マンチカンの性格と基本的な飼い方について徹底解説!よくある病気や怪我を把握して、いつでも頼れる飼い主さんを目指しましょう!

ざっくり言うと
  • 胴長短足が魅力的!見た目だけでなく穏やかで優しい性格も人気のひとつ♪
  • しつけをする時は叱らないように!臆病だからこそ優しく教えてしつけよう
  • 胴長短足によく見られる椎間板ヘルニアに気を付けよう。肥満は大敵!

マンチカンの性格・飼い方

マンチカンの性格

その短い手足が特徴的なマンチカンは、その見た目の愛らしさから非常に人気の高い猫種です。しかし、マンチカンの魅力は見た目だけでなく性格にもあると言えます。
まず、穏やかでありながら明るく、社交的な性格である為、見知らぬ人でも猫でも自然と仲良くなりやすい傾向があります。その為、多頭飼いにも子供がいる家庭でも、どんな方でも向いているので、初めて猫を飼う人でも飼いやすいでしょう。
 
また、ひとりでいる事をそこまで苦に思わない為、留守番をさせても困るようないたずらをする事はありません。ですが、温厚な性格のせいか、非常に臆病な一面を持ちあわせている為、一度こっぴどく叱られると心を閉じてしまう恐れがあります。
 
マンチカンが悪い事をしてしまった際は、けっして叩いたり怒鳴ったりしないようにしましょう。マンチカンは心を閉じてしまうと、恐怖心、警戒心をずっと抱いたままになってしまいます。
マンチカンとの信頼関係を壊さない為にも、叱る前に優しく諭すようにしましょう。マンチカンの臆病な性格をしっかりと理解してあげる事が重要です。

マンチカンの飼い方

マンチカンはその体型上、肥満になりやすい猫種です。短足という見た目からあまり運動を好まないように思えますが、短い足ながらもあちこち動き回るので運動量はかなり多いものでしょう。
 
その為、食事量も多くしなければなりませんが、この時の食事の摂取量と消費量がバランスよく吊り合っていなければなりません。 
短足だからキャットタワーはいらないのではないかと思ってしまうかもしれませんが、上下運動出来るように必ず用意する必要があります。遊ぶ事が大好きな為、おもちゃも複数用意してあげましょう。
 
足の短いマンチカンにとって肥満は大敵です。肥満の状態で運動を続けると足腰に負担をかけてしまうので、必ず太ってしまう前に食事量、運動量は見直すようにしましょう。
 
また、ひとりでも苦ではない子が多いとはいえ、もともとは遊びが好きな猫種ですので飼い主さんと遊ぶ事を好みます。甘える姿も見せてくるので、それに答えてあげるようにおもちゃを使って遊んであげましょう。
マンチカンはたくさん愛情をかけ、叱るよりも教えるしつけでコミュニケーションをとると良いです。そうする事で、理想的な家庭猫となってくれるでしょう。

マンチカンがかかりやすい病気・ケガ

椎間板ヘルニア

胴長短足なマンチカンにとって、椎間板ヘルニアは代表的な病気でしょう。犬の場合も同じように胴長短足のダックスフンドが発症しやすいとされているので、いかに胴長短足が足腰に負担をかけているかがわかります。
 
背骨の間にある椎間板という個所が、なんらかの刺激でつぶれてしまい背骨から飛び出してしまっている事を椎間板ヘルニアと言います。本来、椎間板は背骨の間でクッションのような役割をしているのですが、これが外へ飛び出してしまう事で痛みを伴う麻痺を起こしてしまうようになります。
 
ですが、猫はもともと身体が柔らかく、多少椎間板に変形があったとしても臨機応変に身体を動かす為、あまり症状が見られない事が多く、重症になってから歩くのを嫌がったり、運動を拒んだりといった行動の変化を見せるでしょう。
 
高いところからの落下、老化、肥満があると発症する確率が上がります。特に肥満体型はなによりも発症率を高めるので、マンチカンの体重管理はしっかりとしなければなりません。
 
軽症の場合は投薬治療で症状の緩和をしますが、重症の場合は外科手術をする必要があります。どちらの場合でも運動制限が必要となってくるので、マンチカンが激しい運動をしないように常に観察しなければならなくなるでしょう。
飼い主さんにとってもマンチカンにとっても負担がかかる病気ですので、発症しないように気を付ける事が重要となります。

外耳炎

耳が折れているマンチカンはこの病気にかかりやすいと言われております。耳が折れている為、通気性が悪く、カビやダニや雑菌の温床となりがちでしょう。
もともと猫の耳の中は脂っぽく、耳垢が溜まりやすいのもあって余計にマンチカンは耳が汚れやすいのです。
 
悪臭がしたり、耳をかこうとしたり、頭を振ったりする様子が頻繁にみられるようでしたらすぐに耳の中を確認してみましょう。耳垢がこびりついているはずです。
耳垢がこびりついて雑菌を繁殖させたままの状態でいると中耳炎を起こしてしまい、悪化すると鼓膜が破れてしまう事もあるので早めに発見しなければなりません。
 
外耳炎になってしまったら、自宅での耳掃除で治す事は出来ないので、必ず動物病院へ行き、専用の薬品で洗浄、点耳薬も処方してもらいましょう。
 
外耳炎は飼い主さんが日ごろから耳掃除をして気を付ける事がポイントとなります。
耳掃除はコットンに専用のクリーナーをつけて拭き取るだけです。猫の耳は内部で曲がっていて特殊な形をしております。その為、奥までするとかえって危ないので、見える範囲内で耳掃除をしてあげましょう。

毛球症

マンチカンは短毛種と長毛種があり、その長毛種によく見られる病気がこの毛球症です。マンチカンの毛は非常に柔らかくシルクのような手触りをしております。その被毛を保つ為にも、猫は自分で身体を舐めて毛づくろいをした後、吐き戻しをして体内に入ってしまった余分な毛を排出、または排便をして手入れをします。
 
この毛づくろいの時に、吐き戻しや排便がうまくいかず、体内に毛が塊となって残ってしまう事があります。体内に残った毛は消化できずに体内に残ったままになってしまい、以下のような症状を見せるようになるでしょう。
 
吐けない、食欲不振、便秘、最悪の場合、腸閉塞を起こしてしまいます。毛球症は、たかが毛の塊が体内に残ってしまっただけだと思うかもしれませんが、放置する事でどんどんひどい症状を見せていくのです。
 
治療法として、大抵は毛球を排出させる為の薬で対処しますが、腸閉塞を起こしているような重症の場合は、開腹手術をして毛を取り除く必要があります。
 
この病気は、体内に入る毛を少なくしてあげる事でまず発症率を下げる事が出来ます。その為、ブラッシングは非常に重要な役割となるでしょう。ほとんどのマンチカンの毛球症の原因が、ブラッシング不足によるものと言われております。
飼い主さんが定期的にしっかりとブラッシングをするようにしましょう。
 
毛を排出しやすくする植物繊維が多く含まれた食事や猫草を食べさせるだけでも改善するので、飼い主さんが意識して接するようにしましょう。