「アイペット損害保険」は、ペット保険業界で大手保険会社だけあって知名度が高い保険会社の一つです。窓口精算や優待サービスなど幅広く用意しています。
そんなアイペットの口コミや特徴はどうなっているのでしょうか?

アイペット

アイペットの口コミ・評判まとめ

商品を知るうえで参考になるのが口コミです。アイペットのペット保険を実際に利用している方の口コミから評判をまとめてみました。

良いところ

  • 動物病院の窓口で精算できるのは楽ですね(30代・女性・ダックスフンド)
  • オペレーターの対応が丁寧で安心して質問できました(40代・女性・トイプードル)
  • ペットショップで優待があるのでうれしいです(50歳・男性・ポメラニアン)
  • 手術に特化した商品があって助かっています(20代・女性・ゴールデンレトリバー)
  • 割引制度がいくつかあるのでいいなと思います(40歳・男性・ブリティッシュショートヘアー

改善してほしいところ

  • 保険料が高いのでこのまま加入しておくのは難しそうです(20代・女性・柴犬)
  • 保険料の値上がりがあり、生活に影響が出るので困ってしまいます(30代・女性・マンチカン)
  • 窓口精算ができる病院がアニコムと比べて少ないのでもっと増やしてほしいです(40代・男性・マルチーズ)

口コミを見ると、手術に特化したサービスが充実してるおかげで手術が必要となるケガをしやすいペットを飼っている方に好評のようです。

一方で、保険料の高さや窓口精算ができる動物病院の少なさに対する不満もありますね。

「サービス」と「保険料」のどちらを重視するかが、ペット保険選びのポイントになってきそうです。

アイペットはこんな人向き!注目のポイントは?

では、アイペットのペット保険は具体的にどういった方向けなのでしょうか?気になるポイントをまとめてみました。

① 安心できる大手の保険会社がいい
② 病院の窓口で精算したい(「うちの子」のみ)
③ できるだけ保険料を抑えて手術だけに備えたい(「うちの子Light」のみ)

① 安心できる大手の保険会社がいい

アイペットはペット保険業界で有名な大手保険会社です。動物病院やペットショップなどで紹介されたり、テレビCMで知ったという方も多いでしょう。知名度も高く、大手ならではのサポートも充実しているので安心です。

ただし、サポートが充実している分、保険料は割高になっています。ペットが高齢になって保険料が上がってもきちんと支払える、家計に余裕がある方におすすめです。

② 病院の窓口で精算したい(「うちの子」のみ)

ペット保険の保険金の請求は病院の窓口で精算する「窓口精算」と、一旦全額治療費を支払ったあと保険会社に請求する「後日精算」があります。
アイペットの「うちの子」の場合、窓口精算を採用しています。アイペットと提携している動物病院に限り、保険金分を引いた治療費を支払えます。

後日保険会社に請求しなくて済むので、「とにかく楽に保険金を請求したい!」という方にはおすすめです。
なお、「うちの子Light」の場合は後日精算になるので注意してください。
(参考)保険金の支払いを受けるまでの流れって?

③ できるだけ保険料を抑えて手術だけに備えたい(「うちの子Light」のみ)

アイペットには治療費が高額になりがちな手術のみに備えられる「うちの子Light」を用意しています。
補償範囲を手術のみに絞ることで、保険料を抑えられるのも魅力です。「保険料は安く抑えられ、もしものときの手術だけは最低限備えたい」「通院費は自己負担でも構わない」という方に向いているでしょう。

アイペットの商品プランまとめ

商品名補償割合生涯保険料(小型犬)生涯保険料(中型犬)生涯保険料(大型犬)生涯保険料(猫)年間補償上限額通院入院手術免責
うちの子50%プラン50%905,540 円975,730 円1,577,340 円792,220 円73万円12,000円/日
年間22日まで
12,000円/日
年間22日まで
100,000円/回
年間2回まで
うちの子70%プラン70%1,192,240 円1,289,430 円2,132,870 円1,038,970 円122万円12,000円/日
年間22日まで
30,000円/日
年間22日まで
150,000円/回
年間2回まで
うちの子light90%557,990 円580,820 円694,460 円262,440 円100万円500,000円/回
年間2回まで
30,000 円

