イーペット少額短期保険のe-ペット保険。マイナーなペット保険ですが、初回のケガを全額補償という魅力的なプランもあります。
日額・回数無制限で割引も豊富とメリットが多そうですが、最大のデメリットは「保険料が高めなのに補償の手厚さは一般的」なこと。
加入前に知っておきたいイーペット保険のメリットとデメリットをご紹介します。知らずに加入して後悔する前に、しっかりと数字で比較した結果をみてから、加入を検討してくださいね!

イーペット保険はおすすめ?

初回のケガのみ全額補償という特徴的なプランを持つイーペットのペット保険。
1日あたりの利用金額や年間の利用回数が無制限なので、制限を気にせず補償を受けたい方は気になる商品の一つでしょう。

一方で、マイナーな保険会社なので、「本当にしっかり補償してもらえるの…?」と不安になってしまう方も多いはず。

そこで、イーペット少額短期保険のペット保険を、保険料や補償内容、口コミなど様々な観点から比較しメリット・デメリットを検討しました。

比較の結果、イーペット保険は高額な保険料を気にしない方にはおすすめということが分かりました。

イーペット保険のメリット・デメリットは下記の通りです。

それでは、メリット・デメリットを詳しく見ていく前に、イーペット保険のプランを簡単におさえておきましょう!

イーペット保険の「e-ペット50」「e-ペット70」プランの特徴は?

イーペット少額短期保険のペット保険には、どんな特徴があるのでしょうか?

イーペット保険のプランは「e-ペット50」「e-ペット70」の2種類です。

各プランの補償内容と保険料を一覧にしましたので、ご覧ください。

商品名 補償割合 通院・入院・手術 年間補償限度額 生涯保険料(小型犬・15歳まで) 生涯保険料(中型犬・15歳まで) 生涯保険料(大型犬・15歳まで) 生涯保険料(猫・15歳まで)
e-ペット50 50% 制限なし 60万円 563,290 円 563,290 円 774,430 円 419,440 円
e-ペット70 70% 制限なし 60万円 760,140 円 760,140 円 1,073,750 円 531,140 円

※表は横にスクロールできます。

イーペット保険の「e-ペット50」「e-ペット70」は、どちらも通院・入院・手術を補償するプランです。

補償内容の大きな特徴は、1日あたりの利用金額や年間の利用回数に制限がないこと。
年間補償限度額の60万円までは自由に保険金を請求することができるので、使いやすい保険です。

また、ペット賠償責任特約がつけられるのも特徴です。
これは、ペットが他人にケガをさせたり、物を壊したりしてしまったときに、その治療費や修繕費などを補償する特約です。
イーペットの場合は、月々130円(年間1440円)で、1事故につき年間最大500万円まで補償してくれます。

(参考)ペット保険の特約って必要?

続いて、イーペット保険のメリット・デメリットについて、詳しく見ていきましょう。

イーペット保険4つのメリット

まずは、イーペット保険にはどんなメリットがあるのか確認してみましょう。

1日あたりの補償金額と年間の利用回数の制限がない

イーペットの大きなメリットは、1日の支払い限度額や、年間の利用回数の制限がないことです。

ペット保険の中には、1回の治療で支払う保険金の上限が決まっていたり、年間で補償される回数が決まっていたりするものがあります。
その上限を越えてしまうと、それ以降の医療費は補償してもらえません。

高額な治療費に備えたくてペット保険に加入したのに、上限を超えたら自己負担なんて不安ですよね。

ですが、イーペット保険の場合は、そういった日額・回数の上限がありません。

1回あたりの治療費が高額になりがちな手術にも、利用頻度が高くなりがちな通院にも、非常に使いやすい補償内容となっています。

ただし、日額・回数の上限がないからといって、無制限にいくらでも補償してもらえるわけではないことには注意が必要です。
1年間で補償してもらえる金額は60万円までと決まっているので、それを超えた分に関しては自己負担になります。

