日本アニマル俱楽部株式会社の「プリズムコール」は、すべてのプランが100%補償というのが特徴ですが、メリット・デメリットは何があるのでしょうか?
そのアニマル俱楽部について口コミや特徴を詳しく紹介します!

アニマル倶楽部

アニマル倶楽部の口コミ・評判まとめ

商品を知るうえで参考になるのが口コミです。そこで、アニマル俱楽部のペット保険に実際に入っている方の口コミから評判をまとめてみました!

良いところ

  • オペレーターの方が具体的に丁寧に説明してくれて、うちのペットに合った適正な保険をすすめてくれました(30代・男性・プードル)
  • セキセイインコの保険もカバーしてくれる数少ない存在です(30代・女性・セキセイインコ)
  • 一定の年齢まで保険料が上がらず、補償割合も100%なので気軽に動物病院に行けました(40代・男性・ヨークシャーテリア)

改善してほしいところ

  • 窓口精算ができず、保険金を請求してから支払われるまでひと月ほど時間がかかってしまいます(40代・女性・ロシアンブルー)
  • 手術の補償金額が低く、高額になる手術は自己負担がかなり重いです(50代・女性・パピヨン)
  • 保険対象外となる病気やケガが多く、結局ぜんぶ自己負担となってしまいます(30代・女性・ミニチュアダックスフンド)

やはり補償割合が100%なのと、保険料が上がらないことが好評となっています。
ペットに少しでも異変を感じたらすぐに動物病院に連れていける頼もしい保険だと言えます。

気になるのが、保険の対象外となってしまう病気やケガが多いのと、手術の補償金額が低いこと。
加入する前にペットのかかりやすい病気やケガを調べて、対象外となるものがあるのかどうかを見極めるのがペット保険選びのポイントになってきそうです。

アニマル倶楽部はこんな人向き!注目のポイントは?

プランが多いアニマル俱楽部ですが、具体的にどういった方向けのペット保険なのでしょうか?気になるポイントをまとめてみました!

① 治療費をペット保険で100%カバーしたい方
② 手術の補償をあまり重視していない方
③ 火葬や後遺障害などにも備えたい方

① 治療費をペット保険で100%カバーしたい方

アニマル俱楽部の「プリズムコール」は7種類のプランを用意していますが、すべて補償割合100%となっています。
なので「かかった治療費はすべてペット保険でカバーしたい!」という方にはおすすめです。

後ほど「100%の補償が受けられない可能性がある」で説明しますが、日額制限があるので設定されている金額を超えた場合は自己負担となるので注意してください。

② 手術の補償をあまり重視していない方

先ほども言ったように、「プリズムコール」の各プランには日額制限があります。通院・入院・手術のすべてに言えることですが、特に手術の日額制限は低いです。

私が調べたところによると、1度の手術にかかる平均治療費は10万円なので、ホワイトプランⅡ以外は限度額を超えるようになってしまいます。
手術費が数十万かかったケースもあるので、手術に備えたい方にはおすすめできません。

③ 火葬や後遺障害などにも備えたい方

「プリズムコール」の各プランの補償内容の中には、ペットの火葬にかかった費用や車イスなどが必要になったときの費用を補償してくれます。
これは自動的に付帯されている特約なので追加料金はかかりません。通院・入院・手術以外にも備えられるペット保険を探している方は検討してみてもいいでしょう。

アニマル俱楽部の商品プランまとめ

商品名補償割合14歳まで(小型犬)14歳まで(中型犬)11歳まで(大型犬)12歳まで(猫)年間補償上限額通院入院手術
オレンジプランⅡ100%474,900 円605,550 円692,760 円343,330 円81万円5,000円/日
年間60日まで
10,000円/日
年間30日まで
30,000円/回、60,000円/回(ガン)
通算年間2回まで
プレミアムオレンジプランⅡ100%520,950 円667,350 円766,320 円367,120 円87万円5,000円/日
年間60日まで
10,000円/日
年間30日まで
60,000円/回、90,000円/回(ガン)
通算年間2回まで
グリーンプランⅡ100%600,300 円761,250 円917,640 円422,760 円147万円6,000円/日
年間60日まで
12,000円/日
年間60日まで
90,000円/回、150,000円/回(ガン)
通算年間2回まで
ホワイトプランⅡ100%327,150 円408,300 円504,240 円232,440 円94万円15,000円/日
年間30日まで
150,000円/回、200,000円/回(ガン)
通算年間2回まで
ブループランⅡ100%357,900 円446,100 円500,160 円266,370 円39万円5,000円/日
年間30日まで
8,000円/日
年間20日まで

