愛犬のお口チェックきちんと行っていますか?今「ドキッ」とした方は多いのではないでしょうか?愛犬の口内環境があまりよくないと分かっていても、ついつい放ったらかしにしがち…でも、ちょっと待って!
じつは3歳以上の犬の8割は歯周病を発症しています。歯周病はほとんどの犬がかかるといってもいい、恐ろしい病気です。あなたの愛犬は大丈夫ですか?これを機に、歯周病についての知識を深めていきましょう。

「愛犬の口がにおう」「硬い食べ物を食べなくなった」少しでも心当たりがあれば、既にお口の中の危険信号が点滅しています。

愛犬は自分で歯磨きができないうえに、歯を気遣った食べ物を自分で選ぶこともできません。愛犬の口の中を守るのは飼い主の役目です!

まずは歯周病の正しい知識から一緒に勉強していきましょう。

口臭は歯周病のサイン?

「うちの子、お口がクサイ…」そう感じたことのある飼い主さんは多いのでは?口がにおう原因には以下のようなものがあります。

  • 口の中が不潔なこと
  • 胃腸の調子が悪いこと
  • 食べ物のカスが酸化、腐敗すること
  • 口の中が乾燥すること

上記の中でもニオイを悪化させる原因は、口の中が不潔な状態になることがほとんどなんです。「ニオイがきつくなってきた…」「口の中が生臭い」と感じるときは、歯周病を起こしているかもしれません!

そもそも、「歯周病」とはどんな病気なのでしょうか?歯周病とは、歯周病菌が原因となり、歯、歯肉、骨などに炎症を起こす病気です。

似たような病気で歯肉炎というものがありますが、歯周病は歯肉以外の場所にも炎症を起こす重大な病気なんです。歯周病は下記のような症状が特徴です。

  • 歯肉の赤み
  • 口臭がキツイ
  • 鼻から膿が出てくる
  • 硬いものが噛めず、食欲が減退する
  • 歯がグラつく

歯周病は、口の中に残った歯垢が唾液中のカルシウムによって歯石となり、さらにその上に歯垢が付着し歯石になる悪循環のなかで、口内環境がどんどん悪化することで起こります。

歯磨きを怠ると、愛犬の口の中が深刻な状態に…毎日のケアはもちろん大事ですが、愛犬の口臭の変化に気づくことも大切なこと!

口臭がキツイと感じる頃には病気が悪化していることもあるため、注意が必要です。

うちの子は大丈夫?愛犬の歯の状態をチェック!イラストで比較しよう

「我が家の愛犬は大丈夫かしら!」と思ったそこのあなた、さっそく愛犬の歯の状態をチェックしてみましょう。

歯周病は4つの段階に分けられていることを知っていますか?歯周病は歯茎の内側から進行していく病気のため、初期の段階では症状があまり出ないことが多いです。

また、症状が出た頃には病気が進行・悪化していることもあるため、症状がないとはいえ早めの治療が重要となります。

「うちの子最近口臭がキツイ…歯周病かもしれない!」
「歯石っぽいのが見えるけど、病院に行ったほうがいいヒドさなのかな‥?」

愛犬のお口の中に不安を抱えているあなた。まずは愛犬の症状がどの程度進行しているのか、イラストと比べてみましょう。

イラストは犬の奥歯(後臼歯)を例にしています。愛犬の奥歯とぜひ比べてみてください!

ステージ1 歯肉炎・歯石が薄くつく程度

危険度 ★

ステージ1は歯肉炎のみを発症している場合です。
この段階では見た目の変化がほとんどありませんが、歯茎が少し赤い、いつもより腫れているように見える、歯の根っこ部分に薄っすらと歯石が付着しているなど、多少の変化が見られます。

少しでも普段とは違う症状が見られたときには動物病院で診てもらうといいでしょう。

ステージ2治療が必要となる「初期歯周病」

危険度 ★★

ステージ2になると歯周病の症状が目に見えるようになります。

歯肉炎よりも症状の重い歯周炎になり歯茎は赤みや腫れが目立ち、明らかに炎症と分かるレベルで、歯茎が上に押し上げられたような状態も見られます。この頃になると、口臭もきつくなってきます。

