流涙症とは、涙が眼の外にこぼれ眼の周りが炎症を起こしてしまったり、涙やけを起こし眼の周りが茶色くなってしまったりする状態です。小型犬や短頭種に多く手術が必要になることもあります。獣医師に聞いた流涙症の症状、原因、予防・対策、治療などについて解説します。

流涙症とは

犬の流涙症は非常に多く、小型犬や短頭種に多く見られます。涙が眼の外にこぼれてしまい、眼の周囲がぬれた状態になり被毛が固まってしまったり、赤くただれたりしてしまいます。ブルドッグなどにも流涙症は多く、下眼瞼が垂れ下がったようになり涙を受け止めることができず眼の外にこぼれてしまいます。流涙症に併発して結膜炎や眼脂が増えてしまうことがあります。

流涙症になりやすい犬種

  • チワワ
  • トイプードル
  • マルチーズ
  • ブルドッグ
  • アメリカンコッカースパニエル など

流涙症の症状って

流涙症の主な症状

  • 眼の周囲が涙でぬれる
  • 目の周囲が赤くただれる
  • 涙やけ
  • 結膜炎
  • 目脂 など

考えられる原因

流涙症は「眼のかたち」「鼻涙管狭窄・閉塞」「アレルギー」が原因になることが多いです。
眼の形が原因になる流涙症は「眼瞼内反」「眼瞼外反」が代表的です。眼瞼内反とは瞼が眼の中の方向に入り込み瞬きをするとまつげが眼球を刺激し涙がたくさん出てしまう症状が現れます。角膜の表面を刺激してしまうので角膜炎を引き起こすこともあります。眼瞼外反はブルドッグやアメリカンコッカースパニエルに多く、下瞼が垂れ下がり結膜が露出してしまう状態です。下瞼は涙をためる役割をしていますが、眼瞼がたれさがったようになってしまうので涙がたまらず流れ出してしまいます。
鼻涙管は眼瞼の縁にある涙点から咽頭付近までつなぐ管で、この管が先天的に細かったり・閉塞していたり、後天的に詰まっていたりすると涙が流れなくなりあふれてしまいます。
また、犬にも花粉症を代表とする季節性アレルギーがあり、この場合アレルギー反応で涙がたくさん出てしまうこともあります。

流涙症にかからないための予防・対策

流涙症は眼の形の問題や鼻涙管狭窄・閉塞が原因になることが多いので予防することは難しいでしょう。
アレルギーの場合はアレルゲンになるものに近寄らない、アレルゲンになる花粉が飛散する時期には散歩に行かないなどの対策を立てることができます。
流涙症が原因で眼の周りがただれるときにはこまめに拭いたり、できるだけ眼に入る毛を短く切ったり、眼軟膏を塗布するなどの対策が必要です。あまりにもただれがひどいときには内服薬を併用する方が良いでしょう。

流涙症にかかった場合の治療法や診療例

流涙症の治療は手術や外用薬・内服薬の投与などの方法が考えられます。

<初診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(初診料)11,000円
眼検査13,000円
外用薬11,500円
内服薬(7日分)12,500円
合計8,000円

流涙症の場合はひとまず外用薬や内服薬で内科療法を開始します。コントロール可能な場合は内科療法を継続しますが、コントロールが困難な場合は外科的処置を行います。

<手術の場合の診療明細例>

項目数量金額
手術(眼瞼内反症整復)150,000円
エリザベスカラー(小型犬用)11,500円
注射12,000円
外用薬11,500円
内服薬(7日分)12,500円
合計57,500円

手術は行う手術内容によって異なりますが、眼瞼内反症整復と眼瞼外反症整復の費用はほぼ変わりません。また、病院によって金額が変わりますが10万円を超えることはないと考えられます。
手術後は経過観察を行いながら必要ならば短期間入院になります。抜糸後は問題なければ治療終了になります。動物の場合、保険加入していなければ全額負担になります。思わぬ事態で治療費が高額になることもありますので保険加入を考えておいた方が良いでしょう。

まとめ

流涙症の原因は「眼のかたち」「鼻涙管狭窄・閉塞」「アレルギー」が原因になることが多いです。治療を行わなければ自然に良化することはほぼなく悪化してしまうと治療が長引きます。涙が多いと感じた場合は早めに動物病院を受診して判断を仰ぎましょう。手術の場合は病院によって金額が異なるほか、他院を紹介されることもあります。症状によっては高額請求になる場合もあるので、保険に加入していると安心です。