携帯通信会社のドコモが提供するペット保険があることは知っていますか?会社としては知名度がありますが、ペット保険の評判はどうなのでしょうか。気になるドコモのペット保険のメリットとデメリットをまとめました!

ドコモ

ドコモのペット保険はおすすめ?

携帯通信会社の大手であるドコモが、実はペット保険を提供していることはご存知でしょうか?さまざまなペット保険がある中で、特にドコモの携帯電話を使っている人なら気になるペット保険ですよね。
そこでドコモのペット保険を保険料や補償内容、口コミなど様々な観点からメリット・デメリットを検討しました。
比較の結果、結論としてはドコモのペット保険はあまりおすすめできないということが分かりました。評価の決め手となったメリット・デメリットは下記の通りです。

補償内容はアイペットと同じだが保険料はアイペットより安い
携帯料金と一緒に払える&「dポイント」が貯まる
× 加入条件の制限がアイペットより厳しい
× 携帯ショップでの契約やサポートはできない
× 賠償責任特約や各種割引がない
× 保険料の安さ・補償内容の手厚さともにペット保険全体で見るとあまり良くない

それでは、各項目に関して、以下で詳しく見てみましょう!

ドコモのペット保険の特徴は?補償内容はアイペットと同じ!

ドコモのペット保険はどんな特徴があるのでしょうか?
まず大きな特徴として知っておいてもらいたいのが、ドコモのペット保険は「アイペットの包括契約の保険である」ということです。

包括契約とは?

保険の包括契約とは、複数人の保険を代表者がまとめて契約することをいいます。
今回の場合でいうと、ドコモのペット保険への加入者全員分の保険契約をドコモが代表してまとめ、アイペットのプランに加入するということです。
一般的に、包括契約では多数の契約をまとめて加入するので、個別で契約するより保険料が少し安くなるというメリットがあるようです。

ドコモはアイペットの包括契約の保険なので、補償内容や保険金の精算方法などはアイペットと同じです。また、保険について問い合わせるときは引受保険会社であるアイペットになります。
ドコモを通してアイペットのペット保険に加入している、と認識しておく方がいいでしょう。

(参考)アイペットのペット保険の商品解説!特徴や評判・口コミは?メリットやデメリットを徹底解説!

ドコモのペット保険のプランは「トータルケア50%」「トータルケア70%」「手術ケア」の3種類です。
それぞれアイペットの「うちの子50%プラン」「うちの子70%プラン」「うちの子light」と同じ補償内容となっています。

各プランの補償内容と保険料を一覧にしましたので、ご覧ください。

商品名補償割合通院入院手術年間補償上限額免責保険料(小型犬・8歳まで)保険料(中型犬・8歳まで)保険料(大型犬・8歳まで)保険料(猫・8歳まで)
トータルケア50%50%12,000円/日
年間22日まで
12,000円/日
年間22日まで
100,000円/回
年間2回まで
72.8万円291,120 円315,120 円470,640 円261,600 円
トータルケア70%70%12,000円/日
年間22日まで
30,000円/日
年間22日まで
150,000円/回
年間2回まで
122.4万円370,920 円403,680 円621,840 円330,960 円
手術ケア90%500,000円/回
年間2回まで
100万円3万円
(※この金額に達しない場合は保険金が支払われない)
151,560 円171,720 円210,480 円93,720 円

※表は横にスクロールできます
※「手術ケア」は手術を含む連続した入院は手術1回あたり10日まで補償する

アイペットの特徴と同様で、補償内容は一般的なものですが保険料は他のペット保険と比較すると高めの設定となっています。

続いて、ドコモのペット保険のメリット・デメリットについて詳細を確認していきましょう。

ドコモのペット保険のメリットとデメリットを知ろう

ペット保険に加入する際、メリットとデメリットを知っておくことも大切です。ドコモのペット保険にはどんなものがあるのか確認してみましょう。

メリット

補償内容やサービスはアイペットと同じだが保険料はアイペットより安い

アイペットとドコモの保険料を比べると、補償内容が同じでもドコモの方が10~15%ほど安くなります。

同じ補償内容のプラン同士で、ドコモとアイペットの0~8歳までにかかる保険料を比較し表にしました。まったく同じ補償内容でも少し保険料が安くなっているということがわかります。

