甲状腺機能低下症とは、甲状腺の機能が低下し甲状腺ホルモン分泌が悪くなることで体の代謝が落ちてしまう状態を言います。食欲があまりないのに体重が増える、元気がなくなる、脱毛が起こるなどの症状が代表的です。獣医師に聞いた甲状腺機能低下症の症状、原因、予防・対策、治療などについて解説します。

甲状腺機能低下症とは

犬の喉の近くに甲状腺という内分泌腺があります。甲状腺からはサイロキシンなどのホルモンが分泌されています。甲状腺ホルモンの働きは多く、心臓の働きを活発にする、糖や脂質の代謝、基礎代謝の維持など様々です。何らかの原因でホルモン分泌が低下するとこのような働きが通常より悪くなってしまい、元気消失や食欲不振などの全身症状から皮膚症状まで現れます。
甲状腺機能低下症は以下の犬種で多くみられますが、中齢~高齢の犬で発生が多いです。

甲状腺機能低下症になりやすい犬種

甲状腺機能低下症の症状って

甲状腺機能低下症の主な症状

  • 食欲不振
  • 元気消失
  • 寒がる
  • 食べないのに太る
  • 薄毛、脱毛
  • フケが多くなる
  • 皮膚の色素沈着、皮膚の肥厚
  • 繰り返し皮膚感染が起こる
  • 悲しげな表情に見える など

以上のほかにも、被毛の質が変わってしまい、波打ったように見えることもあります。

考えられる原因

甲状腺機能低下症は、原因の分からない「特発性甲状腺萎縮」と、免疫介在性の「リンパ球性甲状腺炎」が主な原因になります。
薬の副作用で甲状腺機能低下症が起こることもあるので長期間投薬が続いている場合は担当獣医師に確認しましょう。

甲状腺機能低下症にかからないための予防・対策

甲状腺機能低下症を予防する有効な方法は今のところありません。投薬が原因になる場合もあるので、何の薬が出ているのかの確認はした方がよいでしょう。

甲状腺機能低下症にかかった場合の治療法や診療例

甲状腺機能低下症の治療は「検査」「投薬」が基本です。特に処方食などもありません。疑わしい症状があれば、血液検査を行い甲状腺ホルモンの値を測定します。数値が正常値よりも低ければ投薬し、定期的に甲状腺ホルモンの数値を確認します。治療は生涯続きます。

<初診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(初診料)11,000円
検査代金(エコー)13,500円
血液検査(一般・生化学)112,000円
血液検査(甲状腺ホルモン測定)112,000円
内服薬1ヶ月分3,000円
合計31,500円

病院によって違ってきますが、初診時は様々な検査を行うため以上のような治療費になります。治療の内容にもよりますが、1回の通院で数千円の治療費がかかり、甲状腺機能低下症は治らない病気なので生涯治療が続きます。尾の脱毛(ラットテイル)、広い範囲の皮膚色素沈着、脱毛・薄毛などがある場合は皮膚疾患の治療も同時に行います。
また、細菌性皮膚炎の治りが悪い場合にも甲状腺ホルモンの分泌が絡んでいるケースがあります。皮膚疾患も併発している場合には治療費はさらにかさみます。定期的なホルモン測定などで年間の治療費はかなりかかります。治療は生涯続くので保険加入しておく方がよいでしょう。

<再診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(再診料)1500円
血液検査(甲状腺ホルモン測定)112,000円
内服薬1ヶ月分3,000円
合計15,500円

再診の場合、甲状腺ホルモンの測定は毎月行うことはまれで、安定していれば3か月に1回、安定しない場合は2か月に1回程度行います。内服薬の金額はあくまでも目安ですが、小型犬であれば提示した金額の半分程度です。他にも症状が現れた場合はそちらの治療も必要になります。

まとめ

甲状腺機能低下症は継続的な投薬が必要な病気です。甲状腺機能低下症は高齢になってから多く発症が見られます。特に、レトリバーには多く発症が見られる犬種なので気を付けなければなりません。甲状腺機能低下症は全身症状から疑われる場合と、皮膚症状から疑われる場合があります。初期症状がわかりにくいことがあるので、定期的に健康診断を行い早期発見早期治療が大切です。特に7歳以上のわんちゃんたちは年に1回の健康診断時に甲状腺ホルモンの測定を同時に行えるので確認していきましょう。