ラガマフィンの性格と基本的な飼い方について徹底解説!よくある病気や怪我を把握して、いつでも頼れる飼い主さんを目指しましょう!

ざっくり言うと
  • 人懐こく利口なラガマフィン、身体は大きいけど飼いやすさはピカイチ!
  • 身体が大きい分、抜け毛が多いのでお手入れは毎日しっかりと
  • お手入れ不足は毛球症という病気のもとに!?手入れ怠慢はご法度です!

ラガマフィンの性格・飼い方

ラガマフィンの性格

まさに理想的な猫種と言っても良いラガマフィンは、人懐こく非常に頭が良い子が多いと言われております。従順でしつけもしやすいので、飼いやすい猫種です。
 
好奇心が旺盛、遊ぶ事が大好きなラガマフィンは、いたずらをよくする傾向が見られます。大きめな身体のラガマフィンのいたずらはとても大胆なものですので、ダメなものはダメとしっかりとしつけをしましょう。頭が良く従順である為、それほどしつけに手こずる事はありません。
 
どっしりとした体型である為、やはり性格は大人しいものです。温厚で優しいので、どんな家庭でも飼いやすいと言っても良いでしょう。環境適応能力が高いので、他の猫や、はたまた犬対しても臆する事がなく、順応する事が出来ます。
 
そこまで日本国内では有名ではない猫種ですが、大きささえ気にしなければ非常に飼いやすい猫種のひとつです。大きな身体で甘えてくる姿は大変魅力的なものです。
猫とずっと触れ合っていたいというさみしがり屋の方におすすめな猫種と言えるでしょう。

ラガマフィンの飼い方

身体が大きい分、運動量も食事量も必然的に多くなります。メインクーンほど大きくはないのですが、その大きな身体を健康的に維持する為には、バランスの良い食事と運動が重要です。ラガマフィンのような大型の猫は、成長期が他の猫よりも長く続きます。その為、その期間は栄養価の高い食事が必要となるでしょう。
その為、摂取した量にあったバランスの良い運動も必要となります。
 
ラガマフィンがしっかりと運動が出来るような活動スペースを用意しましょう。身体が大きいので、動きがのんびりに見えるかもしれませんが、遊び好きな性格上、機敏に動く一面も見せます。
大きめのキャットタワーを用意し、また、飼い主さんがおもちゃなどでたくさん遊んでスキンシップをとるようにしましょう。意外と甘えん坊な性格なので、遊んであげるととても喜ぶ反応を見せてくれます。
 
また、ラガマフィンは非常に抜け毛が多い猫種です。見たとおりと言っても良いかもしれません。くわえて、身体が大きいぶん余計にブラッシングの手間がかかるでしょう。
他の猫と比べて倍は手入れに時間がかかる事間違いありません。特に、換毛期いつも以上に抜け毛が多く出るので充分注意するようにしましょう。

ラガマフィンがかかりやすい病気・ケガ

肥大型心筋症

この病気は、ラガマフィンのもとであるラグドールが、そもそも発症しやすいと言われているのですが、他の猫種と交配して生まれたラガマフィンは、ラグドールと比べてみると「まだ」発症のリスクは低いようです。ですが、それでも発症する可能性はあるので油断は出来ないでしょう。
 
肥大型心筋症は、心臓にある「左心室」という、全身に血液を送り込む、ポンプのような役割を持つ場所が、心臓の筋肉肥大化により機能しなくなってしまう病気です。
 
心臓の筋肉がどんどん厚くなっていく事で左心室が狭くなってしまう為、血液が身体全体に充分に循環しなくなります。血液が全身に循環しなくなると、血栓が出来てしまい、身体の中で血液が詰まってしまうのです。
 
元気がなかったり、歩行異常を起こしたり、呼吸困難、という症状を起こし、進行が進むと脚に麻痺を起こすようになります。
この麻痺状態が起きる事で、3日後にショック状態を起こして命を落とす事があるでしょう。そうなってしまう前に、病院へ連れて適切な処置を受けなければなりません。
 
命にかかわる病気だからこそ、この病気は早期発見がポイントです。適切な処置が遅れてしまえば取り返しがつかない事になります。
 
完治する事は出来ませんが、血栓を除去する為に投薬を続ける事で症状を緩和させていきます。症状の進行具合によっては外科手術を要する場合がありますので、その際は獣医師としっかり相談のもと、治療方針をかためていきましょう。

毛球症

綺麗で柔らかい被毛を持つラグドールをもとにして、ペルシャやヒマラヤンなどの長毛種を掛け合わせて生まれたラガマフィンは、やはり同じように毛球症になりやすいでしょう。
 
毛球症は、全身を舐めて毛づくろいする際に飲み込む毛を、吐き戻す事も排便で出す事が出来なくなってしまう事で体内に毛が残ってしまう事を言います。
その時もつれて固まった毛の塊が胃粘膜を刺激し、小腸への出口をふさいでしまう事で様々な症状を起こしてしまうでしょう。
 
その結果、吐けない、食欲不振、便秘、最悪の場合、腸閉塞を起こしてしまい、次第に元気がなくなっていきます。
 
治療法として、大抵は毛球を排出させる為の毛玉除去剤で舐めさせるのですが、腸閉塞を起こしているような重症の場合は、開腹手術をして毛を取り除きます。緊急を要する為、少しでも異常を感じたら病院へ行くようにしましょう。
 
この病気は、飲み込む毛の量がキャパオーバーしてしまった事で起こるでしょう。その為、ブラッシングをする事で予防する事が出来ます。
植物繊維が多く含まれた食事や猫草を食べさせるだけでも予防する事が出来るので、色々な方法を取り入れて予防するようにしましょう。

尿石症

綺麗で柔らかい被毛を持つラグドールをもとにして、ペルシャやヒマラヤンなどの長毛種を掛け合わせて生まれたラガマフィンは、やはり同じように毛球症になりやすいでしょう。
 
毛球症は、全身を舐めて毛づくろいする際に飲み込む毛を、吐き戻す事も排便で出す事が出来なくなってしまう事で体内に毛が残ってしまう事を言います。
その時もつれて固まった毛の塊が胃粘膜を刺激し、小腸への出口をふさいでしまう事で様々な症状を起こしてしまうでしょう。
 
その結果、吐けない、食欲不振、便秘、最悪の場合、腸閉塞を起こしてしまい、次第に元気がなくなっていきます。
 
治療法として、大抵は毛球を排出させる為の毛玉除去剤で舐めさせるのですが、腸閉塞を起こしているような重症の場合は、開腹手術をして毛を取り除きます。緊急を要する為、少しでも異常を感じたら病院へ行くようにしましょう。
 
この病気は、飲み込む毛の量がキャパオーバーしてしまった事で起こるでしょう。その為、ブラッシングをする事で予防する事が出来ます。
植物繊維が多く含まれた食事や猫草を食べさせるだけでも予防する事が出来るので、色々な方法を取り入れて予防するようにしましょう。