肥大型心筋症

心筋症とは心臓を構成している心筋が正常に働かなくなる病気で、「拡張型」「肥大型」「梗塞型」があります。一般的に拡張型心筋症や肥大型心筋症は猫に多いといわれています。心臓が正常に働かなくなるので、循環不全から血栓が飛んでしまい後肢麻痺などの症状も起こります。獣医師に聞いた肥大型心筋症の症状、原因、予防・対策、治療などについて解説します。

肥大型心筋症とは

猫の心筋症で最も多くみられるのは、「肥大型心筋症」です。この病気は主に左心室の心筋が心臓の中心に向かって分厚くなり、その結果心室が広がりにくく拡張障害を起こします。左心室が広がりにくくなると血液が左心房に溜まり気味になります。左心房は肺静脈につながっているため左心室・左心房で起こったトラブルが肺にも影響を与え、肺水腫や胸水が発症し呼吸困難を起こします。そのほかにも、血液循環が悪くなり呼吸にも異常を起こし、血栓ができやすい状態になります。血液の流れに乗った血栓は細い血管や血管の分岐している部位などにひっかかり血流を止めてしまいます。その結果、動脈血栓塞栓症を引き起こし後肢麻痺が起こることもあります。
肥大型心筋症は全ての年代の猫で発症し、オスに多いといわれていますが、遺伝子変異や家族性の発症もあります。

肥大型心筋症になりやすい猫種

肥大型心筋症の症状って

肥大型心筋症の主な症状

  • 全く症状がない
  • 呼吸困難
  • 開口呼吸
  • 失神
  • 後肢麻痺
  • 後肢の冷感 など

考えられる原因

肥大型心筋症は原因がはっきりしない特発性が多く、ほかの病気から二次的に起こる場合や遺伝性・家族性もあります。
心筋症の一種の拡張型心筋症はタウリンという栄養素の不足が原因とされていましたが、現在では特発性と言われており発症の原因については不明な部分の多い病気です。

肥大型心筋症にかからないための予防・対策

肥大型心筋症は残念ながら予防することはできません。
初期の場合は症状がないこともあるため、早期発見・早期治療が大切になります。好発猫種では、若齢期から検査を行い定期的にチェックしておく方がよいでしょう。
歩き方がふらふらしていたり、後肢を触ったときに嫌がる・冷たい場合はこの病気を疑います。でも、病状が進行すると肢の先端から壊死が起こる場合もあり、回復が難しくなるので日ごろのチェックが大切です。

肥大型心筋症にかかった場合の治療法や診療例

肥大型心筋症の治療は内科療法です。様々な症状が起こるので、対症療法を行います。
以下のような薬を用いるほか、症状に合わせて酸素吸入や胸水抜去を施します。

対処療法で使用する主な薬

  • 利尿剤
  • 抗不整脈薬
  • ACE阻害薬
  • β遮断薬

<初診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(初診料)11,000円
検査代金(エコー)14,000円
レントゲン検査14,500円
血液検査112,000円
心電図13,500円
内服薬(7日分)13,000円
合計28,000円

病院によって違ってきますが、肥大型心筋症で通院すると以上のような治療費になります。初診の場合、様々な検査を行うので時間の余裕をもって受診しましょう。また、診断が下りた場合は生涯治療が必要になる病気で、治ることはありません。症状は徐々に進行するので、治療費がかさみます。原因が特定されれば定期的な通院と内服薬の継続が必要になるので月に最低1万円ほどの治療費が必要です。ペットの病気は全て自己負担が基本です。好発猫種をお迎えされる場合は保険加入を考えたほうがよいでしょう。

<入院の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(再診料)1500円
入院費用(約7日)150,000円
血液検査など検査料金110,000円
内服薬(1週間分)13,000円
合計63,500円

心不全を起こした場合を想定した例ですが、呼吸状態が回復し、心不全の状態が安定したらいったん退院し、投薬通院を行うようになります。血栓塞栓症を起こした場合はまた変わり、治療費は2倍以上かかりリスクもかなり高くなります。心筋症は治る病気ではなく、突然死の恐れもあります。生涯、治療が必要な病気です。

まとめ

肥大型心筋症は原因がわからない特発性が多く、遺伝性・家族性の場合も猫種によっては考えられます。無症状のこともあるので、定期検診を行い早期発見・早期治療が重要になります。根本的な治療法はなく、症状にあわせて治療を行い、治療は生涯続きます。かかりつけの動物病院と治療方針やリスクについて十分話し合い、少しでもおかしいと思う点があれば早めに受診しましょう。

※このページに掲載している病気の特徴や治療方法等については、獣医師の監修を受けて作成しました。
しかし、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院・獣医師によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。
こちらの情報を用いて行う判断の一切について、当社は責任を負いかねます。情報の閲覧・活用等にあたっては、ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。