会社名商品名補償割合保険料(小型犬・8歳まで)保険料(中型犬・8歳まで)保険料(大型犬・8歳まで)保険料(猫・8歳まで)
ドコモトータルケア50%50%291,120 円315,120 円470,640 円261,600 円
アイペットうちの子50%プラン50%314,010 円339,830 円507,640 円282,200 円

※表は横にスクロールできます

会社名商品名補償割合保険料(小型犬・8歳まで)保険料(中型犬・8歳まで)保険料(大型犬・8歳まで)保険料(猫・8歳まで)
ドコモトータルケア70%70%370,920 円403,680 円621,840 円330,960 円
アイペットうちの子70%プラン70%399,920 円435,580 円670,840 円357,010 円

※表は横にスクロールできます

会社名商品名補償割合保険料(小型犬・8歳まで)保険料(中型犬・8歳まで)保険料(大型犬・8歳まで)保険料(猫・8歳まで)
ドコモ手術ケア90%151,560 円171,720 円210,480 円93,720 円
アイペットうちの子light90%191,200 円216,570 円265,480 円118,200 円

※表は横にスクロールできます

また、アイペットと同じサービスを受けられることもメリットです。
トータルケアの50%と70%のプランは、どちらもアイペットの対応動物病院であれば、病院の窓口で保険証を提示するだけで保険金の精算ができます。対応動物病院数もアニコムほどは多くないですが全国4,000件を超えています。
その場で精算ができるので、後日保険金を請求する手間が省けて便利ですが、手術ケアプランの場合は窓口精算ができず後日保険金請求の手続きが必要となるので注意しましょう。

さらに、アイペットが用意している優待サービスを受けることもできます。
アイペットと提携しているトリミングサロンやペットホテルなどの割引クーポンやプレゼントがもらえるなど、お得に利用できるのもうれしい点です。

携帯料金と一緒に払える&「dポイント」が貯まる

ドコモのペット保険は保険料の支払い方法として、携帯電話の利用料金と合算して支払うかクレジットカードで支払うかを選ぶことができます。
保険料を払い忘れてしまうと契約を解除される可能性もありますが、ドコモの保険料は携帯料金と一緒に自動的に支払うことができるので、払い忘れる心配がありません。

また、保険料を携帯料金と合算して支払うことで、NTTドコモの共通ポイント「dポイント」が貯められます。これはドコモの携帯料金の支払いの他、インターネットでの買い物にも使えるポイントなので、ドコモユーザーでなくてもポイントを使うことができます。これはドコモならではの特典と言えるでしょう。

デメリット

加入条件の制限がアイペットより厳しい

ドコモのペット保険は、アイペットと比べると加入可能年齢が若く設定してあります。
手術ケアプランは13歳未満まで加入できますが、トータルケアプランは9歳未満と加入できる年齢が低く設定してあります。
そのため、ペットが高齢の場合には、加入を諦めなければいけない可能性もあります。

ドコモとアイペットの加入可能年齢と継続可能年齢を一覧表にしたものがこちらです。
どちらも終身で継続は可能なのですが、トータルケアプランの加入に関して制限が厳しくなっています。

会社名商品名加入可能年齢継続可能年齢
ドコモトータルケア50%9歳未満終身
ドコモトータルケア70%9歳未満終身
ドコモ手術ケア13歳未満終身
アイペットうちの子50%プラン13歳未満終身
アイペットうちの子70%プラン13歳未満終身
アイペットうちの子light13歳未満終身

また、ドコモのペット保険に加入するには「dアカウント」が必要になります。dアカウントは、dポイントなどのNTTドコモのサービスを利用する際に必要なログインIDです。

dアカウントは、ドコモの携帯電話を契約していない方でも登録はできます。ドコモユーザーに限られているわけではありませんが、現在dアカウントを持っていない場合には、わざわざアカウントを作らないといけないので面倒ですね。

