ミニチュア・ダックスフンドの性格と基本的な飼い方について徹底解説!よくある病気や怪我を把握して、いつでも頼れる飼い主さんを目指しましょう!

ざっくり言うと
  • 胴長短足が魅力的!いつでも元気いっぱいミニチュア・ダックスフンド!
  • 気を付けて購入しないと洋服がつんつるてんサイズ!?
  • そんな胴長短足だからこそなりやすい病気がある事、ご存知でしたか?

ミニチュア・ダックスフンドの性格・飼い方

ミニチュア・ダックスフンドの性格

チワワ、トイ・プードル、そしてミニチュア・ダックスフンドは、近年のペットブームの火付け役と言っても良いでしょう。小型犬の中でも大変人気を集めているミニチュア・ダックスフンドは、その独特なボディと天真爛漫な姿が印象的です。
 
ミニチュア・ダックスフンドの性格は、明るく人懐こく、走って遊ぶ事が大好きな大変元気な小型犬です。好奇心旺盛で猪突猛進で怖い物知らずなところに振り回される事があるかもしれません。
ご年配のいらっしゃる家庭よりも、子供がいるワイワイとしたご家庭に向いた犬種と言えるでしょう。
 
特に狩猟本能が強く活発なのがスムースタイプ。テリアの気質が入ったワイヤータイプは、少々気が強いところがありますが、社交的。そして、一番人気のロングタイプは人に甘える事が大好きな、まさに愛玩犬と言ってもいいでしょう。
それぞれ毛質によって性格は多少異なりますが、中でも初心者向けとされ、人気なのがロングタイプです。
 
臆病な面もあり、初めて会う人には警戒するかもしれませんが、持ち前の明るさですぐに打ち解ける事が出来るでしょう。そして、なんといっても短い脚で走る姿は言葉で表せないかわいらしさがあります。
その姿に魅了される人々が続出する事、間違いなしでしょう。

ミニチュア・ダックスフンドの飼い方

小型犬といえば、あまり散歩や運動が必要ないように思えますが、ミニチュア・ダックスフンドに至っては当てはまりません。
30分ほどの散歩、また、広場やドッグランなどの広い場所で走る事が必要でしょう。
 
ミニチュア・ダックスフンドは、運動不足になりますとすぐに肥満になってしまいがちです。運動不足は椎間板ヘルニアなどといった病気を発症してしまう他、様々な問題行動を生み出してしまいます。
 
ミニチュア・ダックスフンドによく見られる問題行動は、吠え癖。ご近所トラブルの原因にもなりかねませんので、日ごろから運動をさせてあげて、ストレスのない生活にしてあげましょう。
また、ミニチュア・ダックスフンドは胴が長いという独特な体形です。前足だけペットシーツに乗っているけど、後ろ足が乗っていない。結果としておしっこがはみ出してしまうといった事や、お店で購入した洋服のサイズが合わないといった事など、胴長あるあるの悩みがつきものです。
 
胴が長いというのは、ミニチュア・ダックスフンドの魅力の一つでもありますが、飼い主さんはトイレのしつけの際、また、洋服を購入する際は充分注意するようにしましょう。
特に、洋服はミニチュア・ダックスフンド専用のサイズが展開していますので、そちらを参考にすると良いです。

ミニチュア・ダックスフンドがかかりやすい病気・ケガ

椎間板ヘルニア

ミニチュア・ダックスフンドのような体型の犬種は、非常に足腰に負担がかかりやすい為、それだけ椎間板ヘルニアになるリスクが上がります。
 
椎間板ヘルニアは全犬種に発症する可能性があるのですが、基本的には老化が原因と言われております。
その点、ミニチュア・ダックスフンドが発症する椎間板ヘルニアは軟骨様異形成といったもので、年齢問わず、1歳の子でも2歳の子でも可能性があるのです。
 
足がマヒしてしまい、初期は散歩を嫌がる、散歩の途中何度も立ち止まるなどといった行動を見せます。進行すればするほど日常生活に影響をもたらしてしまい、トイレが自力で出来ない、歩行困難になり車いすが必要になるといった状態にまでなるでしょう。
 
犬が自由に歩けなくなるという事は非常につらいものです。
治療にしても、初期段階は投薬治療で経過を見る事が多いのですが、あまりにも進行しているとなると、外科手術となります。治療の為とはいえ、手術そのものもミニチュア・ダックスフンドに大きな負担を与えるものです。
 
階段の昇降などの運動を避け、平坦な場所での適度な運動、そして肥満にならないよう栄養バランスがとれた食事をとる事が、椎間板ヘルニアにならない為の最大の予防法です。

外耳炎

ミニチュア・ダックスフンドの特徴は何もその胴長短足だけではありません。ぺろんと垂れた長い耳も、その可愛らしい見た目をより一層際立たせております。
 
ですが、垂れ耳は常にこもった状態である為、雑菌がたまりやすく常に茶色く汚れた耳垢がこびりついている事が多いという難点があります。
頻繁に耳をかく、床に耳をこすりつける、耳を触るのを嫌がる、頭を振るなどといった行動が見られたら要注意です。
 
耳をめくってみて、強烈な臭い、耳が腫れている、湿疹などがあったら普通に耳掃除するだけでは治りません。すぐさま病院へ連れていきましょう。
 
外耳炎は進行してしまうと内部まで炎症してしまい、中耳炎を起こしてしまいます。中耳炎も、初期の状態でしたら点耳薬などで治療をしますが、中耳炎が更に進行してしまいますと、鼓膜を切るなどといった手術をしなければならないでしょう。
直接死因になる事はない病気ですが、ミニチュア・ダックスフンドにとって負担である事には変わりありません。
 
外耳炎は、こまめな耳掃除、そして定期的に耳をめくってあげて風通しを良くするだけでも充分予防になりますので、日ごろから気にかけるようにしましょう。

糖尿病

ミニチュア・ダックスフンドは、肥満になりやすい犬種の中の一つです。肥満になりやすいという事は、それだけ様々な病気になる可能性が出てくるという事です。
肥満といえば、糖尿病や椎間板ヘルニアなどを発症しやすく、決して良いものではないと言えるでしょう。
 
糖尿病はインスリンというホルモンの働きが悪くなり、血液の中のブドウ糖が多くなってしまう病気です。血液の中にブドウ糖がたまってしまいますと、水や食べる量が増えるにも関わらず、体重は減少するといった症状が起きてしまうのです。
また、様々な合併症を引き起こす可能性があり、中でも糖尿病ケトアシドーシスという合併症は、命を落とす危険性があります。
 
糖尿病の治療はインスリンを継続的に投与する事、そして、食事管理、適度な運動です。完治する事がなく、また若い子でも発症する可能性は充分ありますので、場合によっては何年も付き合っていかなければならない病気です。
 
愛犬の体重管理は飼い主さんの仕事です。ミニチュア・ダックスフンドの為にも、健康を意識した生活をするようにしましょう。
まさに、肥満は百害あって一利なしです。