※表は右にスクロールできます

アイペットが提供する商品をまとめてみました。
アイペットの商品は0歳~12歳11ヵ月の犬と猫が申し込みでき、終身まで加入できます。

通院・入院・手術を補償する「うちの子プラン」は補償割合50%・70%の2種類で、手術のみを補償する「うちの子Light」は補償割合90%のみです。

それではここからは各プランの保険料と補償内容の詳細を見てみようと思います。

保険料を詳しく見てみる

保険料の特徴

  • どちらのプランも保険料は割高
  • 3歳以降に急激に値上がりする

どちらのプランも保険料は割高

アイペットの口コミの中で「保険料が高過ぎて継続できない!」というような声をよく耳にします。

実際にどれくらい違うのか、「うちの子の50%プラン」の小型犬にかかる生涯保険料をグラフで比べてみました。

子犬にかかる各ペット保険の生涯保険

生涯保険料が一番安いFPCのフリーペットほけんと比べると、なんと50万円以上も差額があります。

安さが売りの「うちの子Light」も生涯保険料で考えると特別安いというわけではなく、アイペットの商品の保険料はどれも割高に設定してあるのが実情です。

広告などで最安値を紹介しているので「安い!」と勘違いする方もいるので気を付けてくださいね。

3歳以降に急激に値上がりする

アイペット年間保険料推移

アイペットの保険料は高めに設定してありますが、どのように推移していくと思いますか?
上記は各プランの小型犬にかかる生涯保険料のグラフです。3歳以降から急激に値上がりしているのが分かりますね。

若いころは安く思って加入しても、高齢になるにつれて保険料がどんどん高くなっていくので、終身で継続するとかなりの負担になってきてしまいます。

他社のペット保険に同じような補償内容で保険料が安いプランがあるので、乗り換える方も少なくありません。
乗り換える場合、ペット保険は新規加入の年齢制限が7歳~8歳までくらいであることが多いので、 乗り換える場合は早めに決断するのが吉です。
(参考)ペット保険に加入できるペットの種類は?年齢制限は?

補償内容を詳しく見てみる

補償内容の特徴

  • 「うちの子」は年間補償上限金額が高めでも、補償内容は平均的
  • 「うちの子Light」は免責金額があるが、手術のほかに入院も補償する

商品名補償割合年間補償上限額通院入院手術免責
うちの子50%プラン50%73万円12,000円/日
年間22日まで
12,000円/日
年間22日まで
100,000円/回
年間2回まで
うちの子70%プラン70%122万円12,000円/日
年間22日まで
30,000円/日
年間22日まで
150,000円/回
年間2回まで
うちの子light90%100万円500,000円/回
年間2回まで
30,000 円

※表は右にスクロールできます

「うちの子」は年間補償上限金額が高めでも、補償内容は平均的

「うちの子プラン」は補償割合50%と70%の2種類ありますが、どちらも年間補償上限金額は高めに設定してあります。
補償内容は通院・入院・手術をまんべんなく補償し、よほどのことがない限り設定されている日額制限・回数制限内でカバーできます。

ただ、保険料の高さを考えると特別に補償内容が良いというわけではありません。保険料が安い他社のペット保険にも日額制限が1万円以上、回数制限が通院・入院が20日以上、手術も2回設定してあるものもあります。

平均的な補償内容なので、保険料と比べると見劣りしてしまいますね。

「うちの子Light」は免責金額があるが、手術のほかに入院も補償する

「うちの子Lightプラン」は、万が一の高額な手術費に備える手術重視型プランです。手術重視のプランは他社にもいくつかあって、ほとんどの商品に免責金額が設定してあります。
決められた金額を超えないと補償を受けられないというものですが、手術は免責金額よりはるかに上回る治療費がかかるのでそれほど免責金額を意識しなくてもいいでしょう。

「うちの子Light」は手術だけでなく手術を含む連続した入院も10日間まで補償してくれるので、ほとんどの場合、免責金額の3万円を超えそうですね。
ただ念のため、免責金額の3万円に達しない場合は保険金が支払われないということは理解しておいてください。

特約・サービス内容

特約・サービスの特徴

  • 「うちの子」は保険金を窓口で精算できる
  • ペット賠償責任特約が付けられる
  • 割引制度・優待サービスが豊富

「うちの子」は保険金を窓口で精算できる

ペットの写真入りの保険証を窓口で提示することで、人間の健康保険と同じように補償分を差し引いて精算ができるので手間がありません。
保険金を窓口で精算できるペット保険は限られるので、特徴的なサービスと言えますね。なお、窓口精算は提携している動物病院に限ります。(2017年9月7日現在、対応病院数は4028病院)

窓口精算ができるペット保険は基本的に保険料が高い傾向があるので、アイペットの保険料の高さは仕方がないのかもしれません。
(参考)保険金の支払いを受けるまでの流れって?

