胃拡張・胃捻転

胃拡張・胃捻転とは、何らかの原因で胃が捻転を起こしてしまい、胃内にガスが充満し電解質異常や消化管壊死などを起こし命を脅かす病気です。胸の深い大型犬や小型犬ではダックスで発症しやすいといわれます。獣医師に聞いた胃拡張・胃捻転の症状、原因、予防・対策、治療などについて解説します。

胃拡張・胃捻転とは

犬の胃拡張・胃捻転は胸の深い大型犬で発症の報告が多く、死亡率が高い病気です。何らかの原因で食道~胃の部分や胃~十二指腸の部分がねじれてしまい、胃の中に内容物や発生したガスが閉じ込められてしまいます。その結果、胃にガスが充満し膨らむことで周辺の血管や臓器に大きな影響を与え、さらに体内の電解質異常が起こります。処置が遅れると命にかかわり、胃の捻転を整復しても死亡率が高い病気です。
胃拡張・胃捻転は胸の深い犬種でみられる病気です。大型犬に多いですが、小型犬でも発生します。

胃拡張・胃捻転になりやすい犬種

胃拡張・胃捻転の症状って

胃拡張・胃捻転の主な症状

  • 食欲不振
  • 元気消失
  • 嘔気(吐こうとするが吐けない)
  • 腹部膨満(急激な)
  • 呼吸困難
  • 流涎
  • けいれん
  • 意識混濁 など

考えられる原因

胃拡張・胃捻転の原因は不明な部分も多いのですが、食事や水を勢いよく摂取することや、食後すぐの運動などが原因と考えられています。

胃拡張・胃捻転にかからないための予防・対策

胃拡張・胃捻転を予防するためには、食事の回数を1回ではなく複数回にすることや、食事の後にすぐ運動しないことが大切です。水も一気に飲まさせないように心がけましょう。
人と異なり犬の胃は背骨から吊り下げられるような構造になっています。たくさん食べ、たくさん飲んだ後に運動をしたりすると膨らんだ胃がゆらゆら揺れて振り子のように動きます。動き始め、勢いがつくと一回転してしまい胃捻転が起こるといわれています。捻転が起きてしまうと自力では戻せないことがほとんどです。捻転を起こさないように食事や水の量、運動のタイミングには十分気をつけましょう。

胃拡張・胃捻転にかかった場合の治療法や診療例

胃拡張・胃捻転の治療は外科的治療が基本です。胃チューブを用いる方法や開腹手術を行うなど方法は様々ですが、内科療法のみでは難しいでしょう。

<初診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(初診料)11,000円
検査代金(レントゲン)24,500円
検査代金(エコー)13,500円
血液検査(一般・生化学)112,000円
静脈留置・静脈点滴15,000円
処置(胃チューブなどによる胃内ガスの排泄)15,000円
手術(胃捻転整復胃腹壁固定手術・麻酔込)180,000円
投薬12,000円
合計131,000円

胃拡張・胃捻転の場合は初診でそのまま手術・入院になります。一度に様々な検査や処置を行うため以上のような治療費になります。そのまま入院で継続治療になります。大型犬がかかることの多い病気で、治療費もかなり高額になります。

<入院の場合の診療明細例>

項目数量金額
入院費(5日入院、静脈点滴)530,000円
入院中投薬代金(注射 5日分)510,000円
処方食(低脂肪食・缶詰)52,000円
合計42,000円

手術後は経過観察を行いながら入院になります。手術が成功しても容体が急変することもあるので安心はできません。しばらくは食事制限もあるので処方食になります。順調に回復した場合で例を挙げていますが、回復状況によっては入院日数が延長します。
手術から順調に回復するまでで合計20万円ほどになり、かかった治療費は全額負担です。特に胃拡張・胃捻転は突然起こるため、急な出費に悩まれる方も多くいます。大型犬をお迎えした場合は医療費の負担が大きくなるので保険加入を考えておく方がよいでしょう。

まとめ

胃拡張・胃捻転は突然起こる疾患で、どのくらい早く気づくことができるかが重要です。発生から治療までの時間がかかればかかるほど救命率が低くなります。食事の量や回数、運動や遊びと食事のタイミングで予防することが可能になる病気でもあります。好発犬種に当てはまる犬種の場合は特に、急に元気がなくなったり、腹部が急に張っているように感じた場合は様子を見ないで一刻も早く動物病院を受診しましょう。突発的に起こる病気ですので万が一に備えてペットをお迎えしたら保険加入を考えておくことが大切です。

※このページに掲載している病気の特徴や治療方法等については、獣医師の監修を受けて作成しました。
しかし、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院・獣医師によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。
こちらの情報を用いて行う判断の一切について、当社は責任を負いかねます。情報の閲覧・活用等にあたっては、ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。