シャム(サイアミーズ)の性格と基本的な飼い方について徹底解説!よくある病気や怪我を把握して、いつでも頼れる飼い主さんを目指しましょう!

ざっくり言うと
  • 貴族に愛されてきた上品な見た目のシャムだけど本当はいたずら好きなのです
  • 活発で明るく決して大人しいとは言えない猫種だからこそ運動不足は大敵!
  • シャムに見られる特有の遺伝性疾患を理解してしっかりと対処できるように

シャム(サイアミーズ)の性格・飼い方

シャム(サイアミーズ)の性格

貴族に愛されていたシャムは、上品な見た目とは反して活発で遊び好きな猫です。くわえて好奇心旺盛な性格である為、いたずら好きであるとも言われております。スリムで動きが大胆なシャムのいたずらに、頭を抱えてしまうでしょう。
 
ですが、シャムは飼い主さんに対して深い愛情を示す猫です。一見、人に興味がないようなマイペースな猫のように思えますが、まったくの逆と言って良いでしょう。
おもちゃを使って遊んであげる事で、シャムは飼い主さんに対して愛情を示し、また、甘える姿を見せてきます。普段いたずらをして困らせる一面もありますが、飼い主さんにしか見せない甘えた姿は大変魅力を感じるものです。
 
しかし、書いてある通り、愛情深い反面で、家族と認めない者に対して強い警戒心を見せる事があります。近年のシャムは改良に改良を重ねて、比較的飼いやすい猫種となったのですが、以前のシャムは人になつくことがなかったと言われております。
その名残でしょうか、来客が来ても知らんぷりをしたり、隠れたりしてしまうようです。

シャム(サイアミーズ)の飼い方

上記でも記載した通り、活発でいたずら好きなシャムは、何よりも運動量が重要視されるでしょう。見た目にそぐわないその活発さに驚かれるかもしれませんが、シャムはとても大人しい猫種とは言えません。
その為、シャムが運動ができるスペースを確保する必要があります。背の高いキャットタワーはもちろんの事ですが、飼い主さん自信がボールなどのおもちゃを使って遊んであげるようにしましょう。
 
上下左右、登ったり降りたり走ったりと、何かと忙しない猫だからこそ、運動不足はストレスが溜まるもとです。
シャムは貴族に愛されてきた猫というだけあり、大変繊細な猫種です。その為、ストレスが溜まりやすく、美しい被毛が脱毛したり、攻撃的になったりと、あらゆる問題が発生する事があります。
 
シャムを飼う事で気をつける事は、適度なコミュニケーションをとる事と適度な遊び、そしてシャムにとって充分な活動スペースです。
まずはストレスが溜まらないように、しっかりとシャムにとって快適な生活をさせられるようにしましょう。

シャム(サイアミーズ)がかかりやすい病気・ケガ

角膜黒色壊死症

シャムに多く見られる角膜黒色壊死症は、角膜の一部にかさぶたのようなものが出来、角膜のコラーゲンが壊死してしまうというものです。黒目とは違い、明らかな異常状態である為、発覚が遅れる事はないでしょう。

軽症の場合は黒いかさぶた部分が自然ととれるのを待ち、点眼薬などで治療をしていきます。ですが、表面のかさぶただけでなく、内部まで至り、痛みを伴うほどの重症の際は外科手術が必要となるでしょう。
外科手術後も長期で点眼薬の治療を続ける為、シャムに大きな負担をかける事となります。重症となる前に早期発見、軽症のうちに治療が望ましいです。
 
原因は、はっきりと明確に分かっていないのですが、一部では猫へルぺス、猫カリシウイルスなどといった感染症の影響、また、飼育環境によるストレスも関連しているとも言われております。
その為、上記感染症に感染している猫との接触を避け、ストレスが溜まらないようにシャムにとって快適な環境を作るようにしましょう。

慢性腎不全

急性腎不全のように一日二日で急激に腎臓の機能が低下、破壊されていくのとは違い、慢性腎不全は緩やかに年数をかけてじっくりと腎臓の機能が破壊されていきます。
 
おしっこの回数が増加、水をよく飲む、体重減少、食欲低下、口臭などの症状が見られますが、慢性腎不全は恐ろしい事に腎臓が7割以上破壊されてからようやくこうした症状が出てくる場合があると言われております為、気づいた頃には病状が更に悪化していた、という事があるようです。

慢性腎不全は、末期の状態になると尿毒症という血中内に老廃物が溜まりきってしまう状態になります。尿毒症は、最悪の場合死に至る危険性があるので、末期に至るまでに早期発見、治療に取り掛かる事が重要となるでしょう。
 
慢性腎不全はどの猫も加齢と共に発症率あがり、これといった予防策はなく、6歳ごろは特に気を付けなければなりません。
 
破壊された腎臓はもとに戻す事が出来ませんが、主に投薬治療と食事療法で症状を遅らせ、症状を緩和していきます。食事内容は低たんぱく、低ナトリウムの食事内容となりますが、現在では腎臓疾患がある猫の為の処方食がありますので、そちらを利用してみると良いでしょう。

先天性難聴

猫は基本的に気まぐれで自由奔放な性格である為、飼い主さんが呼びかけても知らんぷりする事があります。ですが、中には本当に飼い主さんの声が耳に届いていない可能性あるのです。
 
白い被毛、青い瞳のような色素が薄い猫は、生まれつき難聴である事が多いです。特にシャムにこの先天性難聴が見られるので、あまりにも反応が悪いようでしたら手を叩いて音を出すなどしてみましょう。
また、中には高いところに登れなくなってしまうシャムもいるようです。
 
先天性難聴の場合、治療法はありません。後天性で発症した可能性もゼロとは言い切れない為、一度病院で診察してもらいましょう。
猫は聴覚だけでなく、嗅覚や視覚で補う事が出来るので生活にあまり支障が見られないでしょうが、シャムにストレスがかかりやすくなっている事は間違いありません。
 
シャムを連れての外出は控えるようにし、完全室内飼いにするようにしましょう。治療法がないからこそ、飼い主さんがシャムの為に出来る事をしてあげる事がポイントです。