猫風邪

【獣医師監修】あなたのペットが猫風邪と診断されたらどうしたらいい?早く治してあげたいけど、どんな治療方法があるの?治療費や薬代はいくらくらいかかる?とんでもなく高額になったらどうしよう!ペット保険で補償してもらえる?
そんな不安を解消するために、猫風邪の症状や原因、予防方法や対策、治し方と治療費、おすすめのペット保険についてまとめました。

早期発見のカギ!犬・猫がかかる猫風邪の症状・原因・予防法

猫風邪の症状

猫が発症する猫風邪は、ウイルスや菌などの感染により、目やにやくしゃみ、咳、また熱などが出るヒトでいう風邪のような症状を指します。

「猫風邪」は、猫ウイルス性鼻気管炎・猫カリシウイルス感染症・猫クラミジア感染症などのウイルス感染症を総称したものです。
動物病院でも、飼い主さんに分かりやすいよう「猫風邪」と説明することも多いです。

初期は透明な鼻水やくしゃみが出て、眼が腫れて涙目になり、目やにが増えるなどの症状が現れます。
軽度の場合は、2~3日で症状が治まる場合もありますが、状態が進むと、元気や食欲までなくなります。初期に治療を行うと短期間でよくなることが多いです。

症状だけでは判断できませんが、カリシウイルスは口の中や舌に水疱や潰瘍ができることも特徴的です。
また、カリシウイルスについては全身性にかなり重篤化する例もあります。

<猫風邪の主な症状>

  • 鼻水、くしゃみ
  • 目が赤い、腫れる
  • 涙、目やに
  • 発熱
  • 口内炎(カリシウイルス)

など

猫風邪の原因で考えられるものとは?

猫風邪は、ヘルペスウイルスや、カリシウイルス、クラミジア、マイコプラズマの感染により、引き起こされます。

環境の変化や密な多頭飼育などのストレスのかかる状況、免疫の低下が引き金となり症状が現れます。
免疫が低下しやすい慢性的な病気や、猫免疫不全ウイルス(FIV)、猫白血病ウイルス(FeLV)の感染が同時に起こると、猫風邪が重症化することもあります。

<猫風邪の原因>

  • ヘルペスウイルス
  • カリシウイルス
  • クラミジア
  • マイコプラズマ

猫風邪にかからないための予防・対策方法

猫風邪にかからない、または重症化させないためには、定期的なワクチン接種を行うことが重要です。ワクチン接種を行っていると、発症時の症状を軽減できます。

猫風邪はウイルスなどに感染している猫と接触することで、感染・発症します。
同居猫が感染していない場合は、完全室内飼育をお勧めします。
免疫の弱い子猫の時期は重症化しやすいので、すでにウイルスなどに感染している同居猫がいる場合は、子猫と別々に生活させることも考えましょう。

猫風邪になり、鼻が詰まってにおいを感じられなくなっているときや症状が進んでいるときには、食欲が低下することがあります。
慢性的な腎臓病など大きな病気を抱えていないのであれば、缶詰など日ごろ食べないようなおいしい食事に変えてみるのも一つの手です。
缶詰の中でも「総合栄養食」という表記のあるものを選ぶと栄養のバランスが良いためオススメです。
さらに、缶詰を人肌ぐらいまで温めると食欲がわくこともあります(よく混ぜながら、電子レンジ10秒から20秒を繰り返す)。
冷たい方が食べる猫もおり、猫の状態によりさまざまなので、そのときの好みを探ってみましょう。
猫風邪は猫自身の体力や免疫力が上がることがなによりの治療になります。
食欲があるうちに受診することも、重症化させないためには大切なポイントです。

猫風邪になりやすい猫種はありませんが、よく外に出ていて他の猫からの感染機会が多い猫や、野良猫など保護された猫に多い傾向にあります。
密な多頭飼育などの場合、一匹が発症すると全頭に感染が広がり、すぐに症状が進む例もみられます。
猫風邪になってしまった場合は、くしゃみだけだからと放っておかず、早めの受診を心がけてください。

意外と高い!猫風邪の治療費の実態【治療方法と治療費】

猫風邪の治療方法

猫風邪にかかった場合、その治療は内用薬や外用薬など薬物療法が中心になります。
内用薬は抗生剤や抗ウイルス薬などです。
外用薬としてはインターフェロンと抗生剤の入った点眼点鼻薬が使われることが多く、インターフェロンを注射で投与する場合もあります。

