シェットランド・シープドッグの性格と基本的な飼い方について徹底解説!よくある病気や怪我を把握して、いつでも頼れる飼い主さんを目指しましょう!

ざっくり言うと
  • 理想のパートナー!従順で賢いシェットランド・シープドッグ!
  • 運動量は大型犬並み!常に元気に走っていたいアクティブな中型犬♪
  • 遺伝性疾患が多い為、事前に病気の事について理解しておこう

シェットランド・シープドッグの性格・飼い方

シェットランド・シープドッグの性格

シェットランド・シープドッグは、シェルティという名で親しまれております。シェルティは賢く、従順で仕事をする事が好きな為、人間の優秀なパートナーとして愛されてきました。
 
主に牧羊犬として活躍してきたシェルティは、運動が好きで非常に活発な犬種です。根っからの仕事好きな優秀な作業犬である為、教えた事はすぐに飲み込み、飼い主さんの指示を言われた通りにこなします。
 
室内でおさまるような犬種ではない為、フリスビーなどでアクティブに活動する事が出来る方に向いております。賢く訓練性膿が非常に高いので、ただの愛玩犬としてではなく、しっかりと訓練をした方がシェルティの性格も活かせ、素晴らしいドッグライフになるでしょう。
 
献身的で愛情深いシェルティは家族にいつも喜んでもらおうと懸命ですが、少し臆病な面もあり、見知らぬ人に対しては少々警戒してしまいがちです。
感受性豊かな為か、神経質な一面が垣間見えるのが唯一の欠点なのかもしれません。
 
それ以外は、見た目、バランス、性格、賢さ、すべてにおいて最高と言って良いでしょう。優秀なパートナーとして傍にいてくれます。

シェットランド・シープドッグの飼い方

シェルティは大変利口な犬種です。ですが、犬を飼った事がない、シェルティをよく知らない方に多い勘違いなのですが、「利口な犬」は、しつけをしなくてもいい犬という意味ではありません。
 
人と同じように、いくら頭が良くても最初からなんでも出来る犬などいません。誰かが教えてあげなければ学習する事はないのです。他の犬種よりも飲み込みが早く、学習能力が高いというだけですので、どんな子でもしつけは必ず必要です。
 
仔犬のうちは何も知らなくて当たり前ですので、トイレの失敗や吠える、咬むなどの問題行動を起こしてしまうでしょう。ですが、そこで飼い主さんがしっかりと教えてあげなければシェルティはいつまでたっても学習しません。
良い情報をそのまま鵜呑みにしないよう、しっかりとしつけはするようにしましょう。
 
また、牧羊犬として常に走り回る作業をしていた為、基本的に運動要求量は膨大なものです。ただ単に散歩を一時間するだけではシェルティは納得しません。
追いかける、走るなどを取り入れた運動を積極的に行うようにしましょう。
 
シェルティは運動不足に陥ると吠え癖がついてしまいがちです。そうならないようにシェルティの為の時間を作ってあげるようにしましょう。

シェットランド・シープドッグがかかりやすい病気・ケガ

てんかん

シェルティが発症しやすいと言われている病気の一つ、てんかんは完治する事が困難な脳の病気です。
脳腫瘍といった病気もないのに神経細胞が異常に活発、全身けいれん、意識喪失といった発作を突然起こします。

発作が終わった後は何事もなく行動を再開するので、初めて見た方は驚くでしょう。その時間はわずか数分である為、なにがなんだかわからないと理解が追い付かないはずです。
 
基本的な治療法は、発作を抑える為の抗てんかん薬の投与となり、治す為の治療法はありません。発症してしまえば、抗てんかん薬をずっと飲み続けなければならないのです。
 
この病気は、発作を起こしてしまったら周りが冷静にならないといけない必要があります。名前を呼んでみて意識があるかどうかの確認(目が動いたら意識があります)、発作が終わったら全身を触ってみてどこかぶつけていないか確認。
頭を打って大ケガをしている場合もあるので、頭はよくチェックしましょう。
それからいつどんな状態でどのような発作を起こしているのかメモを取ります。
 
この時、もしも発作が10分以上続く、発作の間隔が短く頻繁に起こるようでしたら要注意です。ここまで重症なてんかんは、脳壊死の危険性があるので早急に病院にて直接対処しなければなりません。
 
この病気のポイントは、発覚したら病院へすぐ行く事、発作を起こしている間はパニックにならないように冷静に状況を見ましょう。
そうする事で的確に治療方針をかためる事が出来ます。

コリー眼異常

別名コリーアイとも言われているこの病気は、先天性の病気であり、コリー種に多く見られる病気です。特にシェルティは発症率が75パーセントと言われており、ほとんどの子が発症する可能性があると言われております。
 
遺伝疾患を広めない為にも、コリーアイの遺伝子を持っている子は繁殖させない事で徐々に少なくさせていく事がベストなのですが、乱繁殖が続いてしまい、発症率が現在の数字に至るようになりました。
 
見た目ではわからないのですが、目の中の組織が先天的に異常形成されている為、視力異常を起こします。
 
早くて2ヶ月、3ヶ月の子に症状が見られ、物にぶつかる、歩くのをためらうなどの様子が見られたら要注意です。若齢期に発症したコリーアイは進行性ですので、最終的に失明の恐れあります。
また、1歳以降に発症した場合は進行する心配がないと言われております。
 
治療法がなく、遺伝性疾患の為予防法もありません。その症状のレベルにもよりますが、発症したら上手に付き合っていかなければならないのです。
コリーアイが発覚したら、コリーアイがこれ以上広まらない為にも去勢避妊手術をするのもある意味では治療の一つと言えるでしょう。

外耳炎

外耳炎は、しばらく耳掃除をしていない耳垢がたまった状態で、風通しが悪く、シェルティの体調が悪い時に一気に悪化してしまう耳の病気です。
耳垢などの汚れによる不潔、ダニ、アレルギーなどが原因とされております。
 
シェルティはアレルギー体質である子が多い為、アレルゲン物質の侵入により外耳炎を引き起こす場合があります。
ですが、大抵は耳垢が溜まったままでいたり、耳の中に水が入ったまま放置したりして菌が繁殖、不潔のままでいた結果、外耳炎となるパターンが多いでしょう。
 
外耳炎による耳垢は、黒く、悪臭を発する為、すぐに気づく事が出来るでしょう。更に、汚れが耳にこびりついてしまっている為、激しいかゆみが起き、床に耳をこすりつける、耳を触るのを嫌がる、しきりに頭を振るなどといった行動をとるようになります。
 
耳掃除をしても一日で汚れる場合は、完全な外耳炎を発症しております。早急に病院へ行き、内服薬や専用の薬で洗浄してもらいましょう。
 
外耳炎は進行してしまうと内部まで炎症してしまい、中耳炎を起こします。中耳炎は初期の状態ならば点耳薬で治療をしますが、中耳炎も悪化してしまいますと、鼓膜を切るなどといった手術をしなければなりません。
また、炎症により鼓膜が破れる事もありますので大変危険な病気です。
 
外耳炎は飼い主さんが毎日チェックしてあげる事で悪化する事、発症する事を防げます。適切なケアを心がけましょう。