結膜炎

【獣医師監修】あなたのペットが結膜炎と診断されたらどうしたらいい?早く治してあげたいけど、どんな治療方法があるの?治療費や薬代はいくらくらいかかる?とんでもなく高額になったらどうしよう!ペット保険で補償してもらえる?
そんな不安を解消するために、結膜炎の症状や原因、予防方法や対策、治し方と治療費、おすすめのペット保険についてまとめました。

早期発見のカギ!犬・猫がかかる結膜炎の症状・原因・予防法

結膜炎の症状

結膜とは、角膜以外の眼球(白目の部分)の表面やまぶたの裏の表面を覆っている薄い膜です。その部分が感染や寄生虫などにより炎症を起こした病気を結膜炎といいます。

結膜炎の主な症状は白目が赤くなること(充血)と目やにが増えることです。また、涙が出るといった症状も現れます。
ひどくなると、まぶたが腫れて、まぶたと眼の間から充血した結膜が膨れて見えることもあります。

結膜炎の主な症状

  • 目が赤い
  • 涙目になる
  • 目やにが増える
  • 目が腫れる

など

人間では結膜炎はかゆみを引き起こしますが、動物も結膜炎により刺激を感じます。
ただ、眼の表面の傷など他の病気がない限り、痛みはありません。

痛みは感じないのですが、違和感はあるため、以下のような仕草をすることがあります。
ペットのこういった仕草には注意してあげましょう。

動物が眼に刺激を感じた時の仕草

  • 眼を気にして引っ掻く
  • 眼をソファーや床にこすりつける
  • まぶたを閉じ気味にする

ごく軽度の場合は1、2日程度で症状がみられなくなることもあります。

白目が赤い、目やにが出るといった症状すべてが結膜炎であるとは限りません。
結膜炎の主な症状は他の目の病気などでも現れる症状です。
以下の病気の可能性もあります。

結膜炎と間違えやすい病気(併発している場合も)

  • 角膜潰瘍
  • 緑内障
  • 涙膜異常
  • 眼瞼炎
  • 眼周囲の皮膚疾患
  • 異所性睫毛
  • 睫毛乱生

など

こういった病気の可能性もありますので、ペットの目に異常を感じたら、すぐに動物病院に連れていくことがオススメです。

結膜炎の原因で考えられるものとは?

結膜炎は、動物にストレスがかかったときなど、免疫が弱くなっているときに発症しやすくなります。
原因は、細菌、真菌やウイルス、寄生虫の感染、またアレルギーや免疫異常などが挙げられます。

例えば、猫ではヘルペスウイルスやクラミジアなどの感染が原因になることが多いです。
犬猫の寄生虫によるものでは、春から夏の時期にかけて、西日本を中心に東洋眼虫という白く細長い虫がまぶたと目の間に寄生し、結膜炎を引き起こすことがあります。

結膜炎の原因

<犬>

  • 細菌
  • ウイルス(特にジステンパー)
  • 寄生虫・
  • アレルギー
  • 免疫異常
  • 物理的な刺激(毛など)

など

<猫>

  • ウイルス(主にヘルペスウイルス)
  • クラミジア
  • 寄生虫
  • アレルギー
  • 免疫異常

など

結膜炎にかからないための予防・対策方法

子犬、子猫の時期は特にワクチン実施をきちんと行いましょう。

猫ではまだヘルペスウイルス(またはカリシウイルスなど)に感染していないと考えられる場合は、感染猫との接触を避けることが勧められます。
完全室内飼育にすることや、免疫の弱い子猫は感染猫から一時的に隔離するなどの対処が必要です。

ヘルペスウイルスなど、悪化すると目の表面の傷(角膜びらん、角膜潰瘍)を引き起こしたり、くしゃみが出たりするほか、重症化すれば元気や食欲がなくなって治りにくくなる場合があります。
子猫は特に重症化しやすく、命にかかわる状態になることもあります。
早めの受診を心がけてください。

また、目が赤い、涙が出る、目やにが出るなどの症状は結膜炎以外のいろいろな目の病気でもみられるものです。
症状が良くならず、悪化するようであれば、動物病院に連れて行ってください。

犬であれば、眼に毛が入りやすい長毛種や眼が出ている犬種などは特に気を付けなければいけません。
毛の刺激が原因で結膜炎を繰り返す場合は、トリミングや動物病院などで定期的に眼周りの毛を切ってもらいましょう。

動物病院での受診の際には、最初は片目で起こったか(その場合はどちらの目か)、両目とも同時に起こったか、目やにがあればどのような目やにだったか(目やにの色、量の変化など)、以前も起こったことがあるか、目を眩しそうに瞬きをしているか、まぶたを閉じ気味にしていないか、くしゃみや元気食欲など他の症状はないか獣医師に伝えましょう。

飼っている動物の症状を獣医師に伝えられるのは、一緒に暮らしている飼い主しかいません。分かる範囲で詳しく伝えてください。

結膜炎になりやすい犬種

など

結膜炎になりやすい猫

  • 猫風邪になったことがある猫
  • まぶたなどの構造により毛が眼の中に入りやすい猫

など

結膜炎の治療費の実態【治療方法と治療費】

結膜炎の治療方法

結膜炎にかかった場合、その治療は抗生剤の点眼や軟膏が中心になります。
アレルギーが原因と思われる場合は抗炎症成分の入った点眼や軟膏が処方されることもあります。

結膜炎で、早期に受診された場合は、比較的短期間で回復します。
猫でヘルペスウイルスの感染が疑われた場合、症状の重症度や必要に応じて抗ウイルス薬が処方される場合もあります。
他の病気を併発している場合にはそちらの治療も行われます。

