ケガ

多発性嚢胞腎

多発性嚢胞腎は完治する事が出来ない進行性の遺伝性疾患です。人間では難病指定されているこの病気は、発症するとのう胞(中に液体が入った球状の袋)がゆっくりと腎臓で数多く生産されていき、最終的に腎臓の機能低下、腎不全となり、命を落としてしまうでしょう。
 
この病気の遺伝子を持っている猫はほぼ確実に発症する多発性嚢胞腎は、もちろん予防する術もなく、治療法も投薬治療で進行を遅らせる延命法しかありません。
予防法もなく、治療法もない病気だからこそ、早期発見が重要となります。
 
生後10ヶ月以降のエキゾチックショートヘアならばこの病気の検査をする事が出来ますので、必ず一度検査に行くようにしましょう。
検査に行くタイミングを逃してしまった場合、エキゾチックショートヘアに異常が出ていないか確認する必要があります。
 
症状は基本的に腎臓病と似ているところがあり、水をよく飲む、痩せている、尿の回数が多いが尿の量が少ない、元気がないといったものです。
 
先天性の病気だからこそ、飼い主さんがよく気に掛けるようにしましょう。

流涙症

エキゾチックショートヘアやペルシャ猫に多く見られる流涙症は、その顔の構造上、どの子でも発症する可能性がある病気です。
 
流涙症は常に眼にたまっている状態であり、目ヤニや涙が流れるという症状が起こる他、涙やけという症状も起こします。涙やけはバクテリアを繁殖させやすくする環境を作ってしまう為、眼の周りが常に不衛生な状態になってしまうので、他の眼病を発症しかねません。
 
エキゾチックショートヘアの骨格上、鼻涙管という涙を排出する為の気管が常に押しつぶされている状態である為、涙が溜まりやすくなっております。その為、つぶされている気管を拡張する手術、また、涙小管を洗浄して詰まりを改善させます。
 
大抵は、涙やけにならないようこまめに眼の周りを拭いてあげる保存治療を取っている方が多いでしょう。あまりにも涙の量が多く、エキゾチックショートヘアがしきりに目を気にしたりかこうとしたりしているのならば、獣医師と相談の上、手術をするかどうか決めていくと良いでしょう。

肥大型心筋症

肥大型心筋症は、名前の通り心臓の筋肉がどんどん厚くなっていく事で左心室が狭くなり、血液が身体全体に充分に循環しなくなってしまう病気です。エキゾチックショートヘアは、この病気を遺伝的に発症しやすい傾向がある為、気を付けなければなりません。
 
発症すると、少しの運動で息を荒げたり、元気がなかったり、歩行異常を起こしたりという症状が見られますが、もともと活発さがあまり見られないエキゾチックショートヘアに関しては、発見が遅れる事もしばしばあります。気づいた頃には病気がかなり進行している可能性もある為、定期的な健診が望ましいです。
 
この病気の危険なところですが、まず、心臓の動きが悪くなり、血液が全身に循環しなくなると、肺に水がたまる肺水腫や心臓や血管の中で血が固まる血栓が見られるようになります。
この状態が長く続くと乾いた咳を頻繁に繰り返したり、呼吸困難を起こしたり、後ろ足に麻痺が見られたりするようになります。特に腸骨動脈塞栓症は、症状の進行が非常に早く、後ろ脚の麻痺が見られるようになってから3日後にショック状態を起こすという事もある為、大変危険です。 

完治をする事も予防する事も望めない病気ですが、基本的に投薬治療で進行を遅らせるなどして対処します。エキゾチックショートヘアを飼う方は、定期的に健診をする事をオススメ致します。