補償の手厚いペット保険を選ぶには、この年間補償限度額もチェックしておくことが大切です。

イーペット保険の「年間補償限度額」を他社と比較した結果はこちら

「e-ペット70」のみ毎年初回のケガを100%補償する

「e-ペット70」では初回のケガの治療に限り、完治するまでにかかった通院・入院・手術の費用を100%補償します。

対象になるのはケガのみで、初回の病気と2回目以降のケガ・病気については70%の補償となります。

これは更新ごとに適用されるので、毎年初回のケガの治療にかかった費用は100%補償となり、2回目以降は通常の補償割合70%が適応されます。

なお、e-ペット50はこの「初回のケガは100%補償」には対応していないので気を付けてください。

毎年ケガをするというのは考えづらいですが、やんちゃでケガをしやすい子犬・子猫に関しては100%補償があるのは安心ですね。

更新時に条件がつかないことがホームページに明記されている

ペット保険は1年ごとの更新のため、保険会社によってはその更新時に審査があり補償対象外となる病気を追加される場合があります。
例えば、1年目に皮膚炎での請求が多かったため、更新時に審査が入り次年度から皮膚炎は補償対象外になる条件をつけられるというケースです。

ペットが病気になってこれから保険を活用したいというときに、どんどん条件がついてしまうとペット保険に加入した意味がなくなってしまいます。

イーペットでは、公式ホームページに「更新時に条件をつけることはない」と明記しています。
加入時の条件で、ずっと継続できるようなので安心ですね。

(参考)ペット保険のトラブルを避けるには?保険がおりない、更新できないことも!?

多彩な割引制度が用意されている

イーペットには多彩な割引制度が用意されているのも特徴です。
割引がすべて適用されると最大16%も割引となります。(新規契約時は最大11%割引)

割引制度 割引率 内容
インターネット割引 5% 公式ホームページからの申し込みで適用されます。
多頭割引 3% 同一契約者・2頭目以降のペットに適用されます。
マイクロチップ割引 3% マイクロチップが装着されている場合に適用されます。
無事故継続割引 5% 契約を継続する場合、過去1年間で保険金の支払いがなかった場合に適用されます。

イーペットのペット保険を検討する際は、この割引制度も利用してお得に加入しましょう。

(参考)ペット保険の保険料の割引制度って?

イーペット保険4つのデメリット

イーペット保険のメリットを見てきて、
「補償も手厚いみたいだし、割引もあるならお得じゃない?もうイーペットにしちゃおうかな!
と思った方も多いかもしれません。

ですが、デメリットが一つもないペット保険はありません
デメリットを知らずに加入すると、あとでガッカリしてしまうかもしれません。

事前にイーペット保険の4つのデメリットを確認して、後悔しないペット保険選びをしましょう!

他社と比べて保険料が高い

イーペットと同じような補償内容のペット保険は多くありますが、その中でもイーペットの保険料は安くありません。
多頭割引や無事故割引など多彩な割引がメリットではありますが、じつはすべての割引を適用しても、他社のプランほどは安くならないんです!

その理由は、保険料が7歳以降急激に値上がりするから。

ペット保険の保険料は、通常ペットの年齢に合わせて値上がりしていきます。
ただし、その値上がり幅は保険会社によって様々。
イーペットの場合は、高齢期に大きく値上がりするため、加入時の安い保険料だけを見ているとあとで驚くことも…。

こちらのグラフを見ると、7歳以降の値上がりが激しいことがわかりますよね。

  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬

値上がりについてはわかりましたが、これが他のペット保険と比べて割安なのか、割高なのか?はまだ判断できませんよね。
ここからは、他社のプランと比較して、イーペットの保険料がどのくらい高額なのかをみていきましょう。

通院・入院・手術すべてを補償するペット保険で、同じ補償割合どうしを生涯保険料(※)で比較した表がこちらです。

※生涯保険料…保険料の値上がりを考慮し、生涯を通じてかかる保険料を通算したものです。0~15歳までの保険料の合計で比較することで、年齢による保険料の変化に関わらず、保険料の差を比較できます。

50%補償

会社名 商品名 補償割合 生涯保険料(小型犬・15歳まで) 生涯保険料(中型犬・15歳まで) 生涯保険料(大型犬・15歳まで) 生涯保険料(猫・15歳まで)
FPC フリーペットほけん 50% 392,250 円 435,950 円 455,400 円 375,050 円
PS保険 50%補償プラン 50% 435,950 円 494,910 円 537,190 円 383,050 円
SBIいきいき少短 プラン50スタンダード 50% 442,400 円 521,450 円 705,050 円 341,750 円
日本ペットプラス(ガーデン) プラチナ50%プラン 50% 455,150 円 499,320 円 575,010 円 394,370 円
イーペット e-ペット50 50% 563,290 円 563,290 円 774,430 円 419,440 円
ペット&ファミリー げんきナンバーわんプラン50 50% 584,660 円 626,350 円 815,830 円 490,180 円
アクサ損保 プラン50 50% 619,260 円 661,340 円 675,160 円 433,810 円
アニコム損保 ふぁみりぃ50%プラン 50% 676,280 円 676,280 円 904,520 円 520,510 円
アイペット損保 うちの子50%プラン 50% 905,540 円 905,540 円 1,577,340 円 792,220 円
au損保 通院ありタイプ50%コース 50% 920,160円 920,160円 1,683,460円 713,900円