根っこだけだった歯石は表面にも多く付着するため、治療が必要な段階です。イラストを見ても、歯肉の色がステージ1とは全く異なるため、飼い主も異変に気付くことができるでしょう。

ステージ3歯茎からの出血・歯石の蓄積が見られる「中度歯周病」

危険度 ★★★★

ステージ3になると、病状はかなり深刻です。歯の表面はすべて歯石でおおわれ、蓄積した歯石や歯垢により歯の周辺組織や歯肉の奥深いところまで炎症を起こします。

歯垢に押し上げられた歯茎は痩せてしまい、歯根部が露出歯茎からの出血も見られます。
酷いと歯茎は触れただけで崩れてしまうことも。

愛犬は口の中に痛みを感じるため、おもちゃを噛むことや硬い食べ物を噛むことも難しくなるでしょう。

ステージ3は歯周病の治療で抜歯せずに済む、最終ラインでもあります。ステージ3まで進行した場合は早期の治療が必要です。

ステージ4抜歯や外科手術の可能性も?!「重度歯周病」

危険度 ★★★★★★

本来、歯周病はステージ4まで放置してはいけません。歯周病菌は大量に繁殖し、歯の根っこである根尖(こんせん)まで菌におかされてしまいます。

こうなると歯の根っこ周辺の骨は溶け、瘻管(ろうかん)という歯茎から口の皮膚にかけてトンネルのようなものができてしまう可能性もあります。ここまで進行すると病状はかなり深刻です。

歯茎、歯、骨は壊れ、歯が抜け落ち、原型をとどめていないことも。
ステージ4まで進行すると、愛犬の歯肉に少し触れただけでもかなり痛がります。触れただけで出血する程の強い痛みです。

治療法もステージ3までとは明らかにレベルが異なり、外科治療を行うことになります。「できるだけ歯を残してあげたい」飼い主のそんな願いも叶わず、抜歯になってしまうこともあるんです。

ステージ3、4の人は特に注意が必要、歯周病の放置は深刻な病気を招く?!

ステージ3、4のように歯周病菌が歯の周辺や奥深いところまでおよぶと、最悪の場合は歯槽骨が溶けて歯が抜けてしまったり、下顎の骨が折れてしまったりと、広い範囲に影響を与えます。

また、歯周病が血中に流れ出すと、全身への影響も心配です。

顎の骨がもろくなる

歯周病菌の侵入が深くなると、歯だけでなく顎の骨にまで影響を与えます。顎の骨がもろくなり、ちょっとした衝撃で顎を骨折してしまうこともあるんです。

特に小型犬は歯周病が重症化により下顎の骨が骨折してしまうことも少なくありません。

歯根膿瘍(しこんのうよう)の破裂

歯周病菌が根深く繁殖していくと、部分的に膿が溜まります。皮膚が腫れあがり、しまいには破裂してしまうことも。破裂してしまうと溜まっていた膿と血液が流れ出し、痛みをともないます。

痛みとともに40度以上の発熱を引き起こすこともあるため、愛犬にとってはとても辛い状態です。

心不全/腎不全

歯周病菌が心臓や腎臓に到達することで、慢性心不全や慢性腎不全を引き起こす可能性が高くなります。

心不全とは心臓のポンプ機能が低下し、全身へ血液を送り出すのが困難な状態のこと。腎不全とは腎臓が正常に働かなくなる状態のこと。

心不全や腎不全は命に関わる重大な病気のため、歯周病は決してあなどれません。

上記のような症状は、歯周病を放置することで起こります。飼い主が愛犬のためにできることは、深刻な状況になる前に愛犬の異常を見つけ、治療してあげることです。

ステージ1,2の犬も安心してはダメ!初心者でも上手にできる歯磨き5ステップ

そもそも犬の歯磨きって必要なの?歯垢は3〜5日で歯石に!

