メインクーンの性格と基本的な飼い方について徹底解説!よくある病気や怪我を把握して、いつでも頼れる飼い主さんを目指しましょう!

ざっくり言うと
  • 世界最大の猫メインクーン!小さな子供とも仲良くなれる優しい猫♪
  • 身体が大きいからこそゆとりのある生活スペースを用意してあげよう
  • 立派な毛並みだからこそ注意しよう!毛球症対策はしっかりと!

メインクーンの性格・飼い方

メインクーンの性格

猫の中で最も大きくなると言われているメインクーン。優しく賢く、攻撃性が低い穏やかでしつけやすい猫と言われている為、大きさを気にしないのであれば非常に飼いやすい猫と言えるでしょう。
 
社交的な性格である為、相手が小さな子どもでも、猫でも犬でもなんでも順応できます。非常に環境適応能力が高い猫と言えるでしょう。身体が大きい分、凶暴性を疑ってしまいますが、メインクーンに限っては従順で人が大好きな為、それはないと言っても良いかもしれません。
 
人と一緒に遊ぶ事を好み、すぐに甘える姿を見せてくるその甘えん坊な性格は、大きな身体の見た目からは想像が出来ないでしょう。大きな身体だからこそ、甘えてくる姿がよりわかりやすいので、そこに魅力を感じる方も少なくはないです。
 
小さな猫も可愛らしく魅力的ではありますが、メインクーンのようにどっしりと大きい猫もまた、表情や動きがわかりやすいので魅力的です。
まるで小さな子どもがいるようなので、少し物足りなさを感じる方におすすめ出来る猫種でしょう。

メインクーンの飼い方

その大きな身体を維持する為には、食事と運動が重要です。身体が大きい為、必然と食事量も運動量も多くなります。成長期が他の猫よりも長く続くので栄養の高い物を与えるようにしましょう。大食いな子も多いので、量は飼い主さんがその子に合った量で、バランス良く与える必要があります。
 
また、運動させる際、メインクーンの身体の大きさを考えて活動スペースを用意しなければなりません。
一つの部屋に閉じ込めるよりも、広々とした空間にキャットタワーを置くのがベストです。人と遊ぶ事が大好きなコミュニケーションを大事にする猫なので、必ず一緒に遊んであげたりするスキンシップをする時間をとるようにしましょう。
 
そして、なんといってもしっかりと生えた被毛は手入れが大変かと思われます。特に換毛期になると、そのふわふわと長く多い抜け毛が空中に舞うので、一日二回はブラッシングするようにしましょう。
換毛期以外はそれよりも抜け毛がマシではあるのですが、それでも毎日の手入れは欠かせません。
スキンシップも兼ねてしっかりと手入れをするようにしましょう。

メインクーンがかかりやすい病気・ケガ

肥大型心筋症

肥大型心筋症は、名前の通り心臓にある「左心室」という個所の筋肉がどんどん厚くなっていく事で左心室が狭くなってしまう病気です。
この左心室は全身に血液を送り込む役割、いわばポンプのような場所である重要な場所である為、左心室に異常が見られると血液が身体全体に充分に循環しなくなってしまいます。
 
筋肉が厚くなる事で心臓の動きが悪くなり、血液が全身に循環しなくなると、血栓が出来てしまい、身体の中で血液が詰まってしまいます。そうすると、息を荒げたり、元気がなかったり、歩行異常を起こしたり、呼吸困難、全身麻痺を起こすようになります。
この麻痺状態が長く続いてしまうと、3日後にショック状態を起こし、命を落としてしまうので注意しなければなりません。重症化する前に、病院へ連れて適切な処置を受ける必要があります。
 
少し処置が遅れてしまうだけで取り返しのつかなくなりますので、普段から定期健診をするようにしましょう。
完治する事は出来ませんが、投薬を続ける事で症状を緩和させる事が出来ます。また、症状の進行具合によっては外科手術を要する場合もあります。外科手術はメインクーンに大きな負担をかけさせてしまうので、なるべく早いうちに病気に気づいてあげるようにしましょう。

毛球症

メインクーンはその豪華で美しい毛並みが魅力的なのですが、その分、毛球症という病気のリスクが非常に高いでしょう。
 
柔らかく密集したその被毛を、猫は自らで手入れをして美しさを保ちます。その方法は、まず、自分で身体を舐めて毛づくろいをした後、吐き戻しをして体内に入ってしまった余分な毛を排出、または排便をします。
 
ですが、問題はこの毛づくろいの際、吐き戻しや排便がうまくいかず、体内に毛が残ってしまう事があります。体内で残った毛はもつれて固まってしまい、その塊となったものが胃粘膜を刺激し、小腸への出口をふさぎます。
その結果、吐けない、食欲不振、便秘、最悪の場合、腸閉塞を起こしてしまうでしょう。
 
治療法として、大抵は毛球を排出させる為の毛玉除去剤で対処しますが、腸閉塞を起こしているような重症の場合は、開腹手術をして毛を取り除きます。
 
この病気は、ブラッシングをして体内に入る毛を少なくしてあげる事が重要となるでしょう。ほとんどのメインクーンの毛球症の原因が、ブラッシング不足によるものと言われております。 
また、毛を排出しやすくする植物繊維が多く含まれた食事や猫草を食べさせるだけでも改善するので、色々工夫を取り入れて毛球症にならないようにしましょう。

多発性嚢胞腎

多発性嚢胞腎は発症すると、腎臓病と同じように、水をよく飲む、痩せている、脱水症状、尿の回数が多いが尿の量が少ない、元気がないといった症状が見られます。
ペルシャに多く見られる病気ではあるのですが、近年メインクーンにも発症が見られるようになりました。
 
残念ながら現代の医療ではこの病気を治す術がない為、投薬治療による症状の緩和、延命法を取ります。早ければ早いほど適切な処置をしっかりと行う事が出来るので、出来る事なら1歳までの間に一度検査をしておくと良いでしょう。
 
この病気は発症すると、腎臓の至る所に液体が入った球状の袋が出来てしまい、それにより、徐々に腎機能が低下、最終的に腎不全を起こしてしまいます。腎不全となってしまうと命を落としてしまう危険な病気なのです。
 
致死率の高い病気ではあるのですが、残念ながら遺伝性疾患である為、予防する手段はありません。予防、完治が出来ない病気である為、難病とも言われております。

病気が発覚したら、腎機能の負担を軽減させる為に療法食をとるようにしましょう。また水も以前より少し多めに飲ませる事も重要です。薬で症状を緩和していても、病気はどんどん進行していきます。
飼い主さんが出来る範囲内の事をメインクーンの為にしてあげましょう。