※表は横にスクロールできます。

  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬

70%補償

会社名 商品名 補償割合 生涯保険料(小型犬・15歳まで) 生涯保険料(中型犬・15歳まで) 生涯保険料(大型犬・15歳まで) 生涯保険料(猫・15歳まで)
FPC フリーペットほけん70%補償プラン 70% 490,700 円 544,600 円 568,900 円 468,700 円
PS保険 70%補償プラン 70% 555,250 円 630,980 円 685,890 円 488,190 円
SBIいきいき少短 プラン70スタンダード 70% 619,360 円 730,030 円 987,070 円 478,450 円
楽天少短 あんしんペットL 70% 635,260 円 762,210 円 840,910 円 443,870 円
日本ペットプラス(ガーデン) プラチナ70%プラン 70% 637,040 円 698,890 円 804,710 円 552,020 円
ペット&ファミリー げんきナンバーわんプラン70 70% 740,550 円 819,590 円 1,089,130 円 584,210 円
イーペット e-ペット70 70% 760,140 円 760,140 円 1,073,750 円 531,140 円
アクサ損保 プラン70 70% 815,770 円 874,680 円 894,050 円 556,140 円
アニコム損保 ふぁみりぃ70%プラン 70% 964,770 円 964,770 円 1,322,010 円 725,190 円
アイペット損保 うちの子70%プラン 70% 1,192,240 円 1,192,240 円 2,132,870 円 1,038,970 円
au損保 通院ありタイプ70%コース 70% 1,243,960円 1,243,960円 2,312,570円 955,150円

※表は横にスクロールできます。

  • 小型犬
  • 中型犬
  • 大型犬

ペット保険各社の保険料と比べると、イーペット保険の保険料が高額だということがわかりますね。

補償割合50%の場合でも、イーペットと最も安いFPCでは小型犬の生涯保険料に20万近くも差があります
割引をすべて適用した場合でも、10万円近くイーペットのほうが高い結果に。

このように、他社と比較すると、同じような補償内容で保険料が安い保険は他にもあります。
ペット保険に加入する際には、数字でよく比較・検討してから加入しましょう。

補償の手厚さを示す年間補償限度額は普通

ペット保険の補償の手厚さを知るために、必ずチェックすべき項目が「年間補償限度額」です。

年間補償限度額とは、年間で支払われる保険金の上限金額のこと。
この金額が高ければ高いほど、保険金をたくさん受け取れる可能性がある、つまり補償が手厚いといえます。

イーペットの年間補償限度額を、他社のペット保険と比較してみました。

50%補償

会社名 商品名 年間補償限度額
PS保険 50%補償プラン 100万円
FPC フリーペットほけん50%補償プラン 85万円
アイペット損保 うちの子50%プラン 73万円
イーペット e-ペット50 60万円
アニコム損保 ふぁみりぃ50%プラン 60万円
日本ペットプラス(ガーデン) プラチナ50%プラン 50万円
アクサ損保 プラン50 50万円
SBIいきいき少短 プラン50スタンダード 50万円
ペット&ファミリー げんきナンバーわんプラン50 50万円
au損保 通院ありタイプ50%コース 50万円

70%補償

会社名 商品名 年間補償限度額
アイペット損保 うちの子70%プラン 122万円
PS保険 70%補償プラン 100万円
FPC フリーペットほけん70%補償プラン 85万円
アニコム損保 ふぁみりぃ70%プラン 84万円
日本ペットプラス(ガーデン) プラチナ70%プラン 70万円
楽天少短 あんしんペットL 70万円
アクサ損保 プラン70 70万円
SBIいきいき少短 プラン70スタンダード 70万円
ペット&ファミリー げんきナンバーわんプラン70 70万円
au損保 通院ありタイプ70%コース 70万円
イーペット e-ペット70 60万円