また、脱水がみられる場合には皮下点滴や、食欲が低下していれば胃腸を動かす薬を投与するなど、症状に対して対症療法が行われます。

猫風邪の治療費

猫風邪の治療費は、平均すると一度の治療費は5,000~7,000円程度。

通院(5~10回)
治療費5,000 ~ 7,000円/回

実際に、猫風邪と診断されたら、何にいくらかかるのか?
診療明細の例を見てみましょう。

<初診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(初診料)11,000円
内服薬(抗生剤)12,000円
点眼点鼻薬13,000円
合計6,000円

病院によって違ってきますが、猫風邪で通院すると以上のような治療費になります。
目やにやくしゃみのみで軽度であれば、点眼点鼻薬のみ処方されることもあります。
通常は内用薬や外用薬のみの処方で済むことも多いですが、元気、食欲がないときには検査やさらなる治療が必要になります

1回の通院で数千円~1万円台の治療費がかかり、もちろん全て自己負担が基本です。

<元気、食欲がない重症例の診療明細例>

項目数量金額
診察料(初診料)11,000円
採血料1500円
血液検査14,500円
インターフェロン注射(体重による)13,500円
皮下点滴12,500円
内服薬(抗生剤)72,000円
点眼点鼻薬13,000円
合計17,000円

こちらも病院によって差はありますが、詳しい検査や治療が必要な場合はこのような費用になります。
これは一例なので、症状によってさらなる検査や投薬が加わる場合もあります。

費用に不安があり詳しい説明が必要であれば、その旨を動物病院側に伝え、どの検査をするか、料金はどのぐらいかを検査を行う前に獣医師に説明してもらい、相談しましょう。

完治した場合も、ストレスなどで猫の免疫が低下すると、何度もぶり返すことも多いです。

そういったこともあり、かかりやすく再発しやすい傷病であることから、通院を重視したペット保険を考えておくのも一つの手です。

猫風邪の猫が加入できるペット保険はある?オススメは?

もしあなたが飼っている猫が猫風邪になったら、意外と医療費がかかるということがわかりました!

飼い主さんの費用負担を減らすためにも、やっぱりペット保険には加入しておきたいところですよね。

「もうすでにペット保険に加入しているよ!」という飼い主さんは、保険期間中に発症した猫風邪で、ワクチン接種で予防措置をしている場合には補償してもらえます。保険に加入していて本当によかったですね!

また、「まだペット保険に加入してないよ~」という飼い主さん。
残念ですが、すでに発症してしまった病気は補償してもらえません…。
さらに、猫風邪だけでなく、それに関連した病気も補償されない可能性もあります。

「早くペット保険に入っていれば…」と身に染みて感じたのではないでしょうか?

ですが、今後もっと治療費が高い病気になるかもしれませんよね!
これから他の病気やケガになったときのために、今すぐにでもペット保険に加入しておきましょう!

猫風邪になってからでも加入できるペット保険を、こちらの一覧表にまとめました!

 保険会社名猫風邪のペットの加入
アイペット〇加入不可と明記なし
アクサダイレクト〇加入不可と明記なし
アニコム〇加入不可と明記なし
イーペット×3か月以内に治療を受けている場合は加入不可
日本アニマル倶楽部〇加入不可と明記なし
日本ペットプラス(ガーデン)〇加入不可と明記なし
ペッツベスト〇加入不可と明記なし
ペット&ファミリー〇加入不可と明記なし
もっとぎゅっと(あんしんペット)〇加入不可と明記なし
au損保〇加入不可と明記なし
FPC〇加入不可と明記なし
PS保険〇加入不可と明記なし
SBIいきいき少短〇加入不可と明記なし

※ペット保険への加入可否は、保険会社や審査内容によって異なるため、加入できない場合もあります。審査はケースバイケースになりますので、ご注意ください。

こちらのように13社中12社は、猫風邪でも加入できます!
ほとんどのペット保険には問題なく加入できるんですね!

13社のうち、唯一イーペットだけは3カ月以内に治療を受けている場合は加入不可となっています。
もしあなたのペットが猫風邪の治療中の場合、加入が難しいかもしれません…。

加入できるペット保険の中で、おすすめのペット保険ランキングはこちらです!

第1位FPCペット保険

第2位PS保険

第3位日本ペットプラス(ガーデン)

おすすめペット保険ランキングの詳細はこちら

まとめ

飼い主さんがまずできることは、定期的なワクチン接種を受けさせることです。獣医師と相談しながら、どのワクチンをどのような期間で受けるか決めましょう。

そして、万一発症してしまった場合は、症状を放っておかずに、獣医師の診察を受けてください。

愛猫は体調が悪くても話すことができません。
小さなうちからよく観察し、愛猫を守っていってください。

当サイトではほかの病気・ケガやおすすめペット保険ランキングについても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。