尿石症とは、膀胱などの泌尿器系に結石ができることを言います。血尿の原因や、尿道などに詰まると排尿できなくなり命にかかわることもあります。獣医師に聞いた尿石症の症状、原因、予防・対策、治療などについて解説します。

尿石症とは

尿石症は、尿道・尿管・膀胱・腎臓などの泌尿器系で結石が形成されることで起こる病気です。血尿・頻尿・排尿障害などが起こり、排尿できなくなると急性腎不全を起こし命にかかわります。尿石には多くの種類がありますが、体質・細菌感染・ドッグフードや水のミネラルバランスなどが原因で起こります。

尿石症になりやすい犬種

好発犬種はなくあらゆる犬種で発症しますが、シーズーは再発が多い傾向があります。

尿石症の症状って?

尿石症の主な症状

  • 頻尿
  • 血尿
  • 何度も排尿姿勢をとるがあまり出ていない
  • 陰部を気にして舐める
  • 尿のにおいが強い
  • 尿がにごっている
  • 尿の色が濃くなった
  • 食欲不振、元気喪失
  • 嘔吐 など

考えられる原因

尿石症が起こる原因は1つではなく、複数の原因が重なって起こります。以下に挙げた項目が原因になるといわれますが、そのうち1つだけが原因になるのではなく複数の要因が絡み合って起こります。アレルギー体質でステロイドを飲んでいたり、自己免疫疾患で免疫抑制剤を飲んでいたりすると抵抗力が下がり尿路感染を起こしやすくなります。

尿石症の考えられる原因

  • ドッグフードのミネラルバランスが体質に合わない
  • 飲水量が少ない
  • ミネラルの多いおやつの多給
  • 尿路への細菌感染
  • 水のミネラル量
  • 体質

尿石症にかからないための予防・対策

尿石症を予防するためには、以下のことに気をつけてください。

  • 良質のドッグフードを選ぶこと
  • いつでも水を飲むことができる環境
  • 尿のチェック(色・におい・にごりの有無 など)
  • 抵抗力をあげる(細菌感染が起こると尿石が形成されやすくなります)
  • カルシウムの多いおやつ、煮干しなどのミネラルの多いおやつの多給をしない

尿の中には排泄するミネラルが必ず混ざっています。このミネラルがきれいに溶けている状態では結石の前段階の結晶はできません。食塩水をイメージするとわかりやすく、水に溶かす塩が多いと下に塩がたまります。この状態は尿の中に混ざっているミネラルが多すぎて尿にとけきらない状態と同じです。溶かす塩が少なくても水が少ないと溶けきらず下にたまります。この状態は飲水量が少ない状態、または水分蒸散が多く体内の水分が少ない状態と同じです。このように考えると、尿石症にならないためには「飲水量を増やし、ミネラルを減らす」ことが大切だとわかります。

尿石症にかかった場合の治療法や診療例

尿石症の治療は基本的に薬の投与とドッグフードの変更が中心です。ドッグフードにはさまざまな種類があり、結石の種類によって使うフードが変わります。ドッグフードで溶かすことが可能な結石(結晶)と不可能な結晶があります。
検査は尿検査・レントゲン・エコー検査などを行います。

<初診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(初診料)11,000円
検査代金(レントゲン)24,500円
検査代金(エコー)13,500円
尿検査13,500円
内服薬(1週間分)13,000円
尿石対応処方食(1㎏)12,300円
合計17,800円

病院によって違ってきますが、初診時はさまざまな検査を行うため以上のような治療費になります。尿中の結石がなくなるまで治療は継続し、なくなったら結石ができないように予防していくので処方食は継続になります。1回の通院で数千円の治療費がかかります。

<手術の場合の診療明細例(小型犬)>

項目数量金額
手術費用(手術・麻酔代金・静脈留置などを含む)170,000円
注射代金12,000円
入院費(7日入院・静脈点滴)335,000円
入院中投薬代金(点滴・注射 7日分)77,000円
内服薬(退院後7日分)13,000円
尿石成分解析115,000円
合計132,000円

膀胱結石がある場合は膀胱切開を行い、結石を取り出します。この際に摘出された結石はどのような成分の石かを解析し今後の治療の参考にするので検査センターに出します。病院によって差はあり、体重や状態によっても金額が変動しますが手術の場合は以上のような治療費になります。場合によっては術前の血液検査が追加になることもあります。また、通常数日の入院を行い、その後の通院加療も必要になります。尿石症は再発することが非常に多く、処方食を食べずにほかのドッグフードを食べたりおやつを多給したりすると再度手術が必要になることがあります。尿検査を定期的に行い継続治療が必要になるので、保険の加入を検討した方がよいでしょう。

まとめ

尿石症は年齢、犬種にかかわりなく起こりますが、シーズーでは多発する傾向があります。オスの場合、尿道が細く長いために尿石ができると尿路閉塞を起こす確率が高くなります。尿石症は頻尿や尿の色や匂いの変化がありますので何かおかしいと思ったら早めに尿検査を行うことで早期治療が可能です。異常を感じなくても定期健診を行うことがもっとも大切なことです。
ペットたちの診療は保健適応にならず全額負担が基本です。手術になれば高額負担が発生し、日常的な診療でも検査等があれば高額になります。ペットをお迎えしたら保険加入を考えておくとよいでしょう。

当サイトではほかの病気・ケガについても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。