激しいかゆみが続き、犬にとってとてもストレスを感じるアトピー性皮膚炎。比較的に若い時期に発症することが多く、犬の約10%は発症するといわれている病気です。
そこで今回は、アトピー性皮膚炎を発症した愛犬を支えていけるよう、アトピー性皮膚炎の症状や原因などをまとめました。

アトピー性皮膚炎とは

ハウスダストや花粉、ダニなどのアレルゲンに反応することで発症する代表的なアレルギーの一つです。
IgE抗体を作りやすい遺伝的な要因で、口や鼻から入ったアレルゲンに反応しかゆみや皮膚に炎症を起こします。
もともとアレルギー反応をしやすい体質なので、年々アレルギー項目が増えることもあるのだとか。
アトピー性皮膚炎は慢性化する場合があるので、根気強く付き合っていく必要がある病気になります。

アトピー性皮膚炎の症状って?

アトピー性皮膚炎の主な症状はかゆみ。指の間や鼻・口・眼の周り、脚の付け根など皮膚が弱い部分に炎症が起きます。
犬が以下のようなしぐさをしたときは注意しましょう。

かゆみを感じているしぐさ

  • 舐める
  • 噛む
  • 引っ掻く
  • 吸う
  • 何かに体をこすりつける

しかし、かゆいからといって全てがアトピー性皮膚炎とは限りません。かぶれやダニ、皮膚の乾燥など、かゆみにはさまざまな原因があるので見分ける必要があります。

また、アトピー性皮膚炎を起こしやすい病気や同時になりやすい病気があることはご存知でしょうか。アトピー性皮膚炎を発症した場合、それらの病気にならないよう気を付けることも重要になります。

アトピー性皮膚炎と合併しやすい病気

  • 膿皮症
  • 外耳炎
  • 結膜炎
  • 疥癬

事前に、遺伝的にアトピー性皮膚炎の症状が出やすい犬種もチェックしておきましょう。

遺伝的にアトピー性皮膚炎が出やすい犬種

  • ゴールデン・レトリーバー
  • ブルドッグ
  • パグ
  • ボストンテリア
  • ダルメシアン
  • ミニチュアシュナウザー
  • 柴犬
  • トイプードル
  • ミニチュアダックスフンド
  • スコティッシュテリア
  • シェーリハムテリア
  • イングリッシュセター
  • アイリッシュセター
  • ケアーンテリア
  • ホワイトテリア
  • ウェストハイランドホワイトテリア

考えられる原因

アレルゲンを体内に取り入れると、体内にある免疫が過剰に働き皮膚に炎症を起こします。主なアレルゲンとして空気中に漂うハウスダストや花粉、ダニのほかに、食物に対しても反応する場合があります。

また、皮膚バリア機能が低下してしまうとアレルゲンに敏感に反応しやすくなるので、体調や環境をしっかり整えることも必要です。

アレルギー性皮膚炎の主なアレルゲン

  • 花粉
  • ハウスダスト
  • 寄生虫(ダニ・ノミなど)
  • 食品
  • 化学物質

アトピー性皮膚炎にかからないための予防・対策

アトピー性皮膚炎を完全に予防することは難しいと言われています。しかし、少しでもアレルゲンをなくすために生活環境を清潔にすることは、アトピー性皮膚炎にならないための対策につながります。

また、動物病院でアレルギー検査や血液検査などを行い、アレルゲンを特定することもおすすめです。
「いつ」「どこで」アレルギーが起きたのか、普段から把握しておくようにもしてください。

アトピー性皮膚炎にかかった場合の治療法や診療例

治療は内用薬や外用薬など薬物療法が中心になります。保湿力の高いシャンプーで体を洗いアレルゲンを落とし、皮膚バリア機能を強化することもよいでしょう。
食事の中にアレルゲンがある場合には、食事内容を見直しアレルゲンを含まない処方食に変えてください。

また、最近では薬による副作用を避け漢方薬を併用する場合もあるそうです。治療法は犬によってさまざまですが、獣医師と飼い主で話し合い、治療方法を決めるようにしましょう。

<初診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(初診料)11,000円
皮膚検査11,600円
寄生虫検査11,200円
血液検査17,000円
採血料11,000円
薬浴13,000円
内服薬71,000円
外用薬11,000円
処置料11,000円
合計17,800円

病院によって違ってきますが、アトピー性皮膚炎で通院すると以上のような治療費になります。初診の場合、原因特定のため多数の検査を行うことがあり、初診は高額になることが多いです。
通常は内服薬や塗り薬などの処方になりますが、症状によって薬用シャンプーや保湿剤などが追加されることもあります。
1回の通院で数千円~1万円台の治療費がかかり、もちろん全て自己負担が基本です。そのため現在、ペット保険に加入する飼い主が増えてきています。

<再診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(再診料)1500円
皮膚検査11,200円
薬浴13,000円
内服薬71,000円
外用薬11,000円
処置料11,000円
合計7,700円

こちらも病院によって差はありますが、再診の場合は以上ような治療費になります。アトピー性皮膚炎の場合は、週に一度のペースでの通院になる場合があります。
完治した場合も、またアレルゲンに接触してしまうと発症してしまいます。そういった面もあり、かかりやすい傷病であることから通院を重視したペット保険を考えておくのも一つの手です。

まとめ

飼い主がまずできることは、生活環境を清潔に保つこと。アレルゲンが少しでも減るように、毎日しっかり掃除をしてあげましょう。
アトピー性皮膚炎は、発症した75%が1〜3歳で最初に発病すると言われ、遺伝的に発症しやすい犬もいます。
愛犬は体調が悪くても話すことができません。小さなうちからよく観察し、愛犬を守っていってください。

当サイトではほかの病気・ケガについても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。