携帯ショップでの契約やサポートはできない

ドコモのペット保険というくらいなので、全国のドコモショップで加入できると思ってしまいがちですが、それはできません。
保険を販売するためには保険の募集人資格が必要になるので、ドコモショップでの申し込み手続きはできず、インターネットの専用サイトからのみ申し込みすることができます。
また、何かペット保険のことで質問があった場合は電話でのサポートもしているようですが、ドコモショップでのサポートは基本的には無いと考えた方がいいでしょう。

賠償責任特約や各種割引がない

アイペットではオプションとして用意してあるペット賠償責任特約はドコモでは用意されていません。
ペット賠償責任特約をつけていると、ペットが吠えたり咬みついたりして、ケガや持ち物を壊してしまった場合、その治療費や修繕費などを補償してくれます。
ドコモのペット保険には、このペット賠償責任特約がないので、心配な方は他のペット保険を探す方がいいでしょう。

(参考)ペット保険の特約って必要?

さらに、アイペットではつけられる多頭割引や無事故継続割引、インターネット契約割引といった各種の割引も受けられないので注意してください。

保険料・補償内容ともにペット保険全体で見るとあまり良くない

ドコモのペット保険はアイペットより保険料が安いことが魅力ですが、他社のペット保険と比べるとむしろ高い方になります。
ホームページを見ると、トータルケアでは9歳以降、手術ケアは13歳以降の保険料が掲載されていません。引受保険会社のアイペットは年齢が上がると保険料が急激に高くなる保険料設定になっていることから考えると、他社よりも保険料がかなり高くなることが予想されます。
また、他社ではすべての年齢における保険料を公開していることが多いのですが、高齢時の保険料を非公開にしているペット保険会社は急激に保険料が上がる可能性があるので、注意が必要です。

しかも、保険料が高い割には、補償内容は特に手厚いというわけではありません。
補償の手厚さを示す年間補償上限金額(年間で支払うことのできる保険金の限度額)で比較すると、ドコモの「トータルケア50%」が72.8万円、最安クラスのペット保険FPCが85万円で、保険料の安いFPCの方が手厚い補償となっています。

このようにペット保険全体で見ると、他にも保険料や補償内容の良い保険はたくさんあります。ペット保険に加入する際にはよく比較・検討して加入しましょう。

(参考)安い保険料でも安心の保険はこれだ!最安クラスのペット保険を徹底比較!

ドコモのペット保険の評判や口コミ

実際にペット保険を利用している方の評判や口コミはペット保険選びの参考になります。ドコモのペット保険を使っている飼い主様にアンケートを取ってみたところ、以下のような意見が集まりました。

    大好きなペットに一大事が生じた場合、備えが必要だと思いペット保険への加入を決意しました。ドコモと通信契約があったことから、ドコモのペット保険を選びました。
    トータルケアプランは、通院・入院・手術と幅広く補償対象となり窓口清算も可能な保険であるため、月額2,500円程度と割高感はあったものの、加入による安心感は保てると思いました。ペットの具合が悪くなった場合、保険加入以前は費用負担を考えて病院に連れていくことを躊躇っていましたが、保険加入後はすぐに病院へ通える余裕が生まれました。
    (30代・男性・ビーグル)

    トータルケアは補償が70%と50%のコースがあり、正直迷いました。シーズーならそれぞれ3,590円と2,810円でした。私の医療保険よりも高額になるのは嫌だったので、50%の方にしました。
    何故ドコモのペット保険にしたかというと、かかりつけの動物病院の窓口で請求できるからです。動物病院のスタッフの方が手続きのやり方を教えてくれたので、簡単でした。それに私はdカードゴールドを持っているので、ポイント還元率が10%あるのが大きいです。シーズーは耳の病気にすぐにかかるので、治療費が半分返ってくるのはありたいですね。
    (40代・男性・シーズー)

