最近、愛犬が体をかゆがったり、皮膚が赤くなったりしていませんか?それはもしかすると皮膚炎のサインかもしれません。皮膚炎の中でも、近年ではアレルギー性皮膚炎になる犬が増えてきています。愛犬・愛猫のためにもアレルギー性皮膚炎について勉強しておきましょう。

アレルギー性皮膚炎とは

アレルゲンを接種しアレルギー反応を起こすことで発症する病気です。ハウスダスト・花粉など環境の中にある原因や、食品・化学物質など食べ物の中にある原因があり、一般的に完治は難しいとされています。

「アレルギー性皮膚炎とアトピー性皮膚炎は同じ病気?」という疑問をよく聞きますが、厳密にいうと少し違います。

アレルギー性皮膚炎はアレルゲンの過剰反応によって炎症を起こす病気で、アトピー性皮膚炎は先天的な要因でアレルギーを起こしやすい体質により発症する病気のことを指します。

アレルギー性皮膚炎になりやすい犬種

  • ゴールデンレトリバー
  • ラブラドールレトリバー
  • ダルメシアン
  • ミニチュア・シュナウザー
  • ブルドッグ
  • シーズー
  • 秋田犬
  • 柴犬 など

アレルギー性皮膚炎の症状って?

アレルギー性皮膚炎になると、かゆみや皮膚に炎症が起こります。特に脇の下や脚の付け根、指の間、耳や目のまわりなど皮膚に弱い部分に症状が見られます。

また、まぶたの炎症が強い場合は結膜炎になることもあるので注意が必要です。犬がかゆみを感じたときに見せる以下のようなしぐさをしていないか、毎日観察するようにしましょう。

かゆみを感じているしぐさ

  • 舐める
  • 噛む
  • 引っ掻く
  • 吸う
  • 何かに体をこすりつける

また、特に皮膚の弱い部分に以下のような症状が見られた場合は動物病院へ行くことをおすすめします。

アレルギー性皮膚炎の可能性がある症状

  • 皮膚の赤み
  • 発疹
  • 腰の背中、尾や脚の付け根、顔、足先などの脱毛
  • かさぶた
  • 皮膚の乾燥
  • フケが出ている
  • 皮膚が脂っぽい
  • 肛門膿から悪臭がする

考えられる原因

アレルギー性皮膚炎には以下のようにさまざまなアレルゲンがあります。体調不良などが原因で皮膚バリア機能が低下してしまうと、アレルゲンに反応し炎症を起こします。

また、一度アレルギーを発症すると、わずかなアレルゲンにも過剰反応を起こしてしまう恐れがあるので、アレルゲンが体内に入らないようしっかりと予防することが大切になります。

アレルギー性皮膚炎の主なアレルゲン

  • 花粉
  • ハウスダスト
  • 寄生虫(ダニ・ノミなど)
  • 食品
  • 化学物質

アレルギー性皮膚炎にかからないための予防・対策

アレルギー性皮膚炎は、アレルゲンを接種しない限り症状は出ません。つまり、予防ができるということです。そのためにはアレルゲンが何かを知る必要があります。
動物病院でアレルギー検査や血液検査などを行い、アレルゲンを特定することをおすすめします。

しかし、検査でアレルゲンを特定できたとしても、他の物質でアレルギー性皮膚炎になる可能性もあるので安心はできません。
添加物などを除いた食事療法や薬用シャンプーなどで皮膚を守るケアにも気を配るようにしてください。

アレルギー性皮膚炎にかかった場合の治療法や診療例

まず、かゆみを抑えるための内服薬や外服薬の投薬、処方食などの治療をします。一定期間で治療が終わることもあれば、長期にわたって継続的に治療や皮膚のケアを行わなければならないこともあり、治療のスピードは犬によってさまざまです。

また、アレルゲンを見極める場合には時間もお金もかかり、愛犬にも痛みやストレスを与えることにもなります。
そのため、原因を追究せず、完治を目指して治療を行う場合もあるそうです。獣医師と飼い主で話し合い、治療方法を決めるようにしましょう。

<初診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(初診料)11,000円
皮膚検査11,600円
寄生虫検査11,200円
血液検査17,000円
採血料11,000円
薬浴13,000円
内服薬71,000円
外用薬11,000円
処置料11,000円
合計17,800円

病院によって違ってきますが、アレルギー性皮膚炎で通院すると以上のような治療費になります。初診の場合、原因特定のため多数の検査を行うことがあり、初診は高額になることが多いです。
通常は内服薬や塗り薬などの処方になりますが、症状によって薬浴や薬用シャンプーなどが追加されることもあります。1回の通院で数千円~1万円台の治療費がかかり、もちろん全て自己負担が基本です。
そのため現在、ペット保険に加入する飼い主が増えてきています。

<再診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(再診料)1500円
皮膚検査11,200円
薬浴13,000円
内服薬71,000円
外用薬11,000円
処置料11,000円
合計7,700円

こちらも病院によって差はありますが、再診の場合は以上のような治療費になります。アレルギー性皮膚炎の場合は、週に一度のペースでの通院になる場合があります。
完治した場合も、またアレルゲンに接触してしまうと発症してしまいます。そういった面もあり、かかりやすい傷病であることから通院を重視したペット保険を考えておくのも一つの手です。

まとめ

愛犬が何のアレルギーなのか、初めて症状が出たときは分かりません。そのため、食べ物や道具、薬品などの使い始めは皮膚をよく観察するようにしましょう。

また、皮膚バリア機能が低下しないよう、体調管理や環境管理、シャンプーをよく洗い落とすなどもアレルギー性皮膚炎の予防につながります。愛犬をよく観察し、しっかりとケアをすることも飼い主の役割ですね。

当サイトではほかの病気・ケガについても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。