シーズーの性格と基本的な飼い方について徹底解説!よくある病気や怪我を把握して、いつでも頼れる飼い主さんを目指しましょう!

ざっくり言うと
  • 昔からの人気者!老若男女問わずに飼いやすい犬ナンバーワン!
  • 柔らかい被毛を綺麗に!手入れをこまめにして熱中症と眼病を予防をしよう
  • 呼吸がちょっと苦しそうと思ったらすぐに病院へ!

シーズーの性格・飼い方

シーズーの性格

シーズーといえば、ご年配の方が飼っているイメージが強いかと思われます。実際、シーズーは非常に大人しく、頑丈な子も多く、運動量もそれほど必要がない犬種である為、飼いやすい犬種の一つとしてあげられます。
その為、ご年配の方でもどなたでも飼いやすい犬種とされ、昔から根強い人気があります。
 
ただ、頑固でマイペースな性格である事から訓練などに向いた犬ではないと言えるでしょう。また、人懐こい性格ではあるものの、警戒心が強い為、最初は信頼関係を築くのに時間がかかってしまうかもしれませんが、一度心を開いたならば飼い主さんにべったり、常に膝の上に乗っているような子になります!
  
シーズーは、飼い主さんと活発におもちゃで遊ぶ事もあれば、一日中お茶の間に敷いてある座布団の上で大人しく寝るといった、非常にマイペースな性格な持ち主です。
そんなマイペースなところも魅力の一つでしょう。そのシーズーならではの魅力に惚れて、多頭飼いをしてらっしゃる方も多数いるのです。
 
どの犬種がオススメかと聞かれたら、犬に詳しい方は大抵がシーズーの名前を出すでしょう。それほどまでにシーズーは老若男女問わず飼いやすい犬種の代表なのです!

シーズーの飼い方

シーズーは非常に飼いやすい犬種ではありますが、お手入れに関しては充分気を付けなけましょう。柔らかい被毛が多く密集している為、適度にブラッシングをして死毛を除去しなければなりません。
シーズーは目が大きく前へ出ている為、毛が目に当たりやすく、傷つきやすいです。特に目の周りの手入れはしてあげましょう。
 
また、暑さに弱い為、夏場は毛を短くカットしたり結んだりしてあげる事も必要です。長毛のままですと、体温がずっとこもったままになり、熱中症に陥りやすくなってしまうのです。
 
基本的にシーズーのような短頭種は身体のつくり上、熱中症になりやすいとも言われております。サマーカットをしても、熱中症になってしまう事もありますので、夏場の飼育は特に気を付けるようにしましょう。
 
早朝や夜などの涼しい時間帯にのんびり散歩をするのがベストですが、あまりにも猛暑の日は、散歩や外での運動の代わりに室内でちょっとしたゲームをしてストレス発散させてあげるのも良いです。
シーズーは飼い主さんと室内で遊ぶ事も好きなので、それだけでも充分満足してくれるでしょう。

シーズーがかかりやすい病気・ケガ

鼻腔狭窄

鼻腔狭窄はシーズーのような短頭種がなりやすいと言われております。
呼吸をしている時グーグー言う、鼻水がよく飛ぶなどの様子が見られたらこの病気の可能性があります。
 
鼻の穴が狭くなってしまっている為、呼吸がしづらく、まれに呼吸困難を起こしてしまう子もいます。また、犬は呼吸をする事で体温調節をするのですが、うまく呼吸が出来ない為、夏場は熱中症になってしまう可能性が高いのです。

鼻腔狭窄は先天性の奇形である為対策方法はありません。大抵の子は手術をしなくても大丈夫な軽症である事が多く、飼い主さんが暑い日に外に出さない、激しい運動をさせないといった生活をする事でシーズーに負担がかからないようにしております。
 
ですが、常に息苦しそうで呼吸困難が見られるほどの重症の子には、外科手術が必要となります。鼻の穴を広げて息をしやすくする事で改善さます。
一度病院で診察をしてもらい、手術が必要か否か診てもらうと良いでしょう。

気管虚脱

気管虚脱は、気管が押しつぶされてしまう病気です。この病気の主な症状は、苦しそうにガーガーという声を出したり、ひどいいびきをかいたり、激しい咳をしたり、また更にひどいとチアノーゼや呼吸困難を起こします。
 
シーズーのその身体の構造上、発症しやすいと言われており、また、加齢や肥満も原因とも言われております。
一度つぶれてしまった気管は簡単に治す事が出来ず、再発率が高い為、非常に厄介な病気と言って良いでしょう。
 
基本的な治療法は内服薬で済まされる事が多いのですが、あまりにもひどく気管が押しつぶされて、薬の効果が見られない場合は外科手術をする事になります。
共通して言える事は、軽症であっても重症であっても自宅で飼い主さんが徹底管理する必要があります。
 
呼吸しやすくなるように室内の空調を整え、肥満にならないように適度な運動と食事、夏場の散歩は控えるなどといった事がシーズーに負担をかけない為のポイントです。
また、首輪を使用している場合はハーネスに変えるだけでも充分効果が得られると言われております。

角膜炎

シーズーのように大きく外に出ている目は、外からの刺激を受けやすい為、角膜を傷つけやすいです。角膜を傷つける代表的なものは、ほこり・逆さまつげ・目の周りの不潔な毛・シャンプーなどといったものです。

初期症状ではあまり痛みを感じられないようですが、炎症がひどくなればなるほど痛みを感じるようになり、目をこする、涙を流す、目ヤニが増えるといった状態になってきます。
症状が進行してしまうと、視力低下はおろか失明の危険もあります。
 
早急に病院へ行き点眼薬を処方してもらう必要がありますが、点眼薬では完治する事はありません。 
シーズーの角膜炎の大抵の理由は、手入れを怠り不潔にしていた事が原因である事が多いとされております。不潔なものが常に目に触れている状態が続くと、治るものも治りません。まずは、目の周りの汚れと毛を除去しなければならないのです。
また、逆さまつげが原因である場合は獣医師に抜いてもらうと良いでしょう。
 
薬を指示通りに点眼すれば数日で治りますが、症状がひどい場合ですと2、3週間。長いとそれ以上に及ぶ事もあります。根気よく治療に取り組むようにしましょう。