てんかんとは、脳の一部が異常な活動を起こすためにけいれんしたり意識を消失したりする病気です。異常を起こす脳の部位によって症状が異なり、原因が特定される場合と特定されない場合があります。獣医師に聞いたてんかんの症状、原因、予防・対策、治療などについて解説します。

てんかんとは

脳の中では、規則正しいリズムで電気が微量に流れています。このように微量に電気が流れることで、身体のコントロールや情報の伝達を行っています。しかし、この電気の流れがうまくいかなくなりショートを起こしたようになることがあります。このショートが周辺の神経回路にまで広がるとてんかん発作が起こってしまいます。
てんかん発作が1回起きただけでは「てんかん」を疑いますが、診断には至りません。てんかん発作を繰り返すようになった場合は症状が重くなる可能性もあるほか、てんかん発作が止まらなくなる(重積状態)と命にかかわるので早急な対応が必要になります。
てんかんは小型犬種で発生しやすく、先天性と後天性がありますが、先天性が圧倒的に多いです。

てんかんになりやすい犬種

  • チワワ
  • ヨークシャーテリア
  • ラブラドールレトリバー
  • ビーグル など

てんかんの症状って

てんかん発作が起こる前にほぼ決まって起きる行動やしぐさを前駆症状と言います。落ち着きなく歩き回る、食欲亢進、穴掘り行動などがあります。
てんかんには様々な種類があり、「部分発作」と「全般発作」にわけることができます。
部分発作:身体の一部だけ、もしくは意識はあるが体が動かないなどの体の一部分で起こる発作
全般発作:意識がなく全身がけいれんする発作

てんかんの主な症状

  • けいれん
  • うさぎ跳び(走るときに両後肢をそろえて走る)
  • 倒れる
  • 失禁
  • 意識がない
  • 流涎、泡を吹く
  • 何もない空間をずっと見ている
  • 何かを捕まえようとするように空間を噛む(フライバイト) など

考えられる原因

てんかんは脳にある神経の電気の流れがショートを起こしてしまうことが原因になります。
例えば、頭を強く打つような出来事、細菌やウイルスなどの感染、脳腫瘍、脳梗塞などが原因になる可能性があります。しかし、このように原因がはっきりしないこともあり、そういった場合を「特発性」と言います。他にも遺伝の関与が疑われる犬種もあります。犬の場合、原因がわからない「特発性てんかん」が多いといわれます。

てんかんにかからないための予防・対策

てんかんは突然起こったり、原因がわからなかったりすることが多いので予防が難しいのですが、まず「頭を強打しない」ことは重要です。「落下」「交通事故」「喧嘩」「廊下などで足を滑らせて不意に転ぶ」「ぶつかる」などの頭を打つ原因は引き金になります。また、微生物などの感染が長く続くことが原因になることもあり、「外耳炎」「鼻炎」など脳に近い部位の感染症には十分気をつけ、早く治療したほうがよいでしょう。
ワクチンで予防できるウイルス感染症は必ず予防し、フィラリア症予防、外部寄生虫・内部寄生虫の定期駆虫は関連がなさそうに思えますが予防として重要です。

てんかんにかかった場合の治療法や診療例

てんかんの治療は内科療法がメインです。

●内科療法
てんかんが確定されると「抗てんかん薬」を投与します。抗てんかん薬には様々な種類があり、薬の選択や投与量の決定には時間を要します。また、定期検診が必要になります。
●外科療法
原因が脳腫瘍や水頭症の場合には外科療法が適応になる場合もありますが、手術可能な設備は限られます。

<初診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(初診料)11,500円
血液検査(血液一般検査・生化学検査)112,000円
投薬(1週間分)1700円
合計14,200円

病院によって違ってきますが、てんかんの初診で受診すると以上のような治療費になります。初診の場合、問診や血液検査などからてんかんの可能性を探ります。確定診断には電気生理学的検査やMRI・CT、脳脊髄液検査などの精密検査が必要になります。

<精密検査の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(再診料)1500円
MRI検査180,000円
脳脊髄液検査135,000円
電気生理学的検査140,000円
レントゲン検査15,000円
血液検査112,000円
合計172,500円

以上の検査内容に投薬代金が加算されます。しかし、以上のような精密検査可能な病院は多くありませんので高額になるのは否めません。検査の結果、脳腫瘍などが発見されなかった場合は「特発性てんかん」と診断されますし、脳腫瘍などが発見された場合は手術を行うかどうかを検討することになり、いずれにしても高額になります。投薬代金はそれほど高額にはなりませんが、検査や手術は特殊なものになるので保険加入しておかれることをお勧めします。

まとめ

てんかんは100頭に1頭の割合で起こるといわれています。原因が特定できない「特発性てんかん」が占める割合が多いです。また、いつもと違う行動が起こった後にてんかんが起こることがほとんどなので、てんかん発作が起こるパターンを見つけるとてんかんが起こる予測ができるケースもあります。てんかんは治ることがほぼなく、生涯薬を飲み続けることがほとんどです。症状がひどくなると重積という状態になり発作が止まらなくなることもあります。一生付き合う病気になる可能性はすべてのペットにあるので、保険加入を考えておかれることが大切です。