こんにちは!ペット保険比較研究所の管理人です!犬の膝蓋骨脱臼は小型犬に多く、初期は痛みもなく歩行時も違和感がないことがほとんどです。しかし、徐々に痛みや歩行時に足をあげるなどの症状が現れます。
そんな膝蓋骨脱臼について、症状や原因、予防・対策、治療などを獣医師に詳しく聞いてみました!ぜひ参考にしてみてください!

膝蓋骨脱臼とは

犬の後肢の膝関節にある小さな骨が膝蓋骨です。この骨が滑車溝といわれる大腿骨にある溝に沿って動くことで、膝を曲げたり伸ばしたりできます。
しかし、膝蓋骨がこの溝の上から内側や外側に外れてしまうことがあり、このような状態を膝蓋骨脱臼と言います。
初期ではほぼ痛みがありませんが、症状が進行するにつれ痛みがひどくなり足をあげたまま歩くようになる場合もあります。

膝蓋骨脱臼になりやすい犬種

  • トイ・プードル
  • チワワ
  • ヨークシャテリア
  • ポメラニアン
  • マルチーズ
  • ミニチュアダックスフント など

膝蓋骨脱臼の症状って?

膝蓋骨が外れてしまうとどのような症状が現れるのでしょうか?
「足をあげる」「痛がる」「後ろ足が突っ張ったようになる」などが代表的な症状です。

膝蓋骨脱臼の主な症状

  • 後ろ足をあげる
  • 痛がる
  • 寝起きに後ろ足がつったようになる
  • 足に触ると変な音がする
  • 足を引きずる

また、膝蓋骨脱臼は程度によって4段階に分かれます。

<グレード1>
脱臼しても自然に元の一に戻る状態です。はっきりした症状は認められません。

<グレード2>
犬が足を伸ばしたり、人が手で膝蓋骨を押すと正しい位置に簡単に戻ります。少し痛がることもありますが日常生活に大きな支障はありません。

<グレード3>
脱臼していることが多く、脱臼が起こっている足をあげて3本足で歩くことが多くなります。

<グレード4>
常に脱臼している状態なので、膝を曲げることが困難で歩行異常が出ます。

考えられる原因

膝蓋骨脱臼は「先天性」「後天性」に分類できます。

先天性の場合

膝関節の周囲の筋肉や骨、靭帯に異常があることが原因になります。小型犬に多く、遺伝するともいわれています。

・滑車溝が浅い
・膝関節に付着している靭帯や筋肉のバランスの悪さ

などが膝蓋骨脱臼の原因になるといわれています。膝蓋骨が膝の内側に脱臼することが多く、これを繰り返すとさらに外れやすくなります。
さらに、骨格が歪んでくるために膝自体が内側に入り込みエックス脚のように見えることもあります。

後天性の場合

後天性の場合は、ほとんどが外傷です。高いところから落ちた、足を激しく滑らせた、何かとぶつかったなどの外部からの衝撃が原因になることが多くあります。

膝蓋骨脱臼にかからないための予防・対策

先天性の場合は予防することが難しいのですが、遺伝すると言われていますので、極力膝蓋骨脱臼と診断されている犬は繁殖させないことが大切です。

後天性の場合は、足が滑らないように日常生活で注意するようにしましょう。

足が滑らないようにする主な対策

  • 爪を切る
  • 足裏の毛はこまめにカットする
  • 室内がメインの犬はフローリングや畳で足が滑らないように対策を立てる
  •  ・滑り止めになるフロアコーティング剤でフローリングの床に塗装する
     ・絨毯などを敷く
     ・滑りやすい床材の部屋には入れない

  • 急激な方向転換をさせない

また、関節系の疾患全般に言えることですが、犬は脚の関節に体重がかかります。体重が増えれば増えるほど関節に負担がかかり悪化するので、体重管理には重々気をつけましょう。

膝蓋骨脱臼にかかった場合の治療法や診療例

膝蓋骨脱臼かどうかの診断は触診が一番の検査方法です。レントゲン検査で、関節の炎症の程度や骨格の変形の有無や程度がわかります。

治療には内科療法と外科療法があります。
グレードが1~2の場合は関節のサプリメントや鎮痛薬、肥満気味であれば減量を行い、経過を見ていきます。
グレードが3~4の場合は手術を行うほうがよいでしょう。ただし、グレードが高くなればなるほど骨格のゆがみが出てしまうので、グレードが2の段階でも手術を行うほうがよい場合もあります。

<初診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(初診料)11,000円
レントゲン検査14,500円
注射代金12,000円
内服薬(1週間分)11,200円
内服薬(1週間分)1700円
合計9,400円

病院によって違ってきますが、膝蓋骨脱臼で通院すると以上のような治療費になります。初診の場合、原因特定のため多数の検査を行うことがあり、初診は高額になることが多いです。
薬は通常、内服薬が処方されます。治療の内容にもよりますが、1回の通院で数千円の治療費がかかります。全て自己負担が基本です。そのため現在、ペット保険に加入する飼い主が増えてきています。

<再診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(再診料)1500円
注射代金12,000円
内服薬(2週間分)12,400円
内服薬(2週間分)11,400円
合計6,300円

こちらも病院によって差はありますが、再診の場合は以上のような治療費になります。膝蓋骨脱臼の場合は多くて週に二度のペースで通院することがあり、その際、歩行状態や膝関節の触診、体重測定などが行われます。
症状が重い場合は手術が行われることを考え、通院・手術を重視したペット保険を考えておくことをおすすめします。

まとめ

膝蓋骨脱臼は小型犬に多い疾患で、遺伝も関連しているといわれています。グレードが低い場合は内服薬と体重管理で様子を見ていくこともできますが、徐々に悪化することがほとんどです。
後ろ足がカクンと音を立てる、歩き方がぎくしゃくする、寝起きの歩き方がおかしいなど膝蓋骨脱臼を疑わせる症状があれば早めの受診をお勧めします。
ペットたちの診療は保健適応にならず全額負担が基本です。手術になれば高額負担が発生し、日常的な診療でも検査等があれば高額になります。ペットをお迎えしたら保険加入を考えておくことも大切です。

当サイトではほかの病気・ケガについても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。