    インターネットの口コミを参考にしたと言うことと、携帯がドコモを使用していると言うことがあり、ドコモペット保険を利用することになりました。他の保険に比べて、保険料が安いと言うことと、携帯の支払いと一緒に保険料を支払えると言うことがとても魅力的でした。
    保険の利用は1回のみで、通院した時に利用しましたが、面倒なこともなく保険を利用することが出来ました。サポートの対応も良く、安心感がとてもありました。犬の年齢的なこともあり、途中で保険が利用できなくなりましたが、また、小さい犬を飼うことになった際には利用したいなと思いました。
    (20代・男性・ミックス犬)

口コミを見てみると、やはりすでにドコモとの契約がある方の加入が多いようです。
dポイントの還元や携帯料金と一緒に保険料を支払えることがドコモユーザーにとって魅力的な点なのでしょう。

現在アイペットに加入している人はドコモに乗り換えた方がお得?

「補償内容やサービスはアイペットと同じで、アイペットより保険料が安い」と聞くと、現在アイペットの保険に加入している人はドコモに乗り換えた方がお得なのでは…と疑問に思いませんか?

確かに、ドコモの保険料はアイペットに比べて10~15%ほど安くなります。しかし、乗り換えには注意が必要なケースがあります。それは、現在すでに何らかの病気やケガを患っていたり過去に何らかの症状で病院にかかっていたりする場合です。
ドコモのペット保険は新規加入のみしか受け入れていません。そのため、アイペットから乗り換える際にも新規扱いとなり、加入審査を受ける必要があります。既往歴がある場合には、この加入審査の結果によって、一部の傷病が対象外になったりそもそも加入ができなかったりという可能性があるので気を付けなければいけません。
アイペットよりも安いからと安易に乗り換えを決めずに、慎重に考えましょう。

(参考)ペット保険は病気でも入れる?既往症とペット保険について解説

また、ドコモのペット保険は他社のペット保険と比較するとそれほどおすすめできない内容となっています。現在アイペットに加入していて乗り換えを考えている方は、他社のペット保険とも比較して選ぶことが大切です。

ドコモと他社のペット保険を比較!本当におすすめのペット保険は?

これまでドコモのペット保険のメリット・デメリットを見てきて、他社と比べると補償内容・保険料ともにあまりおすすめではないと説明してきましたが、実際に数字で比較するとどうなるのでしょうか?
それぞれのプランごとにランキング上位のペット保険と比較してみました。

ペット保険の比較をする際に、当サイトでは補償タイプと補償割合が同じペット保険同士で比較し、ランキングを付けています。
補償タイプは主に3つで、通院・入院・手術でかかった治療費を幅広く補償する「トータル補償型」、手術とそれに伴う入院を補償する「手術重視型」、通院とそれに伴う入院を補償する「通院重視型」に分類しています。

ドコモのプランでいうと、トータルケア50%プランは「トータル補償型の50%」、トータルケア70%プランは「トータル補償型の70%」、手術ケアプランは「手術重視型の80%以上」という分類になります。
それぞれの上位3位のペット保険とドコモのペット保険を比べていきましょう。

<トータル補償50%>

会社名商品名補償割合保険料(小型犬・8歳まで)保険料(中型犬・8歳まで)保険料(大型犬・8歳まで)保険料(猫・8歳まで)年間補償上限額通院入院手術
FPCフリーペットほけん50%186,750 円186,750 円186,750 円186,750 円85万円12,500円/日
年間30日まで
125,000円/入院
年間3入院まで
100,000円/回
年間1回まで
PS保険50%補償プラン50%202,530 円233,760 円256,380 円180,780 円100万円10,000円/日
年間20日まで
20,000円/日
年間30日まで
100,000円/回
年間2回まで
SBIいきいき少短プラン50スタンダード50%193,200 円224,700 円300,150 円161,550 円50万円制限なし制限なし制限なし
ガーデンプラチナ50%プラン50%191,600 円223,740 円256,220 円97,230 円50万円制限なし制限なし制限なし
ドコモトータルケア50%50%291,120 円315,120 円470,640 円261,600 円72.8万円12,000円/日
年間22日まで
12,000円/日
年間22日まで
100,000円/回
年間2回まで