「愛犬はステージ1だから大丈夫!…」

なんて思っていませんか?ステージ1といっても進行は着々と進んでいます。今後悪化してしまわないよう、油断は禁物。歯周病を予防するためには、歯磨きで歯石化を食い止めることが大切です。

歯石とは口の中に残った歯垢が唾液中のカルシウムによって石灰化したもの。人間の場合は歯垢が付いてから約2週間で歯石化します。

しかし犬は、歯垢が沈着してから3~5日で歯石化してしまうんです。

歯石が沈着すると表面がザラザラしているため、歯垢がさらに付きやすくなります。そうなると歯石の元となる歯垢が蓄積していき、悪循環が生まれてしまうんです!

これ以上歯周病を進行させないために、また愛犬の健康を維持するために、今日から歯磨きの練習をしていき、以下の歯磨きを上手に行う5つのステップをマスターしましょう!

ステップ1 口元を触られることに慣れさせる→できたら褒める

まずは口の周りを触れられることに慣れてもらいましょう。

はじめは口の周りを優しく触り、じっとしていられたら愛犬を褒めます。次に唇をめくってみましょう。同じようにじっとしていられたらまた褒めてあげましょう。ポイントはしつこくしないこと、1,2秒でも我慢できたら褒めてあげることです。

口を触れられることに慣れてきたら、指で歯と歯茎に触れてみます。歯茎は爪を少し立てて触るなどして、ちょっとした刺激への免疫もつけておくといいです。

数日〜1ヶ月かけて焦らず確実に、ステップを踏んでいきましょう。

口を触ったときに咬む子は飼い主さんが怪我をする恐れもあるため、しつこくせずに動物病院に相談することをおすすめします

ステップ2 指やガーゼで練習!口の中を触られることに慣れる

ステップ2では、飼い主の指やガーゼを歯ブラシ代わりにして、愛犬の歯や歯茎をマッサージするように磨いてみましょう。はじめは指やガーゼを当てられるだけでも十分です。

さらに歯磨きペーストを使用するとデンタルケアになるため、尚いいです。余裕があれば、スプレータイプのケア用品も使ってみるといいでしょう。

こちらも1,2秒でも我慢できたらたくさん褒めてあげましょう。ステップ2ができれば、歯ブラシを受け入れてくれる希望が見えてきます!

ステップ3 遊び感覚でOK!歯ブラシを使ってみよう

指、ガーゼときたら、いよいよ歯ブラシデビュー!最初は歯ブラシをみて警戒するかもしれませんが、お気に入りの歯磨きペーストを使用すると受け入れてもらいやすいです。

歯磨きが苦手な子には、ヘッドが小さくソフトな毛並みの歯ブラシがおすすめです。

まずは歯ブラシをペロペロするところから慣れさせ、ブラシの部分をガジガジさせてみるなど歯ブラシが楽しいものだと認識させることができれば、愛犬の恐怖感や不信感をなくすことができるでしょう。

ステップ4 数秒間ずつ、小分けにして磨く練習をする

歯ブラシに慣れてきたら、数秒間だけでもいいので実際に歯を磨いてみましょう。いきなり歯ブラシを奥まで入れるとびっくりしてしまうため、まずは前歯の外側からゆっくりと優しく磨きます。

次に犬歯の後ろにある奥歯(臼歯)を同じように磨きます。奥歯は最も歯垢が溜まりやすい場所のため、ここを磨けるようになることが大切です。

歯の表面を磨いたら、歯ブラシを斜め45度に傾けて、歯と歯茎の間にある歯周ポケットを磨きましょう。
最後に歯の裏側を磨きます。

一気に全ての歯を磨こうとしなくてもいいので、まずは歯ブラシが歯に触れる感覚や、ブラシが動く感覚に慣れてもらいます。

焦らず時間をかけながら、ステップ4を繰り返し行っていきましょう。前歯、奥歯、歯周ポケット、歯の裏と段階的に、歯磨きに慣れさせていきます

ステップ5 本格的に歯ブラシで磨く練習をはじめる

ステップ4の小分けに行う歯ブラシに慣れてきたら、本格的に歯磨きをしてみましょう。1回の歯磨きで全ての歯を綺麗に磨けるようになることが目標です。

歯磨きを好んで行う子は念入りに、細かいところまできっちりと磨いてあげます。歯ブラシが苦手な子は、歯磨きが再び嫌いにならないよう十数秒以内には終わらせてあげ、徐々に時間を伸ばしましょう。また、歯磨きが再び嫌いにならないよう、どんなに長くても1分以内には終わらせてあげます

