椎骨と椎骨の間にはクッションの役割をする椎間板という組織があります。椎間板ヘルニアとは、椎間板物質が何らかの原因で飛び出してしまい脊髄を圧迫し痛みが生じたり、足の麻痺がおこる病気です。獣医師に聞いた椎間板ヘルニアの症状、原因、予防・対策、治療などについて解説します。

椎間板ヘルニアとは

椎間板ヘルニアはダックスフントやビーグル、ペキニーズなどで起こりやすい神経系の疾患です。脊椎の椎間板が背側や腹側に飛び出し脊髄を圧迫してしまい痛みや軽い麻痺がおこり、重症化すると下半身麻痺や排泄困難などを引き起こします。腰に負担がかかる動き、体重超過は椎間板ヘルニアを引き起こす原因や悪化させる原因になります。
椎間板ヘルニアはあらゆる犬種で発症する可能性がありますが、特に「軟骨異栄養症性犬種」では若いころから発症しやすい傾向があります。
軟骨異栄養症とは軟骨の形成不全で骨が成長しにくくなり、骨が短くなる病気です。椎間板の変性がこの病気を持たない犬に比べて早く起こる傾向があります。

椎間板ヘルニアになりやすい犬種

  • ダックスフンド
  • ビーグル
  • ペキニーズ
  • シーズー
  • パグ など

椎間板ヘルニアの症状って?

椎間板ヘルニアの主な症状

  • 疼痛
  • 足を引きずるように歩く
  • ナックリング(足の甲を床につけて立つ)を起こす
  • 麻痺
  • 排泄困難 など

代表的な症状は上記ですが、ヘルニアを起こす部位で少し症状が異なります。

頸部椎間板ヘルニア:頸部痛、四肢麻痺
胸腰部椎間板ヘルニア:胸部・腰部痛、後肢麻痺、排尿障害、排便障害、馬尾神経障害

考えられる原因

椎間板ヘルニアの原因を説明する前に椎間板がどのような構造になっているか解説します。

椎間板は椎骨と椎骨の間にあり、脊柱にかかる衝撃を和らげるクッション材の働きがあります。椎間板の中心部分は「髄核」と呼ばれゼラチン状になっており、その周囲は「線維輪」と呼ばれる線維状の軟骨で構成されます。

椎間板ヘルニアには「ハンセン1型」「ハンセン2型」があります。
ハンセン1型は軟骨異栄養症の犬に多い型で、髄核が線維輪を突き破って脊髄を圧迫します。
ハンセン2型は加齢に伴い椎間板が石灰化した結果硬くなり、線維輪が椎間からはみ出すように突出し脊髄を圧迫します。

ハンセン1型の方は軟骨異栄養症の犬たちに多く3~7歳齢位から発症します。椎間板が徐々に脱水し硬くなり、弾力性が失われ硬くなり縮んでいきます。弾力性が失われた椎間板物質に衝撃が加わるのでもろくなった線維輪に日々のような亀裂が入り、ここから髄核が脱出してしまいます。
ハンセン2型の場合は、加齢に伴い線維輪が変化し線維輪の内部に亀裂が入り、そこに髄核が入り込むことで内側から押し上げるように脊髄を圧迫します。こちらは、8~10歳で起こることが多く大型犬でよく見られます。

椎間板ヘルニアにかからないための予防・対策

椎間板ヘルニアの予防は背骨に負担をかけないことが大切です。以下のようなことが予防対策になります。

  • 階段やソファーの上がり降りをさせない
  • 急な方向転換をさせない
  • ボールやフリスビーのキャッチ(特に腰をひねる体勢)はさせない
  • 滑りやすい床で遊ばせない
  • 爪や足裏の毛はこまめに切る
  • 体重管理

椎間板ヘルニアにかかった場合の治療法や診療例

椎間板ヘルニアの治療は内科療法外科療法があります。

内科療法:絶対安静と投薬治療を行います。投薬治療は「ステロイド系消炎剤・非ステロイド系消炎剤・末梢神経改善薬・抗生剤」などを中心に投与します。また、無理に動くことで悪化することがあるので絶対安静にしてください。

外科療法:手術を行い脊髄を圧迫している原因となる部分を取り除きます。圧迫部位の確認のためにMRI検査を行います。
手術を行うまでの時間が予後を左右するともいわれているので、早期診断・早期治療が大切です。発症から時間が経過している場合や圧迫が重度である場合は手術を行っても回復が見込めない場合もあります。

<初診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(初診料)11,000円
検査代金(レントゲン4か所)16,500円
内服薬(1週間分)15,000円
皮下注射12,000円
合計14,500円

病院によって違ってきますが、椎間板ヘルニアで受診すると以上のような治療費になります。初診の場合、問診や歩行の状態、神経学的検査、レントゲン検査などから椎間板ヘルニアの可能性を探ります。レントゲン検査を行っても椎間板の異常が確認できない場合もありますが必ず行います。
手術を行う場合はMRI検査でヘルニア部分の確定を行うので、その場合は施設によりますが10万円前後の費用が必要です。
内科療法の場合は約1か月は最低でも投薬するので、月に10,000~15,000円くらいの治療費が必要です。症状によって経過も異なりますが、将来的に手術を行わなくてはならないケースもあります。椎間板ヘルニアの診断が下された後から保険加入しても、免責事項になることがほとんどですので好発犬種をお迎えする場合は保険加入を考えておいた方がよいでしょう。

<手術の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(再診料)1500円
手術費用(入院込 約10日)1200,000円
MRI検査170,000円
血液検査110,000円
内服薬(1週間分)13,000円
合計283,500円

専門的な治療になるので手術費用は高額になります。症状が重くなるほど手術が問題なく行われたとしても症状が回復しない場合もあることを知ったうえで手術に臨みましょう。手術後、通常7~10日程度の入院し、その後は通院加療が必要になります。ペット保険には様々なタイプがあります。手術になった場合の負担が非常に大きくなりますので、保険加入の際には何を重視するのかを熟慮したうえで加入しましょう。

まとめ

椎間板ヘルニアになりやすい犬種をお迎えする際には、病気予防のために子犬のころから体重管理には十分気をつけましょう。
また、椎間板ヘルニアは進行が早く様子を見ているうちに歩けなくなってしまうこともよくあります。いつも降りることができる段差をためらう、後ろ足立ちをしなくなった、ゆっくり歩くなどの変化が見られたら早めに受診しましょう。
外科手術を行う必要がある場合は、検査や手術などで治療費が高額になることがほとんどです。
ペットの治療費は全額負担が基本であり、治療のために手術を行う場合は大きな負担になります。椎間板ヘルニアの好発犬種をお迎えする場合は保険加入を考えた方がよいでしょう。

当サイトではほかの病気・ケガについても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。