気付くと愛犬の皮膚にポツポツとした赤い発疹ができていたことはありませんか?それは膿皮症かもしれません。激しいかゆみや痛み、発熱が伴い、犬に多い皮膚病の一つとされています。ここでは症状や治療、原因などをご紹介します。

膿皮症とは

皮膚の細菌が増殖し、皮膚が化膿することを膿皮症といいます。皮膚には普段から多少細菌がついており、皮膚環境のバランスの崩れ、自己回復力が弱っているときなどに発症します。

膿皮症になりやすい犬種

  • ゴールデンレトリバー
  • ダックスフンド
  • ミニチュアピンシャ―
  • フレンチブルドッグ
  • ペキニーズ
  • パグ
  • キャバリア など

膿皮症は、以下の3パターンに分けられます。

①表面性膿皮症

皮膚の一番外側の部分・表皮に発症した膿皮症。ポツポツとした形状の小さな膿ができることが特徴です。

②表在性膿皮症

毛包と表皮周辺に発症する膿皮症です。毛根の角質層や毛包と毛包の間に細菌が入り炎症が広がります。
膿がはじけ、赤くなる場合もあります。

③深在性膿皮症

細菌が毛包全体や真皮、皮下組織といった皮膚の奥深くへ入り込んだ状態を指します。
強いかゆみを伴い、掻き過ぎた結果かさぶたや出血、皮膚が厚くなることもあります。熱が出ることもあり、体調に悪影響を与えます。

膿皮症の症状って?

背中や腹、脚の付け根、耳の裏などが、ところどころ赤くなり徐々にかゆみが出始めます。
細菌が増えやすい、夏の時期に発症することが多いとされています。症状が進行するとかゆみが激しくなり、引っ掻くことで治療が長引いてしまうことがあるので注意が必要です。
愛犬がかゆみを感じているしぐさや、身体に発疹を見つけたときは全身をチェックしてあげましょう。
以下のようなしぐさや皮膚に症状が見られたときは動物病院へ行くことをおすすめします。

かゆみを感じているしぐさ

  • 舐める
  • 噛む
  • 引っ掻く
  • 吸う
  • 何かに体をこすりつける

膿皮症が疑われる症状

  • ポツポツとした赤みのある発疹が増える
  • 膿を出すジュクジュクとした発疹が増える
  • 発疹がある個所の毛が抜ける
  • 発疹部分にフケのようなものが出ている
  • 発疹がある個所の皮膚が色素沈着をしている
  • 鼻の先のみ発疹が出ている
  • 足先や肉球の間が腫れている
  • 皮膚にサカブタができている
  • 皮膚に発疹が見られ、発熱している

考えられる原因

膿皮症の多くは、ブドウ球菌などの細菌に感染することによって発症すると言われています。
不衛生な環境や傷、老化、栄養不良などにより、通常皮膚が持つ細菌の侵入を抑える力が失われたことで発症します。

また、アレルギー性皮膚炎やアカラス症(ニキビダニ症)などの二次感染としても発症することもあります。
シャンプーのし過ぎが原因で皮膚の状態を悪くする場合もあるので使用頻度は気を付けましょう。

膿皮症にかからないための予防・対策

犬の皮膚は角質が薄く、細胞の隙間にある脂質膜が少ないといった特徴があるため、体調不良等で皮膚の中の細菌バランスが崩れてしまいます。
生活環境を清潔にし、食事の栄養分に気を付けるなど日ごろから健康に気を付けることが予防につながります。

また、シャンプーの成分や回数に注意することも大切です。シャンプーをしたときはよくすすぎ、しっかりと毛を乾かしましょう。

膿皮症にかかった場合の治療法や診療例

まずは原因となっている細菌を特定し、治療方針を決めます。抗生物質やかゆみ止め、塗り薬の投薬のほか、薬用シャンプーで丁寧に洗います。
ただし、他の疾患が引き金となり膿皮症を発症している場合は、その基礎疾患の治療を優先して行います。
ペットの治療は獣医師と飼い主との連携が非常に大切です。普段から愛犬をよく観察し、気になる点はしっかり伝えるようにしましょう。

<初診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(初診料)11,000円
皮膚検査11,600円
血液検査17,000円
採血料11,000円
薬浴13,000円
内服薬71,000円
外用薬11,000円
処置料11,000円
合計16,600円

病院によって違ってきますが、膿皮症で通院すると以上のような治療費になります。
初診の場合、原因特定のため多数の検査を行うことがあり、初診は高額になることが多いです。通常は内服薬や塗り薬、薬用シャンプーなどが処方されます。
1回の通院で数千円~1万円台の治療費がかかり、もちろん全て自己負担が基本です。
そのため現在、ペット保険に加入する飼い主が増えてきています。

<再診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(再診料)1500円
皮膚検査11,600円
薬浴13,000円
内服薬71,000円
外用薬11,000円
処置料11,000円
合計8,100円

こちらも病院によって差はありますが、再診の場合は以上のような治療費になります。
膿皮症の場合は、抗生物質の内服薬を一定期間継続することが一般的です。
皮膚のケアを怠ると再発する場合があり、かかりやすい傷病であることから通院を重視したペット保険を考えておくのも一つの手です。

まとめ

膿皮症は感染するスピードが早く、ひとつの発疹があちこちに広がり完治するまでに時間がかかります。
生活環境を清潔に保ち、バランスの良い食事を心がけ予防に努めましょう。
強いかゆみは犬にとってストレスになり、体調不良へもつながります。いつも愛犬を観察することを心がけ、異常がないかチェックするのも飼い主の役目です。

当サイトではほかの病気・ケガについても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。