ロシアンブルーの性格と基本的な飼い方について徹底解説!よくある病気や怪我を把握して、いつでも頼れる飼い主さんを目指しましょう!

ざっくり言うと
  • 大人しくて従順な猫!?猫らしくない猫、ロシアンブルー!
  • 鳴き声も小さく非常に飼いやすい初心者向けの猫♪
  • 病気になりにくい種類だからこそ肥満に気を付けて病気予防!

ロシアンブルーの性格・飼い方

ロシアンブルーの性格

ペットの中でも人気がある、高貴でクールな見た目から親しまれているロシアンブルーは、一見、気が強くて気難しい性格のように思えるでしょう。ですが、実際は猫種の中でも比較的飼いやすい性格と言われております。
 
ロシアンブルーは、大人しく、猫には珍しい主人に忠実な子が多いとされ、大人しい小型犬のような性格、と称される事があります。
猫といえば、自由奔放で言う事を聞かない、良く言えばマイペースで、接し方に悩まされるという方が多いのですが、ロシアンブルーに至ってはそのような心配はあまりないと言えるでしょう。
 
また、あまり鳴き声が小さい猫である為、ペット可のマンションのような集合住宅でも飼いやすく、一人暮らしの方にもすすめられる、まさにどんな方でも飼いやすい初心者向けの猫種です。
 
ですが、主人には一心の愛情を注ぎ、忠実であるロシアンブルーは、他人との接触を苦手とします。大人しい性格という事は、内気な性格であるという事です。自分のテリトリー(家)に多くの人が出入りするような環境は、ロシアンブルーにとって非常にストレスを感じやすくなります。
警戒心が強い為、なかなか周りの人と打ち解けにくい性格ではありますが、ロシアンブルーの欠点は唯一そこだけと言えるほど、性格の良い飼いやすい猫種であるのです。

ロシアンブルーの飼い方

ロシアンブルーの性格は大人しい、と言われておりますが、とても遊び好きな猫種とも言われております。必ず家の中に、ロシアンブルーが充分に動けるスペースを確保しましょう。少し高めのキャットタワーを部屋の隅に置くだけでも変わります。
 
遊び好きで飼い主さんに愛情を注ぐロシアンブルーは、飼い主さんと遊ぶ事で、一人で遊ぶよりも更に何倍もの楽しさを感じます。
猫じゃらしやボールなどで一緒に遊ぶ時間を作ってあげると良いでしょう。
ロシアンブルーはストレスに敏感な子が多いと言われております。ストレスが溜まる事で、普段大人しロシアンブルーが凶暴化する事もあり得ます。
 
また、ロシアンブルーの被毛は非常に短いアンダーコートが全身に生えている為、寒さに強く、逆に暑さに弱いです。その為、夏場の留守番には充分注意をしなくてはなりません。
ロシアンブルーを一人で留守番させる場合は、必ずクーラーを緩くでもいいのでつけておきましょう。
 
実際に、夏場クーラーをつけずに一人で留守番させてしまった事により、脱水症や熱中症により命を落としてしまうロシアンブルーも少なくはないのです。
冬の寒さにはとても強いという事は、夏の暑さはからきしダメだと言う事です。夏場は一日中クーラーをつける事も覚悟しておきましょう。

ロシアンブルーがかかりやすい病気・ケガ

尿石症

ロシアンブルーは比較的病気にかかりにくい健康的な猫種と言われておりますが、尿石症は唯一かかりやすい病気と言っても良いでしょう。
若い猫に多く見られ、その出来た尿石の大きさにもよりますが、血尿や尿が出にくい、あるいは出ないという排尿障害が見られる病気です。
 
尿の中に含まれる成分が固まってしまった尿石(尿結石)と言われるものが、尿の通り道である膀胱、尿道、腎臓、尿管に出来てしまう事で症状が現れます。特にロシアンブルーは尿道と膀胱にできやすいとされます。
 
成分がどのようにして尿石となるかというメカニズムは明確ではありませんが、水の摂取不足、偏った栄養バランスによる食生活が主な原因と言われている為、比較的対策はしやすいと言えるでしょう。
治療法は、主に抗生剤で体内に出来た尿石を溶かして排出する方法なのですが、その出来た尿石の成分、大きさによっては外科手術を行う場合もあります。
 
この時、処置が遅れてしまうと膀胱炎となり、尿道閉塞を起こします。最悪の場合、腎不全により死に至ってしまう可能性もある為、油断は出来ない病気でしょう。

糖尿病

ロシアンブルーはスリムで綺麗なスタイルの猫種でありますが、肥満になりやすい猫種でもある為、体型を健康的にスリムに維持する事が難しいとされております。
肥満になる事で様々な病気のリスクが高まりますが、特にこの糖尿病は非常に危険な病気と言われております。
 
糖尿病そのものも内臓に障害をきたす病気ではあるのですが、更に恐ろしいのは、腎不全、肝硬変、急性膵炎、糖尿病性ケトアシドーシスという命を脅かす重篤な病気を併発する可能性があるのです。
 
水を飲む量、食べる量が増える、体重減少、腹部が膨らむといった特徴が見られるこの病気は、特に去勢を施したオスに多いでしょう。
 
糖尿病になってしまうと、インスリンというホルモンが正常に機能しなくなり、必要なブドウ糖を細胞内に取り込む事が出来なくなってしまいます。その為、治療の際は毎日インスリン投与と食事療法をする必要があるでしょう。
糖尿病の治療は、飼い主さんの手にかかると言っても良いです。糖尿病は長く付き合っていかなければならない病気である為、事前にこの病気についてしっかりと理解しておく必要があると言えるでしょう。

肥満

肥満は病気?と頭をかしげる方もいらっしゃるでしょう。ただのカロリーの過剰摂取、および運動不足だから大した事ないと思いがちですが、肥満は様々な病気を誘発させる病気と言ってもいいです。
 
肥満が原因とされる病気は、心臓疾患、関節疾患、糖尿病が主であり、発症してしまえばどれも深刻な症状になりかねない病気ばかりです。
加えて、あまりにも肥満体型の子は麻酔が効きにくい為、治療が困難になってしまう恐れもあるのです。
 
ロシアンブルーは、遊ぶ事が好きな猫種ではあるのですが、それに比例するかのように食欲も旺盛である傾向も見られます。消費カロリーと摂取カロリーのバランスがとれるように飼い主さんが徹底した食事と運動を管理しなくてはなりません。
また、去勢、避妊手術をしたロシアンブルーが特に肥満に陥りやすいとされております。去勢、避妊手術をする事によって生まれるリスクについても理解しておきましょう。
 
近年、「でぶ猫」や「ぽっちゃり猫」など称して可愛がられる傾向がありますが、言い方を変えただけであり、肥満体型の猫である事は変わりません。
肥満は飼い主さんの怠慢であり、虐待でもあります。愛猫の健康を第一に考えるのであれば、飼い主さんが充分に気を付けるようにしましょう。