比較しているとガーデン少額短期保険の「いぬとねこの保険」を見かけることはありませんか?商品や割引サービスが多彩で気になる方も多いのではないでしょうか。
ここでは、そのガーデンについて口コミや特徴を詳しく紹介します!

ガーデン

ガーデンの口コミ・評判まとめ

商品を知るうえで参考になるのが口コミです。ガーデンのペット保険を実際に利用している方の口コミから評判をまとめてみました。

良いところ

  • 万が一の手術だけを備えたかったのでパールプランがあってよかったです(40代・女性・雑種)
  • 日額や回数の制限がないので年間補償上限金額まで好きなように使えるのはいいですね(50代・男性・シーズー)
  • いろいろ割引があって保険料が安くなるのでうれしいです(20代・女性・マンチカン)
  • 補償割合が50%・70%・90%と揃っているので選びやすいです(30代・男性・柴犬)

改善してほしいところ

  • 窓口で精算できないので少し面倒です(30代・女性・アメリカンショートヘアー)
  • 終身継続できないのは残念です(50代・男性・ラブラドルレトリバー)
  • 別のプランに変更しようと思ったのに手間がかかるようなので諦めました(20代・女性・トイプードル)

豊富な商品、日額や回数制限がないところ、割引制度などガーデンならではのポイントに気に入っている方が多いですね。幅広いニーズに応えられていると言えます。

ですが、窓口で精算できないことや、変更に手間がかかるなど、商品が多いからこそ起こる問題や終身継続ができない点に不満を感じている方もいます。
ペット保険も商売なので一長一短であることは理解しておきましょう。

ガーデンはこんな人向き!注目のポイントは?

使い勝手がいいガーデンですが、具体的にどういった方向けのペット保険なのでしょうか?気になるポイントをまとめてみました!

① できるだけ保険料を抑えて、補償内容を充実させたい方
② 日額や回数制限を気にせず保険を使いたい方
③ 高い補償割合を選びたい方

① できるだけ保険料を抑えて、補償内容を充実させたい方

ガーデンは大手のペット保険会社ではないですが、その分保険料は抑えられています。
保険料が安いわりに補償内容は充実していて、商品も豊富に揃っているので自分に合ったペット保険を選ぶこともできます。

保険金は後日精算となるので少し手間にはなりますが、それでも保険料を抑えたいという方にはピッタリです。

② 日額や回数制限を気にせず保険を使いたい方

ガーデンの補償内容の特徴は「日額や回数制限がないこと」です。日額や回数の制限を気にしなくていいので気軽に病院を利用できます。

ただし、パールプランは年間2回までと決まっているので注意してください。

③ 高い補償割合を選びたい方

ペット保険の補償割合は50%や70%のものがほとんどで、80%以上の商品は限られます。
ガーデンには90%補償の商品があり、加えて日額や回数の制限がないので治療にかかった費用の90%を補償してもらえます。

治療費を徹底的にカバーしたい方にはおすすめと言えるでしょう。

ガーデンの商品プランまとめ

商品名補償割合生涯保険料(小型犬)生涯保険料(中型犬)生涯保険料(大型犬)生涯保険料(猫)年間補償上限額通院入院手術
プラチナ50%プラン50%455,150 円499,320 円575,010 円394,370 円50万円制限なし制限なし制限なし
プラチナ70%プラン70%637,040 円698,890 円804,710 円552,020 円70万円制限なし制限なし制限なし
プラチナ90%プラン90%819,040 円898,750 円1,034,710 円709,800 円90万円制限なし制限なし制限なし
ゴールド50%プラン50%307,790 円332,780 円376,080 円241,050 円50万円制限なし
ゴールド70%プラン70%430,820 円465,750 円526,350 円337,370 円70万円制限なし
ゴールド90%プラン90%553,890 円598,860 円676,770 円433,760 円90万円制限なし
パール70%プラン70%155,260 円176,910 円221,310 円171,920 円30万円日額制限なし
年間2回まで

※表は右にスクロールできます

ガーデンの「いぬとねこの保険」の各プランを表にまとめてみました!

