腫瘍には、良性腫瘍と悪性腫瘍があります。良性・悪性の判別するためには腫瘍組織を病理検査に出す必要があり、見た目ではわかりません。獣医師に聞いた腫瘍 の症状、原因、予防・対策、治療などについて解説します。

犬の腫瘍とは

犬の腫瘍は高齢になるにつれ発症しやすく、腫瘍の種類によっては発生しやすい犬種があります。治療方法には、「抗がん剤」「外科手術」「放射線」などがあり腫瘍の種類や発生部位によって組み合わせます。
悪性腫瘍であるほど大きくなるスピードが速く、組織への浸潤も激しいので早期発見・早期治療が大切です。
腫瘍はあらゆる犬種で発生しますが、大型犬やダックスなどでは他の犬種に比較して多く発生する傾向があります。

腫瘍 になりやすい犬種

など

腫瘍 の症状って?

腫瘍 の主な症状

  • 食欲不振
  • 元気消失
  • 発熱
  • 疼痛
  • 腹部膨満(急激な)
  • 呼吸困難
  • 腫瘤ができる

など

考えられる原因

腫瘍 の原因は不明な部分も多いのですが、以下のものが挙げられます。

  • 遺伝子に起きた何らかの変化
  • 環境
  • 生活環境(食事内容)
  • 発がん性のある化学物質や放射線
  • 病気の原因になる微生物

腫瘍 にかからないための予防・対策

腫瘍 を予防するためには、「肥満に気を付ける」「定期的な運動・散歩」「良質なドッグフード」「ストレスがかかりすぎない生活」 などが大切です。体表の腫瘍はわかりやすいので、常日頃からチェックするなどして確認していきましょう。
体内の腫瘍、血液の腫瘍の場合は外部からはわからないことがほとんどです。元気・食欲があっても定期検診はしっかり行いましょう。

腫瘍 にかかった場合の治療法や診療例

腫瘍 の治療は外科的治療・内科的治療が基本です。血液系の腫瘍は外科適応というよりは抗がん剤などの内科療法を行います。
外科的治療の場合は病理検査の結果を見て経過観察、または抗がん剤治療にすすむことが多いです。

<初診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(初診料)11,500円
検査代金(レントゲン)24,500円
検査代金(エコー・必要な場合)13,500円
血液検査(一般・生化学)112,000円
細胞診(外部の検査機関)11,0000円
合計31,500円

腫瘍の場合は切除して病理検査になる場合と、細胞診を行ってから切除する場合・抗がん剤に進む場合にわかれます。一度に様々な検査や処置を行うため以上のような治療費になります。病院によっては細胞診を院内で行い、治療に入る場合もあります。血液の腫瘍の場合は抗がん剤に進み1週間または1か月に1度投与し、血液検査を頻繁に行うため高額になります。
血液腫瘍でない場合は切除後、悪性であれば抗がん剤や放射線に進むこともあります。
いずれにしても、治療を継続するならば高額になりますので保険加入していると治療の選択肢が増えるでしょう。

<手術の場合の診療明細例(乳腺腫瘍の場合)>

項目数量金額
手術費(乳腺部分摘出)135,000円
入院費用(注射 3日分込み)321,000円
病理検査115,000円
投薬代金(退院後 7日分)73,000円
エリザベスカラーなどその他費用13,000円
合計77,000円

手術後は経過観察を行いながら入院になります。病理検査を行い悪性・良性の判定を行い、転移の可能性は確認することをお勧めします。もしも、悪性の場合は抗がん剤治療になることがありますがこの場合は、腫瘍の種類によって使う抗がん剤が変わります。それによって通院間隔も変わりますが、投与の度に血液検査は必要なので毎回10000円~15000円は必要になることが多いです。体重が重くなるとさらに費用がかかります。放射線治療は行える施設が少ないのですが、この場合は約3日に1回全身麻酔下で放射線を当てていきます。放射線治療の場合、全課程修了までに15万円程度は必要になります。
腫瘍の場合、「腫瘍の種類」「体重」「病理検査の結果」などによって予後や治療に必要な費用も大幅に変わります。合計すると100万円を超える請求になるということもあります。動物の治療費は基本的に保険がないので、治療費は全額負担になります。医療費の負担が大きくなるので保険加入を考えておくほうがよいでしょう。

まとめ

腫瘍はその種類別に好発犬種はありますが、すべての犬に起こる可能性はあります。良性腫瘍ならば切除し経過観察でよい場合が多いのですが、悪性の場合は命の長さにかかわりますし、口腔内悪性腫瘍や骨肉腫などのように生活の質に大きな影響を与える腫瘍もあります。
保険にもさまざまな種類があり、保健適応の金額上限や日数上限があるものもあるので、加入する際には内容をしっかり吟味して加入しましょう。

当サイトではほかの病気・ケガについても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。