こちらの表を見ると、年間補償限度額は
・通院・入院・手術補償の50%補償プランの場合、50万~70万円
・通院・入院・手術補償の70%補償プランの場合、60万~80万円
に設定してあるのが一般的です。

イーペット保険の年間補償限度額は、50%でも70%でも60万円。特に補償が手厚いというわけではありません。

健康体であることが加入条件

イーペットでは加入条件として「健康体であること」が記載されています。

病気やケガで治療中、経過観察中である場合は加入できません。
また、過去3ヵ月以内に動物病院で予防以外の目的で診察を受けている場合も、加入を断られてしまうようです。

さらに、完治して3ヵ月経過していても慢性的な持病がある場合には加入できないという、厳しい加入条件が設けられています。

すでに病気にかかっているペットは加入できないので、他のペット保険を検討しましょう。

病気の場合は待機期間が15日ある

イーペットには、新規で加入する場合に「待機期間」が設けられています。

「待機期間?ペット保険に加入申込すればすぐに補償してもらえるんじゃないの?」
と思ってしまいますよね。

ですが、ペット保険は加入後すぐに補償を受けられるわけではありません。
ペット保険は、申し込みから補償開始までに一定の待機期間を設けていることがあります。

この待機期間中に病気やケガになって治療を受けた場合、保険金は支払われません。
それだけでなく、待機期間中に発症した病気やケガは、待機期間があけた後も補償されません。

しかも、さらにひどいことに、補償されないにもかかわらず保険料は支払わないといけないんです。

イーペットでは、病気の場合は15日という待機期間があります。

他社では、待機期間が1か月~2か月と長期間になることもある中で、イーペット保険の待機期間は比較的短めの設定です。
ですが、待機期間のないペット保険もあるので、それに比べるとデメリットだと言えるでしょう。

(参考)ペット保険には補償までの待機期間がある?

まとめ:イーペット保険は、保険料は高額だがデメリットが少ない保険

イーペットのペット保険は、補償内容や割引など、魅力的なメリットがたくさんあります。
一方で、保険料が高額なのに補償の手厚さは一般的といったデメリットもありました。

メリット・デメリットを考慮すると、高額な保険料を支払い続けられる方にはおすすめのペット保険といえます。
ただし、保険料を少しでも安く抑えたい方には、あまりおすすめできない保険です。

イーペット保険に加入する場合は、メリット・デメリットを確認したうえで選ぶようにしましょう。

ペット保険はきちんと数字で他社と比較して本当にいいペット保険を見つけることが大切です。
当比較研究所で、ペット保険全18社を数字で徹底比較したおすすめランキングがこちらです!
あなたにピッタリのペット保険を見つけるための参考にしてみてください。

ペット保険総合比較ランキングバナー

イーペットの口コミ・評判一覧

みんなのクチコミ

投稿されたクチコミ件数:2

  • 星5つ 1
  • 星4つ 1
  • 星3つ 0
  • 星2つ 0
  • 星1つ 0

アサちゃんさん

(60代/男性/会社員/ゴールデンレトリバー 4歳)

プラン:イーペット50 加入日:2017/03/01
契約継続期間:1年 利用頻度:2~3ヶ月に1回くらい使う
加入時に比較検討した保険会社:2社  保険乗り換え経験:2回

総合評価
5.0
保険料の安さ
4.0
補償内容の手厚さ
5.0
対応の良さ
5.0
保険金の支払い
5.0
おすすめ意向
5.0
● 総合評価

何しろ、安心して病院にかかることが出来ます。
去年は子宮蓄膿症で手術、現在はアレルギー皮膚炎で定期的に通院中でお世話になっています。
特に慢性疾患のペットを飼われている方には心強いと思います。
掛け金の金額と補償内容のバランスではお薦めできると思います。

● 保険料の安さ

以前飼育していたゴールデンの時(3年前に13歳で死去)は、選択できる程の保険会社が無かったのでかなりの額を支払っていました。
その当時から比べたら十分満足しています。
何社か実際に加入したりしましたが、補償内容に十分見合った金額だと思います。

● 補償内容の手厚さ

以前に数社の保険に加入いたしましたが、どちらも同じ疾患(外耳炎)で数回かかったら、次年度より皮膚疾患は免責させていただきます。との事だったのでこちらの保険に加入いたしました。
最近の診療では、一日の通院がかなりの額になる場合もあるので、一日の限度額が決まっていたりすると足が出てしまったりしますが、その点こちらの保険は年間補償金額で対応していただけるので安心して病院にかかることが出来ます。
アレルギー検査等も治療の一環としてなので補償対象になる等、
保険金額と補償内容とのバランスでは十分安心できるものだと思います。