「いぬとねこの保険」の補償割合は50%・70%・90%の3種類で、全7種類のプランを取り揃えています。
加入できるペットの種類は犬と猫で、新規での加入は補償開始日時時点で生後31日以上、満10歳までです。

ここからは各プランの保険料と補償内容について、さらに詳しく紐解いていってみましょう!

保険料を詳しく見てみる

保険料の特徴

  • 保険料は3歳まで下がり、4歳以降から徐々に値上がりする
  • パールプランは最低月額500円から加入できる

ガーデン年間保険料推移

保険料は3歳まで下がり、4歳以降から徐々に値上がりする

「いぬとねこの保険」の各プランの保険料は、3歳まで下がって4歳以降から値上がりするタイプです。
成犬までの値上がりは緩やかですが、老犬になってからは値上がり幅が大きくなるので注意してください。

他社のペット保険でかかる保険料を比較してみても、FPCPS保険に次ぐ保険料なので比較的安い保険料だと思います。

パールプランは最低月額500円から加入できる

全7種類のプランのうち、「パールプラン」は手術のみを補償します。
補償割合が70%と高めなのに最低月額500円から加入できるので、他プランと同じように値上がりはしますが、気軽にもしもの手術に備えられますよね。
ただ、年間補償上限金額が30万円・年2回までと補償内容は限られる部分はあるので気を付けてください。

補償内容を詳しく見てみる

補償内容の特徴

  • 日額や回数の制限がない(パールプラン以外)
  • トータル・通院・手術の3つの補償タイプが揃う

補償タイプ商品名割合年間補償上限額通院入院手術
トータル補償型プラチナ50%プラン50%50万円制限なし制限なし制限なし
トータル補償型プラチナ70%プラン70%70万円制限なし制限なし制限なし
トータル補償型プラチナ90%プラン90%90万円制限なし制限なし制限なし
通院重視型ゴールド50%プラン50%50万円制限なし
通院重視型ゴールド70%プラン70%70万円制限なし
通院重視型ゴールド90%プラン90%90万円制限なし
手術重視型パール70%プラン70%70万円日額制限なし
年間2回まで

※表は右にスクロールできます

日額や回数の制限がない(パールプラン以外)

前述で少し触れましたが、補償内容に日額や回数の制限がないことが「いぬとねこの保険」の特徴です。

他のペット保険には1回の治療で支払える限度額や年間で補償できる回数が決まっているところもありますが、ガーデンは年間補償上限金額に達するまで好きなように保険を使えます。

手術のみを補償するパールプランは、日額制限はないですが年に2回までと回数制限があるので注意しましょう。

トータル・通院・手術の3つの補償タイプが揃う

「いぬとねこの保険」には7種類の商品がありますが、大きく分けると3つのタイプに分けられます。

  • トータル補償型…「プラチナプラン」は、通院・手術・入院に備えられます。
  • 通院重視型…「ゴールドプラン」は、通院のみに備えられます。
  • 手術重視型…「パールプラン」は、手術のみに備えられます。

(参考)ペット保険の補償タイプって?自分にはどれが合ってる?

通院・手術・入院のすべてに備えたい人もいれば、通院だけ・手術だけと補償を絞って保険料を抑えたい人もいますよね。

さらにガーデンの「いぬとねこの保険」は補償割合が豊富なので、好みに合わせてプランを選ぶことができます。

特約・サービス内容

特約・サービスの特徴

  • ペット賠償責任特約を用意している
  • 割引制度が多彩
  • 待機期間が少し長め

ペット賠償責任特約を用意している

特約は基本的なプランにオプションとして追加できるもので、保険会社によって用意しているところがあります。

ガーデンでは「ペット賠償責任特約」を用意しています。
これはペットが他人にケガをさせたり、他人の物を壊してしまったとき、損害賠償金や弁護士費用などを補償するものです。
年間で最高500万円まで補償してくれます。

