ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの性格と基本的な飼い方について徹底解説!よくある病気や怪我を把握して、いつでも頼れる飼い主さんを目指しましょう!

ざっくり言うと
  • ぷりっとしたお尻に胴長短足!コーギーの可愛い見た目に誰もがメロメロ♪
  • 運動神経と状況判断力は抜群!まさに訓練に向いた犬種!
  • ですが魅力的な胴長短足も、時に病気を生み出す事があるのです

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの性格・飼い方

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの性格

コーギーの魅力といえば胴長短足に可愛らしく強調されたお尻ではないでしょうか。コーギーを飼ってらっしゃる方は、必ずと言っていいほどお尻をアップにした写真を撮っています。
飼った事がない方でも、コーギーの魅力といえば短足とお尻と答える方が大多数でしょう。
見た目にたっぷりと魅力が詰まったコーギーですが、では、性格は一体どういう子が多いのでしょうか。
 
コーギーは、中型犬に分類されてはいるのですが、行動力はまるで大型犬に匹敵します。頭と身体、両方を使う事が大好きな為、しつけ訓練に向いた賢い犬種です。飼い主さんに忠実で、人と遊ぶ事が好きな社交的な犬種なのですが、コーギーの性質上、興奮してまれに咬みついてしまう事があります。
 
縄張り意識が強い為、見知らぬ者が入ってくると太い声で断続的に吠える傾向があります。もとは社交的な犬種であるので、仲良くなってしまえば問題ありませんが、コーギーの声は野太くよく響くので、しつけでコントロールさせる必要があります。
 
また、食欲旺盛、甘えん坊な性格でもある為、おやつが欲しいと甘えられても甘やかさずに厳しく対応できるようにしましょう。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの飼い方

まず、コーギーはもともと牛追いの牧畜犬として活躍した犬種です。その為、かなりの運動量を要求されるでしょう。また、牧畜犬はただ走る事に特化しているわけではなく、状況判断に優れている為、頭脳も身体も両方常に使っています。
 
ただ単に普通の散歩では満たされない為、ボールやフリスビーでの全身を使った運動に、少し難易度の高い訓練を交えてみると身体的にも精神的にも満たされます。
運動量が満たされない生活が続くと、コーギーにとってストレスを感じるようになり、飼い主さんがいない時に吠え続けたり、些細な物音にずっと吠え続けたりするようになります。
そうならない為にも、必ず散歩、運動だけは一日に最低1時間はとるようにしましょう。
 
また、食欲旺盛である為、非常に肥満になりやすいと言われております。賢い為、おやつが置いてある場所などすぐに覚えてしまうので、必ず手の届かない場所で管理するようにしましょう。おねだりをしてくるかもしれませんが、コーギーは肥満体型になってしまうとヘルニアという病気を発症しやすくなってしまいます。
 
愛犬の健康の為にも、適切な運動と食事を徹底管理するようにしましょう。

ウェルシュ・コーギー・ペンブロークがかかりやすい病気・ケガ

椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアは、全犬種に発症する可能性があり、背骨の中にある椎間板という組織が変形し、変形した椎間板がそのまま脊髄に刺さり、様々な神経障害を引き起こす病気です。コーギーのような胴長短足の犬種にとって、代表的な病気と言っても良いでしょう。
 
コーギーのような体型は、非常に足腰に負担がかかりやすい為、それだけ椎間板ヘルニアになるリスクが上がります。
基本的には老化が原因と言われておりますが、コーギーが発症する椎間板ヘルニアは、年齢問わず、1歳の子でも2歳の子でも可能性があるのです。
 
初期症状は散歩を嫌がる、散歩の途中何度も立ち止まるなどといった行動を見せます。進行すればするほど、脚の麻痺が広がっていき、何もないところで転ぶなど、日常生活に影響をもたらしてしまいます。
最終的にはトイレが自力で出来ない、歩行困難になり車いすが必要になるといった状態にまでなるでしょう。
 
また、進行性脊髄軟化症という病気を併発する可能性もあり、恐ろしい事にこの病気は致死率が非常に高く、明確な治療法もありません。発症してしまえば2~3日で呼吸不全に陥り、死に至るのです。
ヘルニアが発覚した時点で、まずは悪化させない為にもそれ以上足腰に負担をかけない事が重要となるでしょう。
 
初期段階は投薬治療で経過を見る事が多いのですが、進行具合によっては外科手術となります。
ヘルニアの治療、予防は、まず階段の昇降などの運動を避け、平坦な場所での適度な運動、そして肥満にならないよう栄養バランスがとれた食事をとる事が最善と言えるでしょう。

てんかん

てんかんは、全犬種に発症する可能性がある脳の病気です。全身痙攣、泡を吹く、記憶障害、などといった発作を2~3分起こします。中には10分以上続くという子もいます。
急に倒れて発作を起こしたり、ふらふらして徐々に発作を起こしたりと、発作を起こすタイミングも色々あります。
 
発作中はその愛犬の姿に驚く事があるのですが、更に驚くべきは、発作後なにもなかったかのように普通に行動を再開するので、本当は元気で、たまたま発作を起こしただけではないかと錯覚してしまいがちです。
 
ですが、てんかんは一度発症してしまえば完治する事なく、長期的な投薬治療である程度症状を抑えるという事しか出来ない為、生涯付き合っていかなければなりません。また、遺伝疾患である為、もともと遺伝子を持っているコーギーは予防する事が出来ません。
長期的な治療になるので、治療方針を固める為にも、食事内容や、発作を起こした時の状況を日記などに控えておくと良いでしょう。
 
てんかんは、10分以上発作が続く、発作の間隔が短く、一日中発作を起こしてしまうような重症な子は、脳壊死する可能性が高まります。
また、発作中に嘔吐物が喉につまって窒息死、散歩中に突然倒れて事故にあう、倒れた時に打ちどころが悪かった、などといった二次的要因で命を落としてしまう子も多い為、軽症の子でも大変危険です。
 
発覚次第、早急に抗てんかん薬を処方してもらうようにしましょう。

尿石症

尿石症は、コーギーに多く見られる病気の一つです。おしっこに含まれる成分が、おしっこの通り道である腎臓、尿道、尿管、膀胱の中で固体化し、粘膜を傷つけてしまう病気です。
 
この時固体化したものを尿結石ともいい、大きさは大小様々あり、大小関わらず炎症を起こし、おしっこの際に痛みを伴います。この尿石が大きすぎるとおしっこが出にくくなってしまい、最悪の場合出すことも出来ず、尿路閉塞を起こします。
尿路閉塞を起こしてしまうと、尿毒症といった病気になってしまい、昏睡状態、死に至る可能性が出てきます。
 
基本的にトイレの回数が多いのに、おしっこの出る量が少なかったり、変なポーズをしたり、痛みがひどいと「キャン」と鳴いたり、また、血が混じったりするので、すぐに病気を発見しやすいでしょう。
 
尿石は、基本的にストルバイト、あるいはシュウ酸カルシウムのどちらかの成分からなります。前者の場合は尿石を溶かす薬や食事療法で治療していきますが、後者の場合は内科的療法で溶かす手段がない為、外科手術になる事が多いでしょう。
 
原因は、過剰なミネラル摂取・細菌・水の摂取量が少ない、といったものがあげられます。一度発症してしまうと再発しやすくなってしまうので、尿石症にならないよう予防しておきましょう。