毛球症

毛球症とは猫が被毛の手入れを行うときに抜けてしまった毛を飲み込んでしまい、その毛が胃内で固まり球状になる症状です。この毛球が胃の動きの妨げになり嘔吐・食欲不振・便秘の原因になったり、閉塞の原因になったりします。獣医師に聞いた球症の症状、原因、予防・対策、治療などについて解説します。

毛球症とは

猫の毛球症とは胃や腸の消化管内にグルーミングで飲み込んだ被毛が毛玉状になり、食欲不振・嘔吐・便秘の原因になります。
吐き出したり、便とともに排泄できたりすれば大きな問題は起こりませんが、排泄できない場合は通過障害が起こり食欲不振や吐き気、便秘などの体調不良の原因になります。
毛球症は全ての年代の猫で発症しますが、短毛種より長毛種に多い傾向があります。

毛球症になりやすい猫種

毛球症の症状って

毛球症の主な症状

  • 食欲不振
  • 嘔吐
  • 便秘
  • 便が毛でつながって排泄される など

考えられる原因

毛球症の主な原因は「グルーミングのやりすぎ」「消化機能の低下」「手入れ不足」などです。
長毛種の場合は飲み込む毛の量が多くなるため、嘔吐や便とともに排泄されなければ消化管内で詰まってしまいます。特に換毛期にブラッシングをしっかり行わないと、猫自身が過剰にグルーミングを行い飲み込んでしまう毛の量が増えてしまうので注意が必要です。
また、高齢になると消化管の動きも低下してしまい飲み込んだ被毛を嘔吐や排便で排泄しにくくなるので気を付けましょう。

毛球症にかからないための予防・対策

毛球症は「ブラッシング」「毛球症対策用のサプリメント」「毛球症対策用のフード」で予防可能です。
ブラッシングは飼主自身が行う必要がありますが、中にはブラッシングを非常に嫌う猫もいます。定期的にトリミングに連れて行くか、短くカットするのもよいでしょう。サプリメントは歯磨き粉のチューブのような形状のものがあり、1日1回程度舐めさせます。
ブラッシングが嫌いな猫の場合は難しいかも知れませんが、やはり飲み込ませないことが一番です。ブラッシングはしっかり行いたい対策です。

毛球症にかかった場合の治療法や診療例

毛球症の治療は基本的には内科療法ですが、重症化した場合は入院や開腹手術を行う場合もあります。

<初診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(初診料)11,000円
レントゲン検査14,500円
レントゲン検査(造影)17,500円
血液検査112,000円
皮下点滴12,000円
内服薬12,000円
合計29,000円

病院によって違ってきますが、毛球症で通院すると以上のような治療費になります。初診の場合、様々な検査を行いますので時間の余裕をもって受診しましょう。消化管内の様子を確認するために造影を行うことがあります。いったん預けて検査に1日かかることもあります。手術が必要な状態であればそのまま入院になることもあります。ペットの病気は全て自己負担が基本です。ペットをお迎えされる場合は保険加入を考えたほうがよいでしょう。

<手術の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(再診料)1500円
手術(胃切開)140,000円
入院費用(約7日)150,000円
血液検査など検査料金110,000円
内服薬(1週間分)13,000円
合計103,500円

造影検査の結果、胃壁に毛が付着するようにある場合は手術を行い毛球を取り除くこともあります。この場合は絶食した後に水から食事を再開していくので入院期間が長くなります。毛球症は毛を飲み込ませすぎないことが最大の予防になります。飲み込んだ後に対策を立てるのではなく、あくまでも予防が大切です。

まとめ

毛球症は「ブラッシング不足」「グルーミングのやりすぎ」「消化器の機能低下」などが原因になります。いずれにしても、飲み込む毛の量が少なければ問題にならないことがほとんどです。毛玉を吐いたり、便に混じって排泄されたりすれば良いのですが、消化管内に溜まってしまうと閉塞や消化管が破れてしまい腹膜炎を起こすこともありえます。予防できる病気なので「サプリメント」「予防用のフード」「ブラッシング」をしっかり行いましょう。

※このページに掲載している病気の特徴や治療方法等については、獣医師の監修を受けて作成しました。
しかし、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院・獣医師によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。
こちらの情報を用いて行う判断の一切について、当社は責任を負いかねます。情報の閲覧・活用等にあたっては、ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。