なお、パールプランはペット賠償責任特約が付帯できないので注意しましょう。

割引制度が多彩

ペット保険に入るとき、あるとうれしいのが割引制度ですよね。でも、割引制度があっても、もともとの保険料が高ければ安くなったと言えないので注意しないといけません。

ガーデンでは4種類も割引制度を用意しています。どんなものがあるのかチェックしてみましょう。

<割引制度>

割引制度割引率内容
無事故割引5%1年間に保険金の支払いが一度もなければ、次年度の保険料が割引されます。
インターネット割引5%インターネットから申し込みすると保険料が割引されます。
多頭割引1頭につき900円複数等加入すると、保険料が年間900円割引されます。
マイクロチップ割引600円マイクロチップを装着しているペットは、保険料が600円割引されます。

待機期間が少し長め

保険会社によっては、ペット保険の責任開始日から待機期間を設けているところがあります。この待機期間に治療を受けた場合、保険金は支払われません。
(参考)ペット保険には補償までの待機期間がある?

ガーデンの待機期間は初年度契約の責任開始日から30日間です。ケガの場合、待機期間はないようです。
ただ、ガンの場合は待機期間が60日間と少し長めになっています。病気はいつなるか分からないので、待機期間中に治療が必要にならないようにしたいですね。

気をつけておきたい落とし穴

ここまでガーデンの特徴を紹介しましたが、プランを決める前に見落としがちな落とし穴もあるようです。
気を付けておきたいポイントもきちんと把握しておきましょう。

終身で保険に加入できない

ガーデンの「いぬとねこの保険」の各プランは終身保険ではありません。
他のペット保険は終身で加入できるところが多いですが、「いぬとねこの保険」は満20歳までとなっています。
ペットの平均寿命が15歳程度とはいえ、終身で入れないのは少し不安ですね。

免責事項が厳しい

ペット保険には約款という、ペット保険の詳細が記載されたものが用意されています。
この約款に目を通しておかないと「補償されると思っていたのに実は補償対象外だった…」となってしまうので注意が必要です。

ガーデンの補償対象外項目を確認してみると「特定のケガや病気が補償されない」という制約を見つけました。

【対象外項目外】

膝蓋骨脱臼、股関節形成不全、レッグペルテス、てんかん、チェリーアイ、気管虚脱、涙やけ など

小型犬が引き起こしやすい膝蓋骨脱臼などが対象外項目になっています。
傷病によって補償が受けられないリスクを考えて検討した方が良さそうですね。

プランの変更が難しい場合もある

「いぬとねこの保険」には7種類のプランがあります。一度どれかのプランで加入したあと、ほかのプランに変更したくても難しい場合があるようです。

補償割合を下げる場合は、更新案内が届いた時期に連絡すれば手続きを行ってくれますが、上げる場合は対応していません。

どうしても補償割合を上げたければ、一度解約して再度新規で申し込みするようになります。その場合、引受審査で一部が補償対象外になったり、引受自体を断られることもあるようです。

しっかり検討したうえで加入すればいい話ではありますが、自由に補償を上げられないのは残念ですね。

まとめ

プランが豊富なガーデンの「いぬとねこの保険」。保険料も安めで補償内容も魅力的でも、補償対象外項目が多いという気になるところもあるので、以下のポイントを参考にしてペット保険を選んでみてください。

メリット

  • 比較的保険料は安い
  • 日額や回数の制限がない(パールプラン以外)
  • トータル・通院・手術の3つの補償タイプが揃う
  • ペット賠償責任特約を用意している
  • 割引制度が多彩

<デメリット>

  • 待機期間が少し長め
  • 終身で保険に加入できない
  • 免責事項が厳しい
  • プランの変更が難しい場合もある

当サイトではほかのペット保険についても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。