股関節形成不全

股関節形成不全とは、股関節が正常に形成されていないことが原因になり、歩き方の異常や疼痛から歩行困難になってしまう病気です。獣医師に聞いた股関節形成不全の症状、原因、予防・対策、治療などについて解説します。

股関節形成不全とは

犬の股関節形成不全は股関節が正常に形成されなかったり、変形したりすることで歩行に異常をきたします。遺伝するといわれますが、体重の増加なども症状を悪化させる要因になるといわれています。腰を振るように歩く、散歩の途中で座り込む、後ろ足を投げ出すようにして座るなどの特徴的な症状があります。
また、大型犬に多く中型犬や小型犬での発症はまれです。症状が軽ければ鎮痛剤や減量である程度の維持は可能ですが、症状が重くなると手術が必要になります。

股関節形成不全になりやすい犬種

股関節形成不全の症状って

股関節形成不全の主な症状

  • モンローウォーク(腰を振って歩く)
  • うさぎ跳び(走るときに両後肢をそろえて走る)
  • 後肢をなげ出すように座る
  • 足を引きずる
  • 散歩の途中で座り込む
  • 立ち上がるときがぎこちない など

考えられる原因

股関節形成不全の原因は主に「遺伝」です。そのほかに悪化原因として急激な体重増加、激しすぎる運動などが挙げられます。
この病気は遺伝するので、股関節形成不全の症状のある犬は繁殖に用いるのはできるだけ控えましょう。

股関節形成不全にかからないための予防・対策

股関節形成不全は遺伝するので、予防するためには交配前に親犬を含む前の世代に股関節形成不全の犬がいないかを確認しましょう。この病気の悪化を防ぐためには「子犬のときにやせ気味に育てると良い」といわれています。
大型犬なので沢山食事を与えてしっかりした体格に育てたいとたくさん与えすぎると急激に体重が増えます。しかし骨の成長は筋肉や脂肪の増加よりも時間がかかるので、骨の成長と特に脂肪の増加がアンバランスになります。体を支える骨が成長するまでに、骨の成長に見合わない量の脂肪などが増えるとそれを支える骨に負担がかかります。このことが股関節形成不全の悪化につながるとされています。

股関節形成不全にかかった場合の治療法や診療例

股関節形成不全の治療は手術や外用薬・内服薬の投与などの方法が考えられます。

<初診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(初診料)11,000円
レントゲン36,000円
注射12,500円
内服薬(7日分)15,000円
合計14,500円

股関節形成不全の場合はひとまず鎮痛薬・内服薬で内科療法を開始します。体重オーバーの場合は減量を必ず行います。鎮痛薬などの内科療法、関節に特化した処方食などを用いる場合もあります。内科療法でコントロール可能な場合は内科療法を継続しますが、コントロールが困難な場合は外科的処置を行います。

<手術の場合の診療明細例>

項目数量金額
手術(三点骨切術・手術に必要な血液検査等含む)1200,000円
入院7日(大型犬用)735,000円
注射714,000円
内服薬(7日分)15,500円
合計254,500円

手術費用は行う手術内容によって異なりますが、人工関節を用いた場合は片足で50万円ほどする場合があります。手術後は経過観察を行いながら1週間程度入院になります。手術後もリハビリや徹底した体重管理が必要になります。動物の場合、保険加入していなければ全額負担になります。思わぬ事態で治療費が高額になることもありますので保険加入を考えておいた方が良いでしょう。

まとめ

股関節形成不全の主な原因は遺伝です。先代に股関節形成と診断されている犬の場合は繁殖を行わない方が良いでしょう。また、症状を悪化させる原因には「体重の急激な上昇」「激しすぎる運動」などが挙げられます。そのため、成長に合わせて体調管理をすることも大切です。
手術の場合は病院によって金額が異なり、他院を紹介されることもあります。特に手術は高額請求になる場合がほとんどなので、大型犬をお迎えした場合は保険加入を考えましょう。