※表は右にスクロールできます

<シニア専用更新プラン>

商品名補償割合小型犬中型犬大型犬年間補償上限額通院入院手術
シルバープランⅡ100%月払い/4,550 円
年払い/50,110円
月払い/5,840 円
年払い/64,310円
月払い/8,160 円
年払い/89,820円
月払い/3,690 円
年払い/40,580円
43万円5,000円/日
年間20日まで
10,000円/日
年間30日まで
30,000円/回、60,000円/回(ガン)
通算年間2回まで
プラチナプランⅡ100%月払い/6,080 円
年払い/66,950円
月払い/7,710 円
年払い/84,880円
月払い/11,620 円
年払い/127,920円
月払い/4,940 円
年払い/54,380円
147万円5,000円/日
年間20日まで
10,000円/日
年間30日まで
30,000円/回、60,000円/回(ガン)
通算年間2回まで

※表は右にスクロールできます

アニマル俱楽部の「プリズムコール」の各プランを表にまとめてみました!
「プリズムコール」の補償割合はすべて100%で、全7種類(うち2種類はシニア専用プラン)のプランを取り揃えています。

加入できるペットの種類は犬と猫のほか、うさぎやフェレットなどの小動物、オウムやインコなどの鳥類、カメなどの爬虫類までと種類豊富なのも特徴です。

犬・猫の場合、新規での加入は生後60日以上~満9歳未満で、満6歳以上からは申し込み時に健康診断が必要になります。

ここからは各プランの保険料と補償内容について、さらに詳しく紐解いていってみましょう!

保険料を詳しく見てみる

保険料の特徴

  • 保険料の値上がりがないので分かりやすい
  • 保険料は高めに設定してある

アニマル倶楽部、保険料推移

保険料の値上がりがないので分かりやすい

ペット保険の保険料は年齢とともに上がるのが一般的ですが、アニマル俱楽部は値上がりしないフラットタイプになっています。
何歳になっても同じ保険料なので、保険料が分かりやすいのが魅力です。

ただ、シニア専用のプランに更新すると一度保険料が上がります。その後は値上がりがないので安心してください。

保険料は高めに設定してある

「プリズムコール」の各プランはすべて100%補償なので、50%や70%補償の商品と比べると保険料が高めに設定してあります。
高補償のペット保険を探しているなら保険料が高くなるのは仕方ないですが、ペット保険選びで保険料を重視している方や保険料が家計の負担となって継続契約ができなくなる可能性がある方にはあまりおすすめできません。
(参考)ペット保険は一生涯にかかる保険料でチェックしよう

補償内容を詳しく見てみる

補償内容の特徴

  • 長期的な通院に対応できるが、日額制限は低い
  • 手術はガンと分けられている

商品名補償割合年間補償上限額通院入院手術
オレンジプランⅡ100%81万円5,000円/日
年間60日まで
10,000円/日
年間30日まで
30,000円/回、60,000円/回(ガン)
通算年間2回まで
プレミアムオレンジプランⅡ100%87万円5,000円/日
年間60日まで
10,000円/日
年間30日まで
60,000円/回、90,000円/回(ガン)
通算年間2回まで
グリーンプランⅡ100%147万円6,000円/日
年間60日まで
12,000円/日
年間60日まで
90,000円/回、150,000円/回(ガン)
通算年間2回まで
ホワイトプランⅡ100%94万円15,000円/日
年間30日まで
150,000円/回、200,000円/回(ガン)
通算年間2回まで
ブループランⅡ100%39万円5,000円/日
年間30日まで
8,000円/日
年間20日まで
シルバープランⅡ100%43万円5,000円/日
年間20日まで
10,000円/日
年間30日まで
30,000円/回、60,000円/回(ガン)
通算年間2回まで
プラチナプランⅡ100%147万円5,000円/日
年間20日まで
10,000円/日
年間30日まで
30,000円/回、60,000円/回(ガン)
通算年間2回まで