● 対応の良さ

前に入っていた保険のトラウマがあるので電話で直接お話しを伺ったのですが、丁寧に対応していただいた上、「限度額まで安心して治療を続けて下さい」との親身になったお言葉をいただけて大変感動いたしました。

● 保険金の支払い

手続きも簡単だし、今まではすべて対応していただいています。
入金も2週間程度なので特別遅いとは思いません。

● おすすめ意向

すでにお薦めしました。

● 改善点・意見

現在のところ満足です。

● 加入証明写真

※個人情報につながる部分に関しては画像加工しています。

えびちゅうさん

(/ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア 5歳 ♂)

プラン:イーペット70 加入日:2016/11/01
契約継続期間:2年 利用頻度:数年に1回くらい使う
加入時に比較検討した保険会社:7社  保険乗り換え経験:なし

総合評価
4.0
保険料の安さ
3.0
補償内容の手厚さ
4.0
対応の良さ
5.0
保険金の支払い
5.0
おすすめ意向
5.0
● 総合評価

電話の対応もいいし今まで請求した保険金が下りなかったことは
ないです。年間60万円以内であれば、1日あたりの制限や回数の
制限など細かい設定はないところも決め手になりました。
窓口精算ではありませんが、窓口精算だと動物病院でバタバタして
しまう印象があります。それに比べて、ゆったり手続きができる
ので後日精算で良かったなと思っています。

● 保険料の安さ

今のところ、保険料と補償のバランスが取れていると思います。
年齢が上がると保険料が高くなるかもしれない。その時は、
他社とまた比較してみようと思います。

● 補償内容の手厚さ

年間60万以内であれば細かい制限がないのがいいですね。今まで
に補償されなかった…ということもありません。ケガは初回100%
補償というのも心強いです。まだケガでの請求はしたことがなく、
病気の請求のみですがしっかり70%補償してくれるので安心です。

● 対応の良さ

電話もつながりやすいですし、請求書を送ってもらうときにとても
対応が良いです。補償を受けられずに困ったこともないので、満足
しています。

● 保険金の支払い

請求から振込までの期間も、何日くらいだったか覚えていませんが、
保険会社に催促するほど気になったことはありません。
保険金は70%きっちり振り込みしていただけます。

● おすすめ意向

通院、入院、手術回数やそれぞれの細かい制限がないのと免責がない
のは魅力です。ケガの初回保険金が100%でるというのも心強いですね。
インターネット割引やマイクロチップ割引があるので他社と比べても
そんなに高くはならないです。不満に思ったことはないので、おすすめ
できるペット保険です。

● 改善点・意見

10歳以上の年齢の保険料をお安くしていただければ、、、と思います。

● 加入証明写真

※個人情報につながる部分に関しては画像加工しています。


★ペット保険の口コミ投稿で全員プレゼントキャンペーン実施中★

イーペットの口コミを投稿する

ニックネーム必須
年齢・性別
  • /
職業
ペットの情報必須
保険会社名必須
加入中のプラン必須
保険の利用状況必須
加入時期必須
他社比較経験必須

ペット保険を選ぶ際に比較・検討した保険会社はありますか?

乗り換え経験必須

過去に他のペット保険に加入していたことはありますか?

評価必須

※当研究所で内容を確認した上でサイトに反映します。
※説明が不十分なものや具体性にかけるもの、疑わしい内容が含まれている場合は、サイトに反映されないことがあります。予めご了承ください。

保険料の安さ必須

-50文字

補償内容の手厚さ必須

-50文字

対応の良さ必須

-50文字

保険金の支払い必須

-50文字

友人へのおすすめ必須

-50文字

総合評価必須

-80文字

改善点・意見

その他

保険証券の写真必須

※口コミの信頼性を確かめる目的で使用します。

※画像は500MBまでアップロード可能です。

※保険会社名・プラン名・保険契約期間・保険証券番号・ペットの種類と年齢が読み取れる写真を添付してください。
※個人情報は、画像加工や付箋などで隠して投稿してください。もし個人情報が写っていた場合には当研究所で加工して使用します。


 

ペット保険総合比較ランキングバナー

ペット保険口コミランキングバナー