ペット賠償責任特約が付けられる

アイペットのペット保険にはオプションでペット賠償責任特約を付けることができます。

ペット賠償責任特約とは、ペットが他人にケガをさせたり、物を壊したりしたときに法律上の損害賠償責任が発生した場合に補償してくれる特約です。
追加保険料(年払/1460円、月払/130円)を支払えば、1事故につき500万円を限度に補償してくれます。もしものときが心配な方は加入していると安心です。

割引制度・優待サービスが豊富

割引制度や優待サービスを受けられることも保険料が高めに設定してある理由の一つです。
条件によって保険料を割引してくれたり、さまざまな動物施設で割引サービスを受けられます。
特に頻繁に動物施設を利用する方はお得になるのでうれしいですね!

<割引制度>

割引制度割引率内容
多頭割引2・3頭:2%
4頭以上:3%
同一の契約者が複数匹契約すると割引されます。
(犬と猫の組み合わせでもOK)
無事故継続割引5%過去1年間に保険金の支払いがなかった場合、継続後の保険料を割引します。
インターネット契約割引
(うちの子Lightのみ)
10%インターネットから申し込みすると保険料が割引されます。

<優待サービス>

  • トリミング
  • ペットホテル
  • ドッグカフェ
  • しつけ教室
  • ペットグッズ

気をつけておきたい落とし穴

ここまでアイペットの商品の特徴を紹介しましたが、もちろんいいことばかりではありません。
ここでは気を付けておきたい落とし穴についてまとめました。

13歳以降の保険料が公表されていない

他社のペット保険では全年齢でかかる保険料を公表しているところがほとんどですが、実はアイペットの13歳以降にかかる保険料は公表されていません。
12歳までの保険料で見てもすでに高額ですが、13歳以降はもっと高くなるかもしれないと思うと不安でたまりませんよね。

アイペット自身も保険料が高めということは自覚していて、あえて13歳以降の保険料を隠しているのかもしれません。
ペットが長生きするようになってきたので、13以降にかかる保険料で家計をさらに圧迫する可能性があります。
(参考)ペット保険は一生涯にかかる保険料でチェックしよう

アイペットに対応していない病院は後日精算に

アイペットの「うちの子」は窓口精算ができますが、それはあくまで提携している病院に限られます。
口コミでもあったように、アイペットは窓口精算ができる病院がアニコムと比べて少ないのが現状です。

かかりつけや近くの病院がアイペットの保険に対応していない場合は後日精算になってしまいます。
後日精算になった場合、高い保険料を支払っている意味がなくなってしまいますね。

なお、後日精算になった場合は以下の準備をして、郵送するようになります。

<診療明細書が発行される場合>

  • 保険金請求書兼同意書
  • 診療明細書(原本)

<診療明細書が発行されない場合>

  • 保険金請求書兼同意書
  • 領収証(原本)
  • アイペット指定診療明細書

まとめ

サービスが充実し、手術に特化した商品も取り扱うアイペットですが、どうしても割高な保険料が気になりますね。
ペット保険選びで悩まれている方は以下のポイントを参考にして、納得のいくペット保険を選ぶようにしましょう。

メリット

  • 大手の保険会社で安心
  • 病院の窓口で精算できる
  • 手術に特化した商品がある
  • ペット賠償責任特約が付けられる
  • 割引制度・サービスが充実している

<デメリット>

  • 保険料が割高
  • 3歳以降に急激に保険料が値上がりする
  • 13歳以降の保険料が公表されていない
  • アイペットに対応していない病院は後日精算になる

当サイトではほかのペット保険についても紹介しています。
よろしければ以下のページも参考にしてみてください。