皮膚に生える真菌(カビ)があることはご存知でしょうか?犬の病気で多く見られる皮膚病の一つでもある皮膚糸状菌症。皮膚糸状菌という真菌が皮膚に発生することで発症し、真菌症や白癬とも呼ばれています。
今回は皮膚糸状菌症の症状や治療方法などはどのようなものなのか調べてみました。

皮膚糸状菌症とは

真菌(カビ)が皮膚に発生することで発症する感染症です。犬や猫のほか、ウサギやハムスターなどにも症状が見られ、人にも感染します。
感染している動物との接触などで発症し、脱毛や赤斑などの症状が出ることが特徴です。
多くの場合、頭部から発生し全身に広がっていくので早めの治療が大切になります。

皮膚糸状菌症になりやすい犬種

  • ヨークシャー・テリア
  • ぺキニーズ
  • プードル
  • シーズー など

皮膚糸状菌症の症状って?

皮膚糸状菌症を発症すると、顔や足、耳が円形状に脱毛(リングワーム)します。最初は小さい脱毛ですが、次第に円形状のまま大きくなっていきます。
脱毛の周りにはフケやカサブタ、脱毛部分には赤みが見られ色素沈着をする場合もあります。
さらに悪化すると赤みや発疹、かゆみが伴うようになります。犬だけではなく、猫や人などにも感染するので注意が必要です。

かゆみを感じているしぐさ

  • 舐める
  • 噛む
  • 引っ掻く
  • 吸う
  • 何かに体をこすりつける

皮膚糸状菌症の可能性がある症状

  • 皮膚の赤み
  • 発疹
  • 顔、四肢、耳などの円形脱毛
  • かさぶた
  • 脱毛の周りのフケ

考えられる原因

小胞子菌などの真菌の一種が犬の表皮などに付着して炎症を起こします。主な感染経路としては、感染している動物との接触や真菌の胞子で汚染されているブラシ、寝床などが挙げられます。
抵抗力の弱い子犬や老犬が多く発症し、成犬でも体調不良等の抵抗力が落ちている場合は感染しやすくなるので注意してください。

また、皮膚糸状菌はさまざまな種類があり、人に感染すると水虫やたむし、爪水虫などを発症することも覚えておきましょう。

皮膚糸状菌症にかからないための予防・対策

皮膚糸状菌は湿気が多いと繁殖しやすくなります。そのため、除湿を心がけ生活環境を保つようにしてください。
もちろん、皮膚の状態や食事の栄養バランス、運動をしっかり行い普段から免疫力を高めることも大切です。

また、他の動物から菌をもらわないよう、なるべく不用意な接触を避けるようにしましょう。
感染が疑われる動物を触ってしまったときは必ず手を洗うように気を付けてください。

皮膚糸状菌症にかかった場合の治療法や診療例

円形状の脱門などの症状が見られた場合は、感染しないように動物病院で治療を始めてください。抗生物質や塗り薬、抗真菌薬の入ったローション、薬浴などで治療が行われます。
薬を塗りやすくするために、症状が出ている個所やその周辺の毛を刈る場合があるので事前に了承しておく必要があります。

また、治ったように見えても身体に菌が残っている場合があり、他の犬や人への感染源となるので注意しましょう。

<初診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(初診料)11,000円
皮膚検査11,600円
真菌検査12,000円
寄生虫検査11,200円
血液検査15,000円
採血料11,000円
内服薬71,000円
外用薬11,000円
薬浴13,000円
処置料11,000円
合計16,600円

病院によって違ってきますが、皮膚糸状菌症で通院すると以上のような治療費になります。初診の場合、細菌の種類特定のため多数の検査を行うことがあり、初診は高額になることが多いです。
通常は内服薬や塗り薬、薬浴などが処方されます。

1回の通院で数千円~1万円台の治療費がかかり、もちろん全て自己負担が基本です。
そのため現在、ペット保険に加入する飼い主が増えてきています。

<再診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(再診料)1500円
薬浴13,000円
内服薬71,000円
外用薬11,000円
処置料11,000円
合計6,500円

こちらも病院によって差はありますが、再診の場合は以上のような治療費になります。
皮膚糸状菌症の場合は、週に一、二度のペースでの通院が1ヵ月以上続くことになるのが一般的です。場合によっては、完治までに思っているよりも長くかかってしまうこともあります。
ですので、かかりやすい傷病であることから、通院を重視したペット保険を考えておくのも一つの手です。

まとめ

皮膚糸状菌症は感染するため、犬にとっても人間にとっても辛い病気です。特に野生の動物を抱いたり、撫でたりするときは注意をするようにしましょう。

また、皮膚糸状菌症に感染しないようにするために、愛犬・愛猫の体調管理や環境管理をしっかり行うとともに、飼い主もきちんと手洗いなどをするようにしてください。お互い健康に暮らすためには清潔が一番ではないでしょうか。

当サイトではほかの病気・ケガについても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。