スコティッシュフォールドの性格と基本的な飼い方について徹底解説!よくある病気や怪我を把握して、いつでも頼れる飼い主さんを目指しましょう!

ざっくり言うと
  • 垂れた耳に丸い顔、むっちりボディと甘えん坊な性格に誰もがメロメロ!
  • 初めてでも飼いやすい猫界のアイドル、スコティッシュホールド♪
  • 遺伝性疾患が多く身体が弱い為、かかりやすい病気について把握しよう!

スコティッシュフォールドの性格・飼い方

スコティッシュフォールドの性格

内側にぺたんと垂れた耳が特徴的なスコティッシュホールド。垂れた耳に丸い顔、意外とむっちりとした身体にふわふわした毛並み、その見た目のかわいらしさを持つスコティッシュホールドは、圧倒的な人気を得ております。
 
ですが、見た目のかわいらしさだけでなく、甘えん坊で大人しい性格も人気の一つと言えるでしょう。
 
スコティッシュホールドは、大変人なつこく、人見知りもあまりしない性格です。また、猫によくあるいたずら好きで活発というところが他の猫種に比べてあまり見られない為、初めて猫を飼うという方にもオススメできるでしょう。
 
欠点と言えば、甘えん坊すぎるというところでしょうか。はたから聞いてみると、良いところに感じられるのですが、あまり構ってもらえないとストレスを感じてしまう為、問題行動や体調不良につながりかねません。スコティッシュホールドは、繊細な性格の子が多いのです。
 
スコティッシュホールドは人と遊ぶ事を好む、まるで犬のような性格の猫である為、一人暮らしで忙しいという方よりも時間にゆとりのある方と相性が良いでしょう。

スコティッシュフォールドの飼い方

スコティッシュホールドは鳴き声も小さく、運動量も少なく、気性が荒くない為、飼い方で注意する事はほとんどありません。
なんといっても初めて猫を飼う方でもオススメできる猫種です。
 
一つだけあげるとなれば、耳の手入れでしょうか。
特徴的な、かつ魅力的なシンボルである垂れた耳は、他の猫種と比べて、日常的にケアが必要です。汚れが溜まりやすい為、耳の病気を発症しやすいのです。
 
猫は基本的に自分で毛づくろいをして清潔にするのですが、どうあがいても耳の中までは自分で綺麗にする事は出来ません。耳の中はデリケートな部分である為、手入れをするのに不安を感じる方は動物病院にてお願いするのも手です。
 
また、スコティッシュホールドは垂れた耳が特徴的なのですが、中には立ち耳の子もおります。遺伝で耳が垂れるかどうか、また、ストレスや病気でも耳の形が変化する事もある為、必ずしも垂れ耳の子であるとは言い切れません。
日ごろから耳はチェックするようにしましょう。
 
垂れ耳が魅力的なのに、立ち耳だと魅力が半減…と思うかもしれませんが、実は立ち耳は耳の病気や骨の病気にかかりにくいと言われております。健康的な子が多いというのは立派な魅力の一つです。見た目だけでなく、そうした面での魅力も見つけてあげましょう。

スコティッシュフォールドがかかりやすい病気・ケガ

遺伝性骨形成異常症

スコティッシュホールドの代表的な病気と言って良いでしょう。遺伝性骨形成異常症は遺伝性疾患であり、予防策はありません。
特に垂れ耳の子にこの病気が多く見られ、3ヶ月~2歳までの成長期に骨の変形が起こります。発症してしまえば、成長期の間はずっと骨の変形、骨の増殖などといった骨の形成異常が起こります。成長期と共にその形成異常は治まりますが、骨はもとには戻りません。
 
痛みがある為、泣いたり触られるのを嫌がったりし、歩行異常も見られるようになります。見た目でも、骨の変形が起きている為、こぶが増えていたり、本来の形ではなかったりします。
完治する事が出来ない病気ですので、出来るだけ早い段階で見つけてあげ、痛みを緩和させる為の投薬治療をしてあげると良いです。その為にも成長期のスコティッシュホールドの歩き方には常に注目するようにしましょう。
 
進行性である為、最悪の場合、歩行困難になってしまう事もあり得ます。そうなりますと上手に付き合っていかなければならない為、スコティッシュホールドが生活しやすい環境になるように、すべりにくいように絨毯を敷いたり、高いところでもクッション性のあるものを敷いて負担がかからないようにしてあげましょう。

肥大型心筋症

身体の弱いスコティッシュホールドは、内臓疾患を抱えている子が多くいます。その中でも肥大型心筋症は発症すると呼吸困難に陥りやすいという、命を落とす危険性がある病気の一つです。
 
心臓の筋肉がどんどん厚くなって左心室が狭くなる事で、血液が身体全体に充分に循環しなくなり心臓の動きが悪くなります。血液が全身に循環しなくなると、様々な障害が身体のあちこちに現れます。
 
まず、かわいた咳が続き、息切れが頻繁になります。そうすると呼吸困難に陥りやすくなる為、大変危険です。また、肺に水がたまる肺水腫や心臓や血管の中で血が固まる血栓が見られるようになり、この状態が長く続くと後ろ足に麻痺が見られたりするようになります。
後ろ足が麻痺する腸骨動脈塞栓症は、早くて3日以内にショック状態を起こすという事もあり得ますので、そうなる前に対策をとらないといけません。
 
初期段階ではなかなか気づく事はなく、最初の咳をする症状を見て、ただの風邪と誤解してしまう飼い主さんが多くいます。
完治が不可能だからこそ、早めに気づいてあげ、症状を緩和させる事が重要です。処置が遅れたり、病気が進行したりすると、命を落としてしまいます。
その為にも、定期健診をすると良いでしょう。

腎臓病

猫の死因上位にランクインするほどの罹患率の高さである腎臓病は、どの猫でも発症しやすい病気です。スコティッシュホールドは遺伝的に内臓疾患を抱えている事が多い為、この腎臓病ももちろん注目しなければならない病気の一つです。
 
腎臓病は身体にある老廃物を尿として排出させるネフロンという組織が徐々に機能しなくなっていく進行性の病です。重症化すると慢性腎不全になってしまい、老廃物を正常に排出する事が出来なくなる事でかかる尿毒症を引きおこし、最終的には死に至ります。
 
一番は早い段階で腎臓病に気づく事なのですが、症状が現れるのはある程度ネフロンが破壊されて病気が進行してしまっている段階です。その為、発見が遅れてしまう事もあるのです。
排尿の回数が異常に増え、その排出した水分を補う為に水の飲む量も同じようにして増えます。加えて元気がなくなる、食欲がなくなるなどの状態が見られるでしょう。
 
完治させる特効薬はなく、機能しなくなったネフロンを回復させて正常に戻す術はありません。長期的な投薬で症状の進行を遅らせていく事で症状を緩和させていきます。
 
まずは腎臓に負担がかからないように一番は、腎臓病にならないように減塩された食事内容を意識する事です。基本的に販売されているキャットフードで問題はないのですが、塩分の高い缶詰やおやつを頻繁にあげる事が多い場合、回数を減らすようにしましょう。
甘え上手のスコティッシュホールドですが、愛猫の為にも、おやつをおねだりされてもたくさんあげないように心がけて下さい。