犬・猫がなりやすい病気の一つでもある皮膚炎。寄生虫や細菌など原因はさまざまですが、近年ではアレルギーで皮膚炎になる犬が増えてきています。ここでは皮膚炎にスポットをあて、症状や原因、治療例などをご紹介します。

皮膚炎とは

アレルギーやダニなどが原因で、皮膚に炎症が起こる病気です。目や口の周り、耳、脇の下など、皮膚の弱い部分に症状が出ます。
また、抵抗力の弱い子犬や老犬がかかりやすい病気でもあるので注意が必要です。
皮膚炎は、一種類の病気が複数の症状を表すこともあれば、同じ症状で多種類の病気を表すこともあります。
そのため、症状から原因を見極めることは難しく、症状だけではなくさまざまな検査を行って皮膚炎の診断をします。

皮膚炎になりやすい犬種

  • トイ・プードル
  • ゴールデンレトリバー
  • ボーダーコリー
  • ミニチュアピンシャ―
  • ジャックラッセルテリア
  • ダルメシアン
  • 柴犬 など

皮膚炎の症状って?

皮膚炎になると、多くの場合かゆみが出ます。犬がかゆみを感じたとき、以下のようなしぐさを見せます。

かゆみを感じているしぐさ

  • 舐める
  • 噛む
  • 引っ掻く
  • 吸う
  • 何かに体をこすりつける

また、特に皮膚の弱い部分に以下のような症状が見られた場合は動物病院へ行くことをおすすめします。

皮膚炎の可能性がある症状

  • 皮膚の赤み
  • 発疹
  • 腰の背中、尾や脚の付け根、顔、足先などの脱毛
  • かさぶた
  • 皮膚の乾燥
  • フケが出ている
  • 皮膚が脂っぽい
  • 肛門膿から悪臭がする

考えられる原因

一口で皮膚炎と言っても「アレルギー性の皮膚病」やノミ・ダニなどの「寄生虫が原因の皮膚病」、「細菌やカビが原因の皮膚病」とさまざまな原因に分けられます。

①アレルギー性の皮膚病

アレルギー性皮膚炎

アレルゲンを接種しアレルギー反応を起こすことで発症します。
ハウスダスト・花粉など環境での原因や、食品・化学物質など食べ物での原因があり、一般的に完治は難しいとされています。

②寄生虫が原因の皮膚病

ノミアレルギー性皮膚炎

ノミがアレルゲンとなって発症する病気です。ノミに噛まれると唾液に含まれるアレルギー物質が体内に入り、アレルギー症状が起きます。

ツメダニ症

イヌツメダニが皮膚に寄生し発症する皮膚炎です。すでに感染している犬や猫との接触やノミ・ハエといった寄生虫を介して感染します。

毛包虫症

イヌニキビダニ(犬毛包虫)に感染して発症します。母犬から感染するといわれ、免疫力の低下などにより症状が出ます。
繁殖するダニなので、放置すると全身に広がります。

③細菌やカビが原因の皮膚病

膿皮症

ブドウ球菌や大腸菌などの細菌に感染して起こる病気です。擦り傷や不衛生な環境、老化などにより抵抗力が低下し感染します。
アレルギー性皮膚炎など、他の病気が原因で発症する場合もあります。

マラセチア感染症

マラセチア酵母菌というカビの一種が増殖し、発症します。高温多湿な耳の中によくみられ、抵抗力の低下やストレスなどが原因で異常に繁殖をしてしまうとかゆみを生じます。

皮膚糸状菌症

小胞子菌などの真菌が繁殖し、表皮や爪の根元などに寄生し炎症を起こします。円形脱毛がいくつかみられ、悪化すると全体に広がります。

皮膚炎にかからないための予防・対策

皮膚炎を予防するためには、生活環境をしっかり整える必要があります。体を清潔に保つためにシャンプーをすることはもちろん効果的ですが、やり過ぎると肌を傷つけてしまうことがあるので気を付けましょう。
毎日濡れたタオルで拭くだけでも、十分清潔を保てます。また、抵抗力を高めるために栄養バランスのいい食事や、ダニが繁殖しないようにクッションや犬小屋などを清潔にすることも大切です。

皮膚炎にかかった場合の治療法や診療例

皮膚炎の治療は、一定期間で治療が終わることもあれば、長期にわたって継続的に治療や皮膚のケアを行わなければならないこともあります。
治療が長期になる場合は、病気と上手く付き合いながら生活の質を上げる治療も行っていきます。
治療方法としてはそれぞれの原因によって、内服薬や外用薬の投薬、処方食などをいくつか組み合わせて治療を行います。
また、精神的なものからくる皮膚炎では、生活スタイルの改善や飼い主に接し方のアドバイスなどを行うこともあります。

<初診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(初診料)11,000円
皮膚検査11,600円
糞便検査11,200円
寄生虫検査11,200円
血液検査17,000円
採血料11,000円
内服薬71,000円
外用薬11,000円
消毒1500円
処置料11,000円
合計16,500円

病院によって差はありますが、皮膚炎で通院すると以上のような治療費になります。初診の場合、原因特定のため多数の検査を行うことがあり、初診は高額になることが多いです。
通常は内服薬や塗り薬などの処方のほか、症状によって薬浴や薬用シャンプーなどが追加されることもあります。1回の通院で数千円~1万円台の治療費がかかり、もちろん全て自己負担が基本です。
そのため現在、ペット保険に加入する飼い主が増えてきています。

<再診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(再診料)1500円
寄生虫検査11,200円
内服薬71,000円
外用薬11,000円
処置料11,000円
合計4,700円

こちらも病院によって差はありますが、再診の場合は以上ような治療費になります。皮膚炎の場合は、週に一度のペースでの通院が約半年間続くことになるのが一般的です。
場合によっては、完治までにそれ以上かかってくることもあります。ですので、かかりやすい傷病であることから、通院を重視したペット保険を考えておくのも一つの手です。

まとめ

皮膚にかゆみが出ると人間と同じように犬もストレスを感じます。強いかゆみや症状が長引くと、無駄吠えや暴れることもあり精神のバランスを乱してしまうことも少なくありません。
犬が自分で掻いたり舐めたりすると症状が悪化する場合もあるので、ブラッシングやシャンプーの際にこまめに体をチェックしてあげましょう。

当サイトではほかの病気・ケガについても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。