ペット保険の体験談

ペット保険に入っていなくて後悔したこと

子宮蓄膿症で治療費20万円。ペット保険未加入で家計にも大きな負担が…。

体験者
プロフィール

・ニックネーム
ちーちゃんさん
・プロフィール
40代 女性 主婦 兵庫県
・ペットの種類
マルチーズ(7歳)
・ペット保険会社
未加入
・プラン名
未加入

ペット保険に加入していなくて後悔した経緯

 去年の12月愛犬が子宮蓄膿症になりました。急に、ご飯もほとんど食べなくなり、大好きな散歩も行きたがらず、ぐったりしているので、かかりつけの動物病院に連れていき、エコー、血液などの検査をしたところ、異常なしとのことで帰ってきました。

 数日たっても状態は変わらず、一向に良くなるどころか、ますます悪化しているので、再度連れて行ったところ、子宮蓄膿症です。緊急入院して下さいとのことでした。明日でも構わないですが、危険な状態なので、少しでも早く手術をした方がいいといわれました。1週間ほど前に連れて行った時には何もなかったのに、その時の検査ではかなりのひどく、緊急手術が必要とのことでした。元気がないので、何かおかしいと思いましたが、緊急手術と聞き、頭の中が真っ白になりましたが、私には先生にお願いするしか何もできないので、先生にお願いし、帰宅しました。その時の説明では手術後すぐに元気になりますが、状態も見たいので、大体5日ほどの入院が必要とのことでした。

 手術をしていただいて、夕方様子を見にいったところ、実際の子宮を見せてもらったのですが、子宮は裂けていて、通常よりかなり肥大していました。愛犬は顔を見て帰りたがりましたが、ここはお互いグッと我慢。退院日が来るまで毎日面会に行きました。

 後で、聞くと避妊をしていない犬はなりやすいらしく、死にも至る危険な病気だとの事。命を取り留めることが出来てよかったです。

 今は元気になり、ゴールデンウィークには恒例の沖縄旅行にも連れていくことが出来ました。

 先に何もないといわれ、検査した時1万円ほど、入院では15万ほど、その後の経過を何回か見せに行き、結局20万ほどかかりましたので、ペット保険に入っておけばよかったなぁと後悔しました。

総評

 家族の一員として飼っている方が多いかと思います。犬も生き物いつ大きな病気にかかってしまうか分かりません。

 しかも人間と違い、保険がきかず、100%負担なので一回の診療費がかなりかさみます。私の通っている動物病院では現金のみの支払いなので、支払いができないので、そのまま連れて帰るといった方も見かけたことがあります。

 そういった時のためにもペット保険は有効かと思います。毎月の支払いは必要ですが、一回に大きな額を支払う必要がないので、家計への負担も少なくて済みます。知り合いも番犬が手術をした際にやはり20万ほどかかりこんなことなら、ペット保険に入っておけばよかったとこの間話していました。

 愛犬が長生きするための保険と思えば、全然安いし、まず安心です。昔と違い、ペットも長生きの時代に入ってきているので、ペット保険は必須だと思います。今は沢山の保険会社から選べるみたいなので、自分に合った保険がきっと見つかるかと思います。

(参考)ペットが健康なうちに入りたいおすすめのペット保険ランキング
(参考)ペット保険は病気でも入れる?既往症とペット保険について解説

タイプ別ランキング

ペット保険比較のステップ