糖尿病とは、膵臓から分泌されるインスリンというホルモンの不足が原因になり血糖を利用できなくなる病気です。飲水量の増加、食欲があるのにやせる、白内障などの症状が出ます。獣医師に聞いた糖尿病の症状、原因、予防・対策、治療などについて解説します。

糖尿病とは

犬の糖尿病は、膵臓から分泌されるインシュリンの不足や、十分に働かないことが原因で起こります。インスリンは血液中に存在する血糖が細胞に吸収されることを助けるホルモンですが、この働きができなくなるので食欲はあるのに体は飢餓状態におちいります。そのため注射でインスリンを打たなければならなくなります。飲水量が異常に多く、尿量も多く、食べるのにやせるならばこの病気を疑いましょう。

糖尿病になりやすい犬種

中年期以降に多く好発犬種はなくあらゆる犬種で発症しますが、肥満状態にある犬が発症しやすい傾向にあります。

糖尿病の症状って?

糖尿病の主な症状

  • 飲水量の激増
  • 食欲の増加
  • 尿量の増加
  • 体重減少
  • 嘔吐
  • 口臭の変化
  • 細菌感染しやすくなる
  • 白内障 など

考えられる原因

糖尿病が起こる原因には2つあります。

インスリンが分泌されない

インスリン依存性糖尿病とも呼ばれます。インスリンの量が不足するので、細胞に吸収されない血糖が血液中に大量にたまりますが体自体は飢餓状態になるため、脂肪やたんぱく質を分解して糖を得るようになってしまいます。その結果、ケトアシドーシスという状態を引き起こし、昏睡状態になってしまうこともあります。

インスリンが分泌されているが効き目が悪い

インスリン非依存性糖尿病とも呼ばれます。このタイプは犬では一般的ではありませんが、発情後期に一時的になることもあります。

糖尿病にかからないための予防・対策

糖尿病は以下を注意すると予防につながります。

糖尿病の主な予防方法

  • 太らせない
  • 定期的に運動する(散歩など)
  • 定期健診(尿検査、血液検査)

糖尿病にかかった場合の治療法や診療例

糖尿病の治療はインシュリン注射、食事療法が中心になります。インシュリンには作用時間や作用の早さによって数種類あり、どれをどのくらい注射するのかは実際にインシュリンを投与して決定していきます。また、注射は一生続き、血糖値のチェックのための定期健診を行いながら生涯受診しなければなりません。

<初診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(初診料)11,000円
血液検査(一般検査・生化学検査・電解質を含む)114,000円
皮下点滴12,000円
インシュリン注射12,000円
合計19,000円

病院によって違ってきますが、様々な検査を行うため以上のような治療費になります。糖尿病の診断が出れば入院加療になります。ほとんどの場合、入院は1週間程度になります。飼主様が自宅でインシュリン注射を打つようになるので、糖尿病になった場合は様々な点を家族でも話し合う必要が出てきます。治療は生涯続くので、保険加入をしておく方が安心して治療を受けることができます。

<入院の場合の診療明細例(小型犬)>

項目数量金額
入院費用(静脈留置などを含む)745,000円
注射代金(インシュリン 1日2回)714,000円
処方食(1kg)12,500円
インシュリン・シリンジなど(退院後7日分)110,000円
血液検査(1日5回)725,000円
合計96,500円

入院は目安として1週間としていますが、臨床症状によって変わります。また、入院費用は病院によって変動します。
退院してからも通院は定期的に続き、血糖値のコントロールがうまくいかない場合には再入院になることもあります。

まとめ

糖尿病は犬種にかかわりなく起こりますが、肥満傾向のある犬の方がリスクは上がります。基本的に食事の量や回数も決め、おやつなどは禁止になります。また、インシュリン注射を打つ時間も決まり、1日1回または2回打たなければならないので、飼主様の生活にも大きな影響が出てきます。一旦糖尿病になると生涯治療が続くので、太らせないようにして予防していくことと、定期的に健康診断を受けることは非常に重要です。一度診断されれば免責事項になり保険加入が難しくなります。ペットをお迎えしたら保険加入を考えておくことも大切です。