歯磨きは1日1回が理想!最低でも2日に1回行う

歯磨きは1日1回行うのが理想です。しかし難しい場合は、最低でも2日おきに行いましょう。犬の歯石化スピードを考えると、3日以上歯磨きをしないのは少し心配です。

歯石になってしまうと、歯ブラシでは落とすことができません。愛犬の綺麗な歯を守るためにも、こまめに歯を磨くことが大切です。

歯磨きに苦戦する飼い主さんにおすすめ!歯磨きが楽になる便利グッズ

歯磨きをしてあげようと思っていても、歯ブラシにトラウマがあったり、既に成犬で新しいことに慣れられなかったりすると、努力をしても歯磨きができない場合があります。

「歯周病が怖い…でも歯ブラシをさせてくれない!」
「歯ブラシに抵抗しまくりで、毎日頭を悩まされる」

という方も安心してください。歯ブラシが上手くいかないことに頭を抱える飼い主さんにおすすめなのが、便利な歯磨きグッズです!

歯磨きガム

 

引用元:Amazon

 

歯ブラシグッズの中でも便利なのが歯磨きガムです。ガムを噛むだけで歯垢の付着を予防し、歯垢をつきにくくします。
歯ブラシが苦手な子や、おもちゃに興味を示さない子の歯磨きグッズとしておすすめです。
愛犬の口にあった大きさで、かたすぎず弾力のあるソフトなものを選びましょう。味が美味しいものなら、愛犬も喜んで噛んでくれますよ!

歯磨きおもちゃ

 

引用元:Amazon

 

歯磨きおもちゃは、ロープなどをかむことでコットンの糸が歯のすき間に入り込むつくりになっています。噛んでストレスを解消しながら、歯の隙間にたまった歯垢を落とす優れもの!コットンロープとブラシは一緒になっているものもあります。
歯茎のマッサージにもなるので、愛犬も心地よい歯ブラシグッズです。
歯ブラシは苦手だけどおもちゃで遊ぶことは好きな子や歯ブラシは好きだけど遊びだして興奮してしまう子もおすすめ!

歯みがきシート

 

引用元:Amazon

 

ウェットティッシュのような見た目で、指に巻き歯をこすることで汚れをふきとってくれる歯磨きシート。
シートの網目には、歯垢を絡め取る工夫がされています。
歯ブラシは苦手だけど、指やガーゼなら大丈夫という子に有効な歯磨きグッズです。

歯ブラシに慣れさせる前の段階や、歯ブラシを十分にさせてくれない子にはこうした便利グッズも有効です!ぜひ活用してみてください。

ただしこれらはあくまで補助!諦めず挑戦しましょう。

「もう既に歯石がついている‥」自分で歯石をとるのは危険?受診した際の治療費は?

がんばって歯磨きを毎日していても、歯石になってしまうこともあります。
すでに歯石になってしまったものは自分で取れるのでしょうか?

自分で歯石を除去する道具としてスケーラーというものがあります。先が曲がった針のような尖った器具で、これで引っ掻くことによって歯石をとることができます。

これを手に入れれば自分で歯石をとることは可能です。

ですが、突然動き出すこともある犬に対して、無麻酔でスケーラーを使用するのはとても危険です。愛犬の歯茎を傷つけたり、自分が怪我を負ったり、お互いに大怪我を負う可能性もあります。

ペットサロンでも、無麻酔のスケーリングをしていることがありますよね。でもそれはあくまで見た目を綺麗にする目的。

歯周ポケットの中など、歯根部にある細かい歯石までは除去できないため、歯周病の完治につながりません。

じっと口を開けていられるような歯磨きが得意な愛犬であっても、歯石の除去は専門医にお任せしましょう!

