【獣医師監修】あなたのペットが水頭症と診断されたらどうしたらいい?早く治してあげたいけど、どんな治療方法があるの?治療費や薬代はいくらくらいかかる?とんでもなく高額になったらどうしよう!ペット保険で補償してもらえる?
そんな不安を解消するために、水頭症の症状や原因、予防方法や対策、治し方と治療費、おすすめのペット保険についてまとめました。

早期発見のカギ!犬・猫がかかる水頭症の症状・原因・予防法

水頭症って?

脳や脊髄(せきずい)をめぐる脳脊髄液という液体が増えることで、脳が圧迫される病気です。
何らかの異常により、脳脊髄液の流れが滞ったり、特定の場所に溜まったりすることにより発症します。

原因は主に遺伝と言われますが、頭のケガやウイルス感染などによって後天的に発症することもあります。

一度発症すると完治することはありません。病状も経過も個体によって異なりますが、適切な治療を続けることで、寿命まで生きることもあります。

アップルドーム型と言われる丸い頭部を持つチワワをはじめとする小型犬種や、鼻の短い短頭種の犬によくみられます。まれではありますが、猫にも発症します。

水頭症になりやすい犬種

水頭症の症状

水頭症の症状は様々で、水がたまった脳が膨らんでくることもありますが、見た目に変化がない場合もあります。

水頭症の主な症状

  • 反応が鈍い、ぼんやりしている
  • しつけなどを覚えていられない
  • 歩き方が不自然になる
  • 成長が遅い
  • 倒れる、痙攣をおこす
  • 頭が膨らむ
  • 眼球が突出する、斜視になる
  • うなだれながら同じ場所を回る

水頭症の原因で考えられるものとは?

水頭症は「先天性」「後天性」があります。

先天性

胎児期のウイルス感染や遺伝が原因の発育不全により発症します。生後間もなく発症することが多いとされています。

後天性

頭部への外傷、脳炎、脳腫瘍などが要因です。飛行機に乗せると、気圧の変化が原因で症状が出ることもあります。

水頭症にかからないための予防・対策方法

先天性水頭症の予防は難しく、避けることができません。
後天性の場合は外傷や脳炎が原因になるので、高いところからの落下や壁への激突などで頭部を強く打たないように注意し、微生物の感染を起こさないように健康管理や予防接種をしっかり行いましょう。また、ダニ感染を予防することも大切です。

意外と高い!水頭症の治療費の実態【治療方法と治療費】

水頭症の治療方法

水頭症の治療は内科療法と外科療法があります。根本的な治療方法がないため、過剰な脳脊髄液を取り除く治療が基本です。

内科療法

脳脊髄液の量を減らし脳への圧迫を軽減する目的で利尿剤などを用います。そのほかに神経症状が起こった場合は対症療法を行います。

外科療法

脳に過剰に溜まる脳脊髄液を減量するために、脳に溜まった液を腹腔に流す手術を行います。
脳室腹腔シャント形成術と言い、脳から腹腔内まで脳脊髄液を排泄するためのチューブを設置しますが、チューブの閉塞や液の逆流などの問題が起こる場合があります。

水頭症の治療費

水頭症の治療費は、平均すると通院一度の治療費は5,000円~1万円程度、手術や入院を行う場合は20万円~35万円程度です。

通院手術・入院(5~7日)
治療費5,000 ~ 1万円/回20万 ~ 35万円

水頭症は通院治療が長く続き、場合によっては手術を伴うこともあります。

実際に、水頭症と診断されたら、何にいくらかかるのか?
診療明細の例を見てみましょう。

<初診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(初診料)11,000円
検査代金(エコー)14,000円
内服薬(1週間分)13,000円
皮下注射12,000円
合計10,000円

病院によって違ってきますが、水頭症で通院すると以上のような治療費になります。
初診の場合、問診や触診などから水頭症の可能性を探ります。可能であればエコー検査で脳室の状態を確認します。
確定診断はMRI検査で行いますので、その場合は施設によりますが10万円前後の費用が必要です。