※表は右にスクロールできます

長期的な通院に対応できるが、日額制限は低い

「プリズムコール」のプランには日額と回数が制限されています。
決められた制限までなら補償を受けられるというものですが、「プリズムコール」の場合、シルバープランⅡを除いて特に通院の回数制限が60日と多めに設定してあります。

通院は利用頻度が高く、皮膚炎などの慢性疾患になってしまったら長期的な通院が必要になってきます。
なので、年間60日も補償してくれるのは安心できるでしょう。

ただ、通院の平均治療費が8,000円に対して、日額制限が5,000円程度と低いので、自己負担する金額が発生する場合があります。
これは手術にも言えることで、いくら回数制限が良くても日額制限の低いペット保険はおすすめできません。

手術はガンと分けられている

「プリズムコール」の手術補償は年間で2回までですが、うち1回は「ガン」と補償の対象となる病気が決められています。
つまり、1年のうち1回目に骨折で手術したら、2回目の手術でガン以外だと自己負担になってしまいます。

なので、手術補償は年間1回までと思っておいた方がいいと思いますよ。

特約・サービス内容

特約・サービスの特徴

  • 自動付帯の特約がある
  • シニア専用プランに継続することで終身継続できる
  • 割引制度が多彩

自動付帯の特約がある

商品名葬祭保険金高度後遺障害保険金診断書費用保険金
オレンジプランⅡ30,000円まで50,000円まで年間10,000円まで
プレミアムオレンジプランⅡ30,000円まで50,000円まで年間10,000円まで
グリーンプランⅡ30,000円まで50,000円まで年間10,000円まで
ホワイトプランⅡ30,000円まで50,000円まで年間10,000円まで
ブループランⅡ30,000円まで50,000円まで
シルバープランⅡ年間10,000円まで
プラチナプランⅡ30,000円まで50,000円まで年間10,000円まで

特約は基本的なプランにオプションとして追加できるものですが、「プリズムコール」の場合は自動付帯されています。
そのため、追加費用はかかりません。

  • 葬祭保険金…ペットの火葬や埋葬、供養などの費用を補償します。
  • 高度後遺障害保険金…高度後遺障害が確定され、車イスなどの移動用補助器具の費用を補償します。
  • 診断書費用保険金…診断書などを作成する費用を補償します。

どれもアニマル俱楽部ならではの特約ですが、診断書費用保険金は保険金請求する上で診断書が必要なので助かりますね。
ただ、他社の保険は保険金請求に診断書がいらないところもあることを考えるとお得とは言えません。

シニア専用プランに継続することで終身継続できる

「プリズムコール」は一定の年齢になるとシニア専用プランに移行することで終身継続できます。

<移行年齢>

  • 小型犬…満15歳以上
  • 中型犬…満15歳以上
  • 大型犬…満12歳以上
  • 猫…満13歳以上

シニア専用プランは「シルバープランⅡ」と「プラチナプランⅡ」の2種類のみに絞られ、保険料や補償内容も変わります。
終身での継続を考えている方は、シニア専用プランにも目を通しておきましょう。

割引制度が多彩

ペット保険によって割引制度を用意しているものもあります。アニマル俱楽部の割引制度は3種類です。

<割引制度>

割引制度割引率内容
多頭割引2~3頭で、それぞれ5%
4頭以上で、それぞれ8%
複数等加入すると、保険料が頭数によって割引されます。
インターネット契約割引初年度のみ3%
※多頭割引・福祉割引との併用不可
インターネットから申し込みすると保険料が割引されます。
福祉割引5%被保険者や被保険者と生計を共にする親族に身体障害者手帳などを持っている場合、保険料が5%割引されます。