経過を観察しつつ、獣医師の指示に従い、動物病院に通院しましょう。

点眼の時間や回数など、自分のライフスタイルと治療を両立できるように、獣医師と飼い主で話し合い、治療方法を決めるようにしましょう。

結膜炎の治療費

結膜炎の治療費は、平均すると一度の治療費は3,000~5,000円程度。
ですが、完治するまでには長期的な通院が必要となるので、最終的に治療費が高額になることも。

通院(5~10回)
治療費3,000~5,000円/回

実際に、結膜炎と診断されたら、何にいくらかかるのか?
診療明細の例を見てみましょう。

<初診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(初診料)11,500円
塗抹検査11,600円
点眼薬(または軟膏12,000円
合計5,100円

病院によって違ってきますが、結膜炎で通院すると以上のような治療費になります。
初診の場合、軽度であれば、眼の状態を確認して、外用薬(点眼薬など)のみ処方される場合もあります。

獣医師が必要であると判断した場合は、綿棒のようなもので結膜を軽くこすって、顕微鏡で病原体(細菌など)やどのような細胞がみられるかを検査します。
ただ、症状により他の病気が疑われる場合は、他に眼の詳しい検査(フルオレセイン染色、眼圧検査など)を行います。

1回の通院で数千円の治療費がかかり、もちろん全て自己負担が基本です。
費用に不安があり、詳しい説明が必要であれば、その旨を動物病院側に伝え、どの検査をするか、料金はどのぐらいかを検査を行う前に獣医師に説明してもらい、相談しましょう。

<再診の場合の診療明細例>

項目数量金額
診察料(再診料)1500円
点眼薬(または軟膏12,000円
合計2,500円

こちらも病院によって差はありますが、軽度で症状が治っている場合、再診ではこちらのような治療費になります。
症状が治っている場合は再度の診察で治療終了となります。症状が良くならない場合は薬の継続、または追加や(アレルギーが疑われる場合は抗炎症作用のある点眼、軟膏など)、他の病気を探すための検査が行われる場合があります。

一般的にあらゆる犬猫がかかる病気であることから、通院を重視したペット保険を考えておくのも一つの手です。

結膜炎の犬・猫が加入できるペット保険はある?オススメは?

もしあなたが飼っている犬や猫が結膜炎になったら、意外と医療費がかかるということがわかりました!

飼い主さんの費用負担を減らすためにも、やっぱりペット保険には加入しておきたいところですよね。

「もうすでにペット保険に加入しているよ!」という飼い主さんは、保険期間中に発症した結膜炎は補償してもらえます。保険に加入していて本当によかったですね!

また、「まだペット保険に加入してないよ~」という飼い主さん。
残念ですが、すでに発症してしまった病気は補償してもらえません…。
さらに、結膜炎だけでなく、それに関連した病気も補償されない可能性もあります。

「早くペット保険に入っていれば…」と身に染みて感じたのではないでしょうか?

ですが、今後もっと治療費が高い病気になるかもしれませんよね!
これから他の病気やケガになったときのために、今すぐにでもペット保険に加入しておきましょう!

結膜炎になってからでも加入できるペット保険を、こちらの一覧表にまとめました!

 保険会社名結膜炎のペットの加入
アイペット〇加入不可と明記なし
アクサダイレクト〇加入不可と明記なし
アニコム〇加入不可と明記なし
イーペット×3か月以内に治療を受けている場合は加入不可
日本アニマル倶楽部〇加入不可と明記なし
日本ペットプラス(ガーデン)〇加入不可と明記なし
ペッツベスト〇加入不可と明記なし
ペット&ファミリー〇加入不可と明記なし
もっとぎゅっと(あんしんペット)〇加入不可と明記なし
au損保〇加入不可と明記なし
FPC〇加入不可と明記なし
PS保険〇加入不可と明記なし
SBIいきいき少短〇加入不可と明記なし

※ペット保険への加入可否は、保険会社や審査内容によって異なるため、加入できない場合もあります。審査はケースバイケースになりますので、ご注意ください。

こちらのように13社中12社は、結膜炎でも加入できます!
ほとんどのペット保険には問題なく加入できるんですね!

13社のうち、唯一イーペットだけは3カ月以内に治療を受けている場合は加入不可となっています。
もしあなたのペットが結膜炎の治療中の場合、加入が難しいかもしれません…。

加入できるペット保険の中で、おすすめのペット保険ランキングはこちらです!
 
 

第1位FPCペット保険

第2位PS保険

第3位日本ペットプラス(ガーデン)

おすすめペット保険ランキングの詳細はこちら

まとめ

飼い主さんがまずできることは、日ごろから動物の目の状態をよく気にしてみておくことです。
また、症状があれば、早めに動物病院に連れていくことです。

愛犬、愛猫は体調が悪くても話すことができません。
小さなうちからよく観察し、愛犬、愛猫を守っていってください。

当サイトではほかの病気・ケガやおすすめペット保険ランキングについても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。

※このページに掲載している病気の特徴や治療方法等については、獣医師の監修を受けて作成しました。
しかし、実際にどのような治療を行うかは、ペットの状態・種類等はもちろん動物病院・獣医師によっても異なりますので、あくまで参考情報としてご利用ください。
こちらの情報を用いて行う判断の一切について、当社は責任を負いかねます。情報の閲覧・活用等にあたっては、ご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。