原因が特定されれば定期的な通院と内服薬の継続が必要になるので月に5,000~10,000円くらいの治療費が必要です。もちろん体重によって治療費は変わります。

<手術の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(再診料)1500円
手術費用(入院込 約7日)1350,000円
血液検査など検査料金110,000円
内服薬(1週間分)13,000円
合計363,500円

こちらも病院によって差はありますし手術可能な病院も少ないため、手術費用は高額になります。
手術の危険性や、術後のチューブの閉塞や逆流などが起こる可能性もあります。
通常1週間程度の入院をします。その後の通院加療が必要になります。
通院・手術を重視したペット保険を考えておくことをおすすめします。

水頭症の犬・猫が加入できるペット保険はある?オススメは?

もしあなたが飼っている犬や猫が水頭症になったら、意外と医療費がかかるということがわかりました!

飼い主さんの費用負担を減らすためにも、やっぱりペット保険には加入しておきたいところですよね。

「もうすでにペット保険に加入しているよ!」という飼い主さんは、保険期間中に発症した水頭症は補償してもらえる可能性が高いでしょう。保険に加入していて本当によかったですね!

「まだペット保険に加入してないよ~」という飼い主さん。
残念ですが、すでに発症してしまった病気は補償してもらえません…。
さらに、水頭症だけでなく、それに関連した病気も補償されない可能性もあります。

「早くペット保険に入っていれば…」と身に染みて感じたのではないでしょうか?

ですが、今後もっと治療費が高い病気になるかもしれませんよね!
これから他の病気やケガになったときのために、今すぐにでもペット保険に加入しておきましょう!

水頭症になってからでも加入できるペット保険を、こちらの一覧表にまとめました!

 保険会社名水頭症のペットの加入
アイペット△脳・神経疾患
アクサダイレクト×
アニコム〇加入不可と明記なし
イーペット△脳・神経疾患
日本アニマル倶楽部△脳・中枢神経(小脳障害、前庭障害、その他脳の疾患 )
日本ペットプラス(ガーデン)△脳疾患(脳炎など)
ペッツベスト△脳・神経疾患
ペット&ファミリー×
もっとぎゅっと(あんしんペット)〇加入不可と明記なし
au損保×
FPC×
PS保険×
SBIいきいき少短×

※ペット保険への加入可否は、保険会社や審査内容によって異なるため、加入できない場合もあります。審査はケースバイケースになりますので、ご注意ください。

水頭症にかかってからでも加入できる可能性のあるペット保険は、13社中7社のみでした。
一度水頭症と診断されてしまうと、加入できそうなペット保険はとても狭まってしまうことがわかります。

特に水頭症にかかりやすいと言われている犬種の飼い主さんは、水頭症になるまえにペット保険に加入することをおすすめします。

加入できるペット保険の中で、おすすめのペット保険ランキングはこちらです!
 
 

第1位イーペット

第2位アイペット

アイペット
第3位アニコム

おすすめペット保険ランキングの詳細はこちら

まとめ

水頭症は先天性と後天性があり生涯にわたって治療を必要とする病気です。
症状が重くなると痙攣や神経症状が起こることもあり、自宅での投薬治療から入院加療になることも多く医療費がかかることも否めません。
外科手術を行う必要がある場合は、検査や手術ができる病院が限られ、さらに治療費が高額になります。

ペットたちの診療は全額負担が基本です。ペットをお迎えしたら保険加入を考えておくことも大切です。

当サイトではほかの病気・ケガについても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。

※このページに掲載している病気の特徴や治療方法等については、獣医師の監修を受けて作成しました。
しかし、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院・獣医師によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。
こちらの情報を用いて行う判断の一切について、当社は責任を負いかねます。情報の閲覧・活用等にあたっては、ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。