「でも、歯周病の治療って高いんじゃない?」

「全身麻酔になるみたいだけど、どんな治療をするかわからないから心配…」

いったい、動物病院ではどのような治療を行うのでしょうか。

保険会社の保険金請求データをもとにした治療費と処置時間、治療方法の例を見てみましょう。

ステージ1 歯肉炎 3万円 15~30分

治療方法…歯石とり、歯肉ポケットの清掃、歯面の研磨

炎症の悪化を防ぐために歯垢、歯石をとり、その際にデコボコになった歯の表面をツルツルに磨きあげます。
デコボコしたままの歯には歯垢が付着しやすくなるため、歯の表面を整えることで歯垢がつきやすくなるのを防ぎます

ステージ2 初期歯周病 4~5万円 1時間

治療方法…歯石とり、歯周ポケットの清掃、歯面の研磨、フラップ手術、抗生物質の注入

ステージ1よりも深いところにできた歯石を取り除くためにフラップ手術をし、歯周病菌の発育を阻害する抗生物質を注入します。

フラップ手術とは、歯周病が進行している歯茎を切開し、目視では確認できない歯の根っこに付着している歯垢や歯石をおとす手術です。

その他、炎症を強く起こしている歯肉を取りのぞく治療法や、歯周病菌に汚染された歯根部をおおう硬い組織を除去する治療法などを取り入れている病院もあります。

ステージ3 中度歯周病 5~6万円 1~2時間

治療方法…歯石とり、歯周ポケットの清掃、歯面の研磨、フラップ手術、抗生物質の注入、一部の歯の抜歯とフラップ形成

ステージ2の治療に加え、さらに深い歯石に対してはフラップ形成を行って除去をします。
フラップ形成とは、歯根部にある歯石を取り除くため、歯の根っこが見えるように歯肉を形成すること。

また、再生が不可能な歯は抜歯をします。どこまで歯石ができているかによって治療の複雑さは異なりますが、歯周病の原因となっている歯石を根本的に取りのぞくことは、どのステージにおいても共通しています!

ステージ4 重度歯周病 7~10万円 2時間

治療方法…歯周ポケットの清掃、歯面の研磨、フラップ手術、抗生物質の注入、多数の歯の抜歯とフラップ形成術

ステージ4になると、再生不能な歯は抜いてしまうことも少なくありません。犬は歯がなくても消化機能が優れているため、食べる際に困ることはほとんど無いといいます。

抜いてしまった方が痛みを軽減できるため、抜歯は愛犬にとっていい選択となることも。
また、歯石が広範囲かつ大量に沈着し麻酔が長時間になってしまう場合は、日を変え2回に分けて行う場合があります。

※金額はあくまで一例であり、平均・水準を示すものではありません。
※各診療項目の金額は動物病院によって異なりますのでご了承ください。

歯磨きを習慣化していても、歯周病になる可能性は0ではない。保険に入っておけばもしものときも安心!

歯磨きを習慣化していても、歯周病になる可能性はゼロではありません。歯ブラシが思うようにできなかったり、細かいところまで磨けていなかったりと、少しのケア不足が蓄積することで歯周病になるリスクは上がってきます。

上記を見ても分かるように、歯周病の治療費は決して安くはありません。
万が一のリスクに備えるためにも、真剣にペット保険を考えてみてはいかがでしょうか

(参考)歯周病を補償対象外としているペット保険もあるので注意!

まとめ

歯周病は歯垢や歯石の蓄積、歯茎の炎症からはじまります。見た目は普通だからと放置しておくと、後々命に関わるような怖い目に…。

毎日歯磨きをきちんと行い、歯の状態をチェックしましょう。気になる点があれば、今すぐ病院を受診することをおすすめします。

愛犬の口内ケアに目覚めたあなた!ぜひ周りの愛犬家にも歯周病の恐ろしさを共有してあげてくださいね。可愛い愛犬達の健康は飼い主がきちんと守ってあげましょう。

当サイトではほかの病気・ケガやおすすめペット保険ランキングについても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。

ペット保険総合ランキングバナー

ペット保険口コミランキングバナー