進行性網膜萎縮症とは、網膜が徐々に萎縮して機能しなくなる遺伝性の病気です。初期のうちは外見上何の変化もなく、今までどおりに行動できまるので気づきにくく、徐々に進行すると夜に見えづらくなり、散歩を嫌がったり物にぶつかったりということが増えてきます。獣医師に聞いた進行性網膜萎縮症の症状、原因、予防・対策、治療などについて解説します。

進行性網膜萎縮症とは

網膜には光を受容する視細胞があります。明るい場所では錐体細胞、暗い場所では桿体細胞が主に働きます。この視細胞に障害が起こり徐々に見えなくなっていく病気が進行性網膜萎縮症です。
進行性網膜萎縮症には「早発型」「遅発型」の2種類があります。早発型は1歳頃から始まり、遅発型は5~6歳頃から始まります。視細胞がだんだん壊れていき(アポトーシス:細胞死)最終的に見えなくなってしまいます。進行性網膜萎縮症は常染色体の異常でおこる遺伝病なので、この病気を引き起こす遺伝子を持つ犬の交配は避けるべきです。

進行性網膜萎縮症になりやすい犬種

  • ミニチュアダックスフント
  • トイプードル
  • シェルティ
  • レトリバー など

進行性網膜萎縮症の症状って?

進行性網膜萎縮症の主な症状

  • 物につまづく、ぶつかる
  • 夕暮れや夜間の散歩のときに不安そうにする
  • 歩きたがらない
  • 動作が緩慢
  • あちこち匂いながら歩くことが増えた
  • フードを探す
  • 壁伝いに歩く
  • 階段やソファーにあがらなくなった
  • 飼主と目線が合わない など

考えられる原因

進行性網膜萎縮症は常染色体の劣性遺伝です。遺伝子には優性と劣性があります。これは優れているとか劣っているという意味ではなく、その性質が強く出るか、弱くなるかということです。進行性網膜萎縮症は弱い形質が出ることで起こる遺伝病なので、親がこの遺伝子を持っていると子供にも発症してしまいます。

進行性網膜萎縮症にかからないための予防・対策

進行性網膜萎縮症を予防する方法は、この遺伝子を持つ親同士の交配を行わないことしかありません。

進行性網膜萎縮症にかかった場合の治療法や診療例

進行性網膜萎縮症の有効な治療方法は今のところありません。診断は身体検査、行動診断、眼底検査で行います。この病気を早期発見した場合は進行を遅らせる目的でルテインやアスタキサンチンなどの成分を含むサプリメントを投与することもありますが、大きな効果は期待できないことがほとんどです。

<初診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(初診料)12,000円
眼底鏡検査15,000円
サプリメント14,500円
合計11,500円

病院によって違ってきますが、様々な検査を行うため以上のような治療費になります。網膜電位検査を行える病院の場合は視力の有無などについて麻酔下で検査を行うので、費用が3万円前後かかります。有効な治療方法は残念ながらありませんので、ぶつからないような生活の工夫など環境を整えることが中心になります。

まとめ

進行性網膜萎縮症は好発があり、ダックスやトイプードルで比較的多く発症します。急に見えなくなるというよりも、発症してから2年ほど経過して失明します。残念ながら治療方法がないので、行動の変化が見られたら早めに受診しましょう。細かい眼科検査が必要になるので、受診の際には前もって診断可能かどうかを確認のうえ受診することをお勧めします。また、眼科専門医は少なく専門的な診断になった場合は上記診察例以上に診察費用が必要な場合もあります。二次的に眼科疾患を併発する場合もあるので、好発犬種をお迎えする際には保険加入を検討したほうがよいでしょう。