膵炎とは、膵臓から分泌される膵液という消化酵素によって消化されて、炎症を起こすことです。嘔吐や激しい腹痛を引き起こし治療が遅れると亡くなることもあります。獣医師に聞いた膵炎の症状、原因、予防・対策、治療などについて解説します。

膵炎とは

犬の膵炎は、膵臓から分泌される膵液が何らかの原因で、自分の膵臓を消化してしまい激しい炎症が起こる病気です。膵液は脂肪・炭水化物・たんぱく質を消化する消化酵素で、膵臓と十二指腸は膵管でつながり、十二指腸に膵液を分泌しています。ほぼ同じ場所に胆管がつながっているので進行すると胆管も炎症を起こし胆汁が分泌されなくなり黄疸が出ることもあります。膵炎の症状でよく見られるものは「激しい嘔吐」「激しい腹痛」が代表的で治療が遅れると亡くなることがあります。

膵炎になりやすい犬種

好発犬種はなくあらゆる犬種で発症しますが、ダックスフントや柴犬は発症が多い傾向にあります。

膵炎の症状って?

膵炎の主な症状

  • 食欲消失
  • 元気消失
  • 嘔吐
  • 腹痛
  • 祈りの姿勢(胸を床につけお尻を高く上げた姿勢
  • 下痢、血便
  • 発熱
  • 多臓器不全 など

考えられる原因

膵炎が起こる原因は1つではなく、複数の原因が重なって起こります。

膵炎の主な原因

  • 高脂肪食
  • だらだら1日中食べる
  • 肥満
  • 内分泌疾患(副腎皮質機能亢進症、糖尿病、甲状腺機能低下症など)
  • 繰り返す嘔吐下痢
  • 薬の投与 など

膵炎にかからないための予防・対策

膵炎は以下を注意すると予防につながります。

膵炎の主な予防方法

  • だらだら食べさせない
  • 高脂肪食を多給しない
  • 頻繁に吐くならば早めに受診する
  • 定期健診

膵炎は食欲不振や軽い嘔吐から始まるので、急性胃腸炎と思ってしまうことがありますが、「嘔吐が激しくなる」「嘔吐の回数が増える」などがあれば様子を見ず早めに受診することをおすすめします。
以前は膵炎の確定の検査に時間がかかっていましたが、今は院内の血液検査で確定できるようになりました。また、ダックスはほかの犬種に比べて吐くことが多いようですが、1ヶ月に数回吐くときは早めに検査を受けるか低脂肪食に変えたほうがよいかもしれません。

膵炎にかかった場合の治療法や診療例

膵炎の治療は絶食・絶水、点滴、投薬が基本になります。絶食ですが、においも消化酵素の分泌を促すので食事のにおいにも注意が必要です。嘔吐が完全に止まったら少量の水から再開し、食事は低脂肪の処方食に変更します。いつもの量の食事に戻すのは嘔吐が完全に止まってから1ヶ月ほどかかります。再発しやすいので注意しましょう。
検査は血液検査・レントゲン・エコー検査などを行います。

<初診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(初診料)11,000円
検査代金(レントゲン)24,500円
検査代金(エコー)13,500円
血液検査(一般検査・生化学検査・電解質・膵炎検査を含む)120,000円
皮下点滴12,000円
皮下注射12,000円
合計33,300円

病院によって違ってきますが、初診時は様々な検査を行うため以上のような治療費になります。膵炎の診断が出れば入院加療になります。ほとんどの場合、入院は1週間程度になります。高額になることがほとんどなので、保険加入をしておく方が安心して治療を受けることができます。

<入院の場合の診療明細例(小型犬)>

項目数量金額
入院費用(静脈留置などを含む)755,000円
注射代金721,000円
処方食(1kg)12,500円
内服薬(退院後7日分)13,000円
血液検査15,000円
合計96,500円

入院は目安として1週間としていますが、臨床症状によって変わります。また、入院費用は病院によって変動します。
退院してからも通院は約1ヶ月続くことがほとんどで、食欲不振や嘔吐がある場合は絶食にしたり再入院になったりすることもあるので、一旦回復し退院しても経過次第では再入院になることもあります。

まとめ

膵炎は犬種にかかわりなく起こりますが、ダックスや柴犬ではほかの犬種より多い傾向があります。初期症状は急性の胃腸炎や異物の摂取と似ていますが、膵炎は腹痛が非常に強く背中を丸めて動けなくなってしまったり、祈りの姿勢という独特の姿勢をとったりします。手遅れになると死亡してしまうので、治療をしているのに嘔吐が止まりにくいときには膵炎の検査を行う方がよいでしょう。ペットたちの診療は保健適応にならず全額負担が基本です。ペットをお迎えしたら保険加入を考えておくことも大切です。