※表は横にスクロールできます

<トータル補償70%>

会社名商品名補償割合保険料(小型犬・8歳まで)保険料(中型犬・8歳まで)保険料(大型犬・8歳まで)保険料(猫・8歳まで)年間補償上限額通院入院手術
PS保険70%補償プラン70%270,750 円312,690 円343,500 円241,890 円100万円10,000円/日
年間20日まで
20,000円/日
年間30日まで
100,000円/回
年間2回まで
SBIいきいき少短プラン70スタンダード70%270,480 円314,580 円420,210 円226,170 円70万円制限なし制限なし制限なし
あんしんペットずっといっしょL70%259,830 円329,120 円388,260 円210,950 円70万円制限なし制限なし制限なし
ガーデンプラチナ70%プラン70%268,110 円313,210 円358,600 円136,100 円70万円制限なし制限なし制限なし
ドコモトータルケア70%70%370,920 円403,680 円621,840 円330,960 円122.4万円12,000円/日
年間22日まで
30,000円/日
年間22日まで
150,000円/回
年間2回まで

※表は横にスクロールできます

<手術重視80%以上>

会社名商品名補償割合保険料(小型犬・8歳まで)保険料(中型犬・8歳まで)保険料(大型犬・8歳まで)保険料(猫・8歳まで)年間補償上限額通院入院手術免責
あんしんペットずっといっしょS80%76,750 円103,140 円145,060 円64,650 円100万円500,000円/回
年間2回まで
14,000円
ペッツベストアクシデントプラン80%145,710 円145,710 円145,710 円63,090 円50万円250,000円/回250,000円/回250,000円/回7,500円
アニマル倶楽部ホワイトプランⅡ100%196,290 円244,980 円378,180 円160,920 円75万円15,000円/日
年間30日まで
150,000円/回
年間2回まで
なし
ドコモ手術ケア90%151,560 円171,720 円210,480 円93,720 円100万円500,000円/回
年間2回まで
30,000円

※表は横にスクロールできます
※アニマル俱楽部の「ホワイトプランⅡ」の保険料は14歳まで(大型犬は11歳まで猫は12歳まで)

各プランを見てみると、まず保険料の違いに驚きませんか?
同じ補償タイプで比較しても、8歳までの保険料はドコモの方が高い場合が多くなっています。例えば、トータル補償型の50%でFPCとドコモを比較してみると、10~30万円以上も差があることがわかります。
補償の手厚さを示す「年間補償上限金額」でも他社と同等もしくは低い場合もあり、保険料が高いからといって補償が手厚いわけではないことがわかります。

一生涯加入し続けることを考えると、保険料が高く補償内容があまり良くないドコモのペット保険はおすすめではありません。

おすすめはそれぞれのランキングで1位を獲得しているペット保険です。新規での加入・乗り換えを考えている方はこちらも検討してみてください。

トータル補償型50%:FPCのフリーペットほけん
(参考)【初心者のための徹底比較】トータル補償型のおすすめペット保険ランキング【補償割合50%】

トータル補償型70%:PS保険の70%補償プラン
(参考)【初心者のための徹底比較】トータル補償型のおすすめペット保険ランキング【補償割合70%】

手術重視型80%以上:あんしんペットのずっといっしょS
(参考)【初心者のための徹底比較】手術重視型のおすすめペット保険ランキング【補償割合80%以上】

まとめ

ドコモのペット保険は、携帯料金とまとめて保険料を支払える・ポイントの還元があるなどの携帯通信会社ならではのメリットがあります。しかし、他社のペット保険と比べると、もっと良い内容の商品があるので、あまりおすすめはできません。
メリット・デメリットを確認したうえで慎重にペット保険を選びましょう。

補償内容はアイペットと同じだが保険料はアイペットより安い
携帯料金と一緒に払える&「dポイント」が貯まる
× 加入条件の制限がアイペットより厳しい
× 携帯ショップでの契約やサポートはできない
× 賠償責任特約や各種割引がない
× 保険料の安さ・補償内容の手厚さともにペット保険全体で見るとあまり良くない

当サイトではさまざまな視点でペット保険について紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。