水頭症とは、脳の中に作られる脳脊髄液が過剰に貯留することが原因で引きこされる病気です。過剰な脳脊髄液が脳自体を圧迫してしまうことが原因で、様々な神経症状が起こります。獣医師に聞いた水頭症の症状、原因、予防・対策、治療などについて解説します。

水頭症とは

脳脊髄液は脳や脊髄の表面、脳の中心部にある脳室に存在する液体です。脳や脊髄の保護、代謝産物(老廃物)の排泄などの役割を持っています。脳に脳脊髄液を貯留しておく脳室という部位にある脈絡叢で血液からこの液を産生しています。この液は緩やかに循環し、1日に3回位入れ替わっています。この液は最終的にクモ膜と脳の間に広がり吸収される部位から血液へ戻っていきます。

水頭症はこのような役割を持つ脳脊髄液が異常に増えてしまい脳を圧迫したり、さらにひどくなると脳室が異常に広くなり脳自体が異常に薄くなってしまい歩行異常や痙攣などが起きてしまいます。
水頭症は小型犬種で発生しやすく、先天性と後天性がありますが、先天性が圧倒的に多いです。

水頭症になりやすい犬種

  • チワワ
  • ポメラニアン
  • ヨークシャ・テリア など

水頭症の症状って?

水頭症を疑うわんちゃんたちには外見上の特徴があります。
「頭の形が丸くおでこが張り出したように見えるアップルヘッド」「目の幅が広い」「泉門(頭蓋骨が融合せず穴が開いている部分)開口が大きい」が特徴的ですが、このような特徴だけで水頭症と診断することはできません。

水頭症の主な症状

  • 反応がにぶい
  • なかなか覚えられない
  • 歩き方が不自然
  • 成長が遅い
  • 興奮すると倒れたり、痙攣をおこす

考えられる原因

水頭症は「先天性」「後天性」があります。

先天性

先天性の場合は何らかの微生物の感染、その他の原因による発育不全が考えられます。
超小型犬と言われる種類に多いため遺伝がかかわる可能性もあります。

後天性

頭部への外傷、脳炎、脳腫瘍などが要因になります。

水頭症は脳脊髄液が脳内に過剰に貯留することが原因です。過剰に貯留する原因としては脳脊髄液が過剰に産生される場合と、排泄がうまくいかなくなる場合、産生過剰も閉塞もないが脳脊髄液の流れが滞り、脳室が拡大してしまうなどがあります。

水頭症にかからないための予防・対策

先天性水頭症の予防は難しいですが、先天性水頭症の子犬が生まれた親の繁殖はやめたほうがよいでしょう。
また、後天性の場合は外傷や脳炎が原因になるので、高いところからの落下や壁への激突などで頭部を強く打たないように注意し、微生物の感染を起こさないように健康管理や予防接種をしっかり行いましょう。また、ダニ感染を予防することも大切です。

水頭症にかかった場合の治療法や診療例

水頭症の治療は内科療法外科療法があります。

内科療法

脳脊髄液の量を減らし脳への圧迫を軽減する目的で利尿剤などを用います。そのほかに神経症状が起こった場合は対症療法を行います。

外科療法

脳に過剰に溜まる脳脊髄液を減量するために、脳に溜まった液を腹腔に流す手術を行います。
脳室腹腔シャント形成術と言い、脳から腹腔内まで脳脊髄液を排泄するためのチューブを設置しますが、チューブの閉塞や液の逆流などの問題が起こる場合があります。

<初診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(初診料)11,000円
検査代金(エコー)14,000円
内服薬(1週間分)13,000円
皮下注射12,000円
合計10,000円

病院によって違ってきますが、水頭症で通院すると以上のような治療費になります。
初診の場合、問診や触診などから水頭症の可能性を探ります。可能であればエコー検査で脳室の状態を確認します。確定診断はMRI検査で行いますので、その場合は施設によりますが10万円前後の費用が必要です。
原因が特定されれば定期的な通院と内服薬の継続が必要になるので月に5,000~10,000円くらいの治療費が必要です。もちろん体重によって治療費は変わります。

<手術の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(再診料)1500円
手術費用(入院込 約7日)1350,000円
血液検査など検査料金110,000円
内服薬(1週間分)13,000円
合計363,500円

こちらも病院によって差はありますし手術可能な病院も少ないため、手術費用は高額になります。手術の危険性や、術後のチューブの閉塞や逆流などが起こる可能性もあります。通常1週間程度の入院をします。その後の通院加療が必要になります。
通院・手術を重視したペット保険を考えておくことをおすすめします。

まとめ

水頭症は先天性と後天性があり生涯にわたって治療を必要とする病気です。症状が重くなると痙攣や神経症状が起こることもあり、自宅での投薬治療から入院加療になることも多く医療費がかかることも否めません。
外科手術を行う必要がある場合は、検査や手術ができる病院が限られ、さらに治療費が高額になります。
ペットたちの診療は全額負担が基本です。ペットをお迎えしたら保険加入を考えておくことも大切です。

当サイトではほかの病気・ケガについても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。