トイ・プードルの性格と基本的な飼い方について徹底解説!トイ・プードルによくある病気や怪我を把握して、いつでも頼れる飼い主さんを目指しましょう!

ざっくり言うと
  • 初めて犬を飼う人におすすめ!全犬種の中でトップクラスのかしこさ
  • 遊ぶ事が大好き♪いつでも元気いっぱいみんなからの人気者トイ・プードル
  • 元気で明るいトイ・プードルだからこそ膝蓋骨脱臼に気を付けよう!

トイ・プードルの性格・飼い方

トイ・プードルの性格

抜群の愛嬌の良さと見た目の可愛らしさが大変魅力的なトイ・プードル。愛嬌の良さや人から愛される見た目だけでなく、その従順な性格や知能の高さも高く評価され、常に人気犬種上位として愛されております。
 
驚くことに、その知能の高さは全犬種中でも3位以内に入ると言われており、全小型犬の中ではナンバーワンの知能の高さです。
教えた事はすんなり覚えてくれるので、初心者向けの犬種と言っても良いでしょう。
 
人の言葉を理解しようとする、その主人に対するひたむきな姿は、まさに家庭犬の鑑です。
主人の喜ぶ顔を見る事を最大の喜びとするトイ・プードルは、しつけや訓練で教えられた事を華麗にこなすので、ドッグダンスや競技会などではたびたびトイ・プードルの姿が見られます。
 
また、愛嬌の良さは人に対してだけではなく、犬に対しても言える事です。
最初は、もともと警戒心が強い事からびくびくと警戒してしまいますが、持って生まれた愛嬌ですぐにわんちゃん同士で打ち解ける事ができ、たちまち周りからの人気者に!
かしこく、愛嬌が良く、周りから愛されるトイ・プードルはペット界のアイドルと言っても過言ではないでしょう。

トイ・プードルの飼い方

トイ・プードルの飼い方でよくある勘違いは「しつけをしなくても大丈夫」と「お手入れがいらない」という思い込みです。
 
かしこいからと言ってしつけをしなくていい子なんていません。どんなにかしこい子でも、なにも教えられていなければ、なにも出来ません。
トイ・プードルは、あくまでもしつけがしやすい犬種というだけですので、なにがいけない事で、なにが良い事なのか、まずはそこから教えていく必要があります。
 
また、小さい身体ながらも、トイ・プードルはパワフルである為、散歩が大好きな子が多いです。飼い主さんと一緒に外を散歩をする事が一日の中で一番幸せな瞬間かもしれません。
特に飼い主さんとボール遊びなどをして遊ぶ事が大好きなので、そういった遊びを交えながらしつけ訓練をするとよりスムーズにしつけ訓練を行う事が出来ます。
飼い主さんのちょっとした工夫で、トイ・プードルの家庭犬としての魅力を引き出していきましょう!
 
そして、トイ・プードルにとって一番注目して欲しい点…それはお手入れに関してです。
抜け毛が少ない犬種の代表格とも言えるトイ・プードルですが、抜け毛が少ない=お手入れいらずというわけではありません。
毛が抜けないという事は、毛が伸び続けるという意味でもありますので、うっかり放置してしまえばボサボサなトイ・プードルになってしまいます。
 
定期的なカット、日ごろのブラッシングをする事で、常に綺麗でおしゃれなトイ・プードルにしましょう!

トイ・プードルがかかりやすい病気・ケガ

膝蓋骨脱臼

トイ・プードルによくある病気の代表と言っても良いかもしれません。
トイ・プードルが発症する膝蓋骨脱臼の原因は、先天性である事が多く、ほとんどの子がこの病気の遺伝を持っている為、どんな子でもこの病気を発症する可能性があります。
 
症状はグレード1~4までの段階があり、グレード1はあまり歩行に違和感を感じられない為、生活に支障がないレベルと言っても良いでしょう。
ですが、最終段階のグレード4まで進行してしまうと、歩行困難、排泄が一人で出来ないなどといった、生活に大きな影響を与えてしまう為、早急に治療が望ましいとされています。
 
滑りやすい床には絨毯を敷く・階段の昇り降りを避ける・関節に良いサプリメントを与えるなどといった、家庭でも出来る対策を取る事でもトイ・プードルの負担を軽減させ、症状の進行を止める事が出来ます。
 
最終的な治療法は外科手術となりますが、完治する事は難しいとされている為、上手に付き合っていかなければなりません。
また、外科手術を行うか、内服薬で様子を見るかは獣医師さんによって異なります。発症してしまったら、獣医師さんと話し合いのもと、納得いく答えを出せるようにしましょう。

てんかん

てんかんは100頭に1頭の確率で突然発症する脳の病気です。おもな症状は、ピクピク痙攣し、泡を吹くなどといったものであり、そのいきなりの愛犬の様子に戸惑う飼い主さんも少なくはないでしょう。
発作中は大体2~3分ほどと言われますが、中には10分以上発作を起こしてしまう子もいます。その子によって症状の重さは異なりますが、それでもトイ・プードルに負担がかかってしまう事は間違いありません。
 
てんかんは、発作中に嘔吐物が喉につまって窒息死、散歩中に突然倒れて事故にあう、倒れた時に打ちどころが悪かった、などといった二次的要因で命を落としてしまう子も多く、そういった面でも飼い主さんは常にトイ・プードルを気にかけていなければならないでしょう。
 
現在、完治する方法は見つかっておらず、長期的な投薬治療である程度症状を抑えるという事しか出来ない為、発症してしまったら長期的に付き合っていかなければなりません。
 
治療方針を固める為にも、食事内容や、発作を起こした時の状況を日記などに控えておくと良いでしょう。
そうした日ごろの飼い主さんの行動が、トイ・プードルの負担を軽減させるものにつながります。

外耳炎

トイ・プードルのようなたれ耳、かつ耳の中にたくさん毛が生えてしまっている子は、外耳炎になりやすいので要注意です。
その特徴は、まず独特な臭い、黒っぽい耳垢、そして耳掃除をしてもまたすぐに汚れが溜まってしまう事です。
耳をめくらなくても、しきりに首を振ったり、耳を床にこすりつけたり、耳から血が出るまでかきむしったりなどといった行動が見られる為、大抵はその愛犬の異常な行動に気づくでしょう。
 
外耳炎は普通に耳掃除をしても完治する事はなく、耳の中で繁殖してしまった「菌」を取り除かなければなりません。その為にも、病院で専用の点耳薬を処方してもらう必要があります。
 
数日処方する事で症状が治まってくるのですが、重症な子は長期的に薬を処方しなくてはならなく、また、更に重症ですと手術が必要になってしまうのです。
命を落とすような病気ではないとはいえ、早急に治療しなくてはならない病気と言えるでしょう。