ミニチュア・シュナウザーの性格と基本的な飼い方について徹底解説!よくある病気や怪我を把握して、いつでも頼れる飼い主さんを目指しましょう!

ざっくり言うと
  • 口元のおひげがチャームポイント!気難しく見えて本当はフレンドリー!
  • テリア種特有の攻撃性が低いからこそ飼いやすいミニチュア・シュナウザー♪
  • 遺伝性疾患が多い!?病気を理解して早期発見出来るようにしよう!

ミニチュア・シュナウザーの性格・飼い方

ミニチュア・シュナウザーの性格

テリアと言えば、攻撃性が強く、他の犬とも人ともあまり仲良くなる事が出来ないとても難しいイメージを持たれている方が多いかもしれません。
ですが、ミニチュア・シュナウザーは他の犬とも人とも仲良くなりやすい友好的な一面を持っています。
 
確かに、他の犬種と比べたら社交的ではないかもしれませんが、テリアの中ではダントツの愛嬌の良さです。口元に生えている小さな髭も、少し気難しそうな印象を与えてしまうでしょうが、実際、ミニチュア・シュナウザーは甘えん坊な性格をしております。
 
気が強い一面が見られますが、もとは心優しく愛情深い従順な犬種です。警戒心が強い事から吠えているだけであって、本来はケンカをしようなんて思っていません。吠え癖も、しっかりと飼い主さんがコントロールしてあげる事で多少抑える事が出来るでしょう。
 
仲良くなれば、他の犬とずっと遊んでいられるほど元気な犬種です。仔犬の頃から色々な犬とコミュニケーションの場を設ける事で、更に愛情深い良い子になるでしょう。
 
やはり元々の性質はテリアですから、テリアらしい一面もたまに見られるかもしれません。ですが、愛情深く従順で利口であるのはどの子も共通して言える事です。
まずはその子の性格をよく理解して接してあげる事がポイントとなるでしょう。

ミニチュア・シュナウザーの飼い方

ミニチュア・シュナウザーは吠え癖が多く見られる傾向があります。大抵は警戒している為の吠える行為であり、ほとんどの吠える行為は攻撃性を含んでいません。敵かどうかわからないから吠えているのだと思って下さい。
まずは仔犬の頃から様々な物、犬、人と触れ合わせ馴れさせましょう(社会化)。周りが敵だらけではないという事を教えるところからしつけスタートです。
 
また、吠え癖は運動不足からも起こり得る問題行動です。小型犬だからといって運動をまったくしない事は様々な問題行動を生み出しかねません。
ドッグランなどで走る環境を作ってあげる事も重要です。充分な運動をすれば、吠える余力もなくなり、満足して熟睡します。
 
しつけが入っていない子は、決して頭が悪いわけではなく、飼い主さんの責任であります。ミニチュア・シュナウザーが愛玩犬として優秀なパートナーとなるよう、仔犬の頃から愛情かけて接してあげましょう。

ミニチュア・シュナウザーがかかりやすい病気・ケガ

尿石症

尿石症は、ミニチュア・シュナウザーに多く見られる病気の一つです。おしっこに含まれる成分が、おしっこの通り道である腎臓、尿道、尿管、膀胱の中で固体化し、粘膜を傷つけてしまう病気です。
この尿石は、尿結石ともいい、膀胱炎などの炎症を起こす原因ともなっております。
 
痛みを伴うだけでなく、おしっこが出にくくなる状態になってしまう為、尿石症になってしまったミニチュア・シュナウザーは、トイレの際に変なポーズを取るようになります。
また、体内で出来た尿石が大きい場合、おしっこが出なくなるという尿路閉塞になる事もあり、この状態が続くと尿毒症という危険が病気も併発してしまうでしょう。
 
原因は、過剰なミネラル摂取・細菌・水の摂取量が少ない、といったものがあげられます。ミニチュア・シュナウザーは遺伝的に尿石ができやすい犬種である為、注意が必要です。
 
おしっこの際に、変なポーズをする・鳴く・量が異常に少ない・血尿などが見られたらすぐに病院にて投薬治療しましょう。尿石の成分によっては、外科手術が必要となります。
その子の体質にもよりますが、再発のしやすい病気と言われていますので、一度治ったからといって油断しないようにしましょう。

レッグペルテス

レッグペルテスはテリア種に多く見られる、まさにテリア種の代表的な病気とも言っても過言ではないでしょう。
別名、大腿骨壊死症と言われるこの病気は、成長期のミニチュア・シュナウザーに多く見られ、原因は不明。遺伝性の病気と言われております。
 
大腿骨の付け根が腐ってしまう為、脚をひきずる、脚をかばうなどの行動が見られます。進行すると慢性的に脚を引きずるような行動が見られ、痛みから触られる事を嫌がるようになります。
 
内服薬で病気の進行を抑え、状況に応じて外科手術を行います。手術後も歩行異常が多少見られますが、長期的なリハビリで改善する事が出来ます。
症状が最終段階まで進行していると、手術後、リハビリをしても改善されない事があります。
 
予防をする事が出来ない病気だからこそ、この病気は早期発見が重要と言えるでしょう。
また、飼っているミニチュア・シュナウザーの親兄弟にレッグペルテスの発症歴があるかどうか調べておく事も良いです。
出来る範囲で飼い主さんが気に掛ける事、常にミニチュア・シュナウザーに意識を向ける事、それが最大の予防法とも言えます。

フォンウィルブランド病

フォンウィルブランド病は、ミニチュア・シュナウザーがかかりやすいと言われている病気なのですが、他の病気と比べて、より飼い主さんが神経をすり減らして接しなければならなくなるでしょう。
 
傷が出来て出血をしたら、抑えたり止血剤を使用したりして血を止める事が普通でしょう。
ですが、このフォンウィルブランド病は、些細な切り傷、擦り傷でも血が止まりにくくなってしまう病気である為、適切な処置をしてもなかなか出血が収まらない他、内出血を起こしやすくなります。
 
フォンウィルブランド因子という、血液の中に含まれる血液を凝固させる為のものが生まれつき極端に少ない、または持っていない事が原因とされる遺伝性疾患とされる、完治する事が出来ない病気です。
 
手術や出産などで出血せざるを得ない状況になった時は大量の輸血で対応しますが、それでも中には命を落としてしまう子もいます。
この病気が発覚したら、まずは怪我をさせない生活を意識する事が予防です。治す為の方法がないからこそ、予防という治療で、出血させないようにする、飼い主さんが上手に付き合っていかなければならない病気でしょう。