割引制度はお得感がありますが、もともとの保険料が高ければ安くなったと言えないので注意しないといけません。
アニマル俱楽部の場合は補償割合100%と高補償ということもあり、保険料は高めに設定されているようです。

気をつけておきたい落とし穴

アニマル俱楽部の「プリズムコール」について調べてみると、見落としがちな落とし穴もあることが見えてきました。
プランを決める前に気を付けておきたいポイントもきちんと把握しておきましょう。

若年期の保険料が割高

「プリズムコール」の各プランの保険料は年齢が上がっても保険料が一定のままのフラットタイプです。
保険料が上がらないので値上がりの心配がなかったり、一定なので保険料が分かりやすいメリットがあります。

一方で他社のペット保険ではペットが若年期は安く、高齢で高く設定してあるのが一般的です。
なので、若年期の保険料を比べるとアニマル俱楽部は割高になってしまいます。

また、アニマル俱楽部はシニア専用プランに移行したときに一度保険料が上がります。
ずっと同じ保険料というわけではないので、生涯で支払う保険料を見ても他社よりも高くなる可能性があります。

100%の補償が受けられない可能性がある

「プリズムコール」の各補償内容には日額制限があります。実はこの制限があることで100%の補償が受けられない可能性があるんです。

1日にかかる平均治療費
通院8,000円
入院12,000円
手術100,000円

1日にかかる平均治療費と「プリズムコール」の日額制限を比べてみると、特に通院と手術が日額制限を超える費用がかかることが分かりますよね。

「プリズムコール」は1日の限度額が低く、せっかく100%補償なのに、日額制限があることで実際には50%くらいしか補償されないようになることもあります。


例:オレンジプランⅡ加入で1万円の通院費がかかった場合
1万円(治療費)-5,000円(日額制限)=5,000円(治療費の50%を自己負担)

「年間補償上限金額が高いから安心!」と思う方もいると思いますが、このように自己負担が発生して年間補償上限金額のすべてを受け取れないことを理解しておきましょう。

保険金請求するには診断書が必要

「プリズムコール」の保険金請求方法は後日精算型です。
動物病院に一旦治療費を全額支払ったのち、アニマル俱楽部に保険金を請求します。その際、必要になってくるものが「診断書」です。

他社のペット保険では診断書は必要ないことが多いですが、アニマル俱楽部の場合は保険金請求時には基本的に必要です。診断書を発行するには数千円かかる場合があり、付帯されている「診断書費用保険金」の特約を使いきってしまうとカバーしきれません。

場合によっては診断書発行を省略できることもありますが、診断書が不要なペット保険と比べると面倒なところですね。

<診断書発行を省略できるケース>

  • 治療内容が手術ではない
  • 獣医によって病名を診断されている
  • 保険金請求額の合計が5万円以内
  • 補償開始から6カ月以降の治療である

免責事項が厳しく設定してある

ペット保険に加入する際、確認しておかなければいけないのが約款です。約款には補償対象外項目が詳しく記載されているので、必ずチェックするようにしましょう。
アニマル俱楽部の約款にも以下の傷病が補償対象外項目として記載されています。

【対象外項目例】

膝蓋骨脱臼、股関節形成不全、レッグペルテス、てんかん、チェリーアイ、気管虚脱、涙やけ など

小型犬が引き起こしやすい膝蓋骨脱臼などが対象外なので驚きですね。ペットがなりやすい傷病が補償対象外項目にないか確認したうえで検討した方が良さそうです。

まとめ

補償割合100%のアニマル俱楽部の「プリズムコール」。高補償ですが、100%の補償が受けられない可能性があるようなので、以下のポイントを参考にしてペット保険を選んでみてください。

メリット

  • 保険料の値上がりがないので分かりやすい
  • 自動付帯の特約がある
  • 割引制度が多彩

<デメリット>

  • 若年期の保険料が割高
  • 長期的な通院に対応できるが、日額制限は低い
  • 100%の補償が受けられない可能性がある
  • 保険金請求するには診断書が必要
  • 免責事項が厳しく設定してある

当サイトではほかのペット保険についても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。