ペット保険の体験談

ペット保険に入っていなくて後悔したこと

柴犬の突然の病で毎月3万2000円の治療費。保険未加入で家計に大きな負担が…。

体験者
プロフィール

・ニックネーム
ねこさん
・プロフィール
50代 女性 営業事務 山口県
・ペットの種類
柴犬(13歳)
・ペット保険会社
未加入
・プラン名
未加入

ペット保険に加入していなくて後悔した経緯

 私の犬は、知人から譲り受けた柴犬です。生後3ヶ月で来ました。家では飼えないので会社で飼っています。今では会社の看板犬です。人が好きで誰にでも愛想がよく、みんなにかわいがられています。子供の頃は、会社の中を一人で走り回ったり、時には、私の昼食を私のいない間に勝手に全部食べたりするぐらい、とても元気な子でした。13才になるまで、病気らしい病気もせず、一度だけ近所の犬に噛みつかれて2針ほど縫われたケガをしただけでした。元気が取り柄の犬でした。

 ところが13才の歳に、突然病気になったのです。ある日、体を触っていたら、お腹にオデキみたいな物ができていました。ですが普段と変わらず食事もしていましたし、オデキの部分を触っても痛がりませんので、特に動物病院には連れて行きませんでした。

 しかし何日か経つうちに、オデキの部分は触らずとも腫れているのが分かるようになりました。

 私もこれには、あわて病院に連れて行きました。するとオデキだと思っていたものは、腫瘍でした。うちの犬に限って……と、愕然としました。

 病院の先生から手術をしたほうが勧められ、受けました。1回の切除手術につき 35000円。腫瘍は2カ所あったので、2回の手術で計70000円がかかりました。また、悪性の腫瘍だった為、術後は、週2回の注射を受けなければなりませんでした。1回 4000円のものが週2回、ひと月に32000円のお金がかかります。

 死ぬまで受けないといけない。と言われていますが、再び腫瘍ができないとも限りません。今13才、後何年生きられるかわかりません。この子にはかわいそうですが、ある程度受けたら注射を打つのは辞めようと思っています。その注射を打ったからと言って長生きできるとは限らないからです。

 しかも、今また腫瘍らしき物が出来ているみたいです。これを取るとなったら、また手術代がかかります。この腫瘍は、体中にできるものらしいので、手術は受けません。今は注射だけで十分です。

 そんな時、保険屋をやっている友達に言ったら、病気になる前に保険に入っていたら、治療代の心配をせずに受けさせられた事を聞きました。一度病気になると、人間と同じで保険に入れないと言うことでした。ペット保険は、年間一括掛け捨て で40000円近く払えば、何回でも手術も治療も受けられるそうです。何度か本に載っているペット保険を見たことはありますが、こんなに高い保険料は払えないし、入らなくても大丈夫と思っていました。

 いざ病気の治療代を目の前にして、ペット保険に入っておかなかったことを後悔ばかりしています。しかも犬の治療代は、人間の用に治療代が3割ぐらいですむというこ とはないのですから……今思えば保険にはってなかったことに後悔しかありません。こんなにかかるなんて……

総評

 ペット保険にこれから入ろうと思っている人は、必ず入るべきです。ペットは家族の一員です。しかも、病院に行っても動物たちには保険がないので割引もありません。ケガも病気もせずに一生を終える人間もいないし、動物たちにもいないと思います。いざという時の保険です。人間だって保険にはっているからこそ、安心して治療が受けられるのですから、ペットも同じように安心して治療を受けられる環境を作るために、ペット保険に入ったほうが良いと思います。

 後悔しても病気やケガにあった後には、保険に入れないのです。掛け捨てのペット保険に入っているだけで、ずーと治療が受けられるのです。大好きな家族が1日でも長く生きられるのです。しかも動物の方が、人間の私たちより先に年を取りますし、私たちと同じように年と共に病気にかかります。そして動物の方が私たちより短命です。

 家族となった動物たちには、毎日癒されていることの方が多いと思います。そんな家族の動物たちにも、保険をかけて少しでも、いっぱい癒されたいと思いませんか?少しでも長く生きてくれたら嬉しいです。私が後悔したようにならない為に、家族の動物の為に、治療をちゃんと受けさせられるようにする為に、ペット保険に入っても良いのではと思います。

(参考)ペットが健康なうちに入りたいおすすめのペット保険ランキング
(参考)ペット保険は病気でも入れる?既往症とペット保険について解説

タイプ別ランキング

ペット保険比較のステップ