ペット保険の体験談

ペット保険に入っていて良かったこと

白内障で治療費100万円!ペットの医療費は人間よりもはるかに高額。

体験者
プロフィール

・ニックネーム
bbros3
・プロフィール
40代 男性 会社員 東京都
・ペットの種類
トイプードル3頭(11歳、11歳、9歳)
・ペット保険会社
ペット&ファミリー少額短期保険株式会社
・プラン名
げんきナンバーわん プラン70

ペット保険を適用するにいたった状況

 ペット保険に加入して1年程経った時でした。3頭飼っていた内の2番目の子(トイプードルのオスで当時5歳)の目に異常が見られました。旅行先での出来事でしたのでよく記憶しています。その時はやたらと目を痒がる仕草をしていて“なんか様子が変だな?”と思い、痒がる左目を良く見てみると薄っすらと白く濁っているように見えました。その時は光の加減でそう見えたのかと思いましたが心配なので帰宅後すぐに最寄りの動物病院に連れて行きました。

 案の定、診断結果は若年性の白内障と診断されました。治療に関しては薬で進行を遅らせるか、または手術するかの2択でした。手術となるとかなりの高額になるとの事でしたので、本当にそれだけしか方法がないのか?との思いで眼科関連の動物病院を4~5件程回った記憶があります。そして運よく専門の眼科病院を紹介してもらい、その病院で手術を受ける事に決めました。もちろんペット保険に加入していたからこその判断でもありました。

 通常、白内障は片目が発症すると、もう片方も発症すると言われており、うちの子も片目を手術して半年もたたず右目も発症しました。受診していた病院はとても信頼できる素晴らしい病院でしたので、迷わず右目の手術もお願いする事を決めました。手術後5年経った現在の状況は両目とも順調に経過観察中です。

保険料を請求する際のペット保険会社の対応

 手術も成功して1〜2ヶ月ほど経った頃に保険請求の手続きを始めました。

 まずは、保険会社に連絡をして請求の際に必要になる書類一式を送ってもらいました。電話の対応はとても親切かつ丁寧に説明していただき好印象だったことを思い出します。

 ある程度把握できたところで、必要書類の準備を始めました。一番重要な診断書を病院の先生に書いてもらわないといけないので通院の際に書類を渡し記入していただきました。

 あと必要になるのは、これまで通院の際に支払った代金の領収書です。これが一番面倒でしたが、無駄のないようにA4のコピー用紙に数枚分入るように工夫してコピーをしました。病気の具合にもよりますが、長い通院になる場合は前もってコピーしておくことをお勧めします。請求申請書には病気が発症した日や当時の具体的な症状も必要になるのでこちらも手帳等に記載しておくこともお勧めします。

 書類の記入に不明な点があったので、再度保険会社に電話したところコールセンターの女性の方にはとても親切に対応していただきました。こういった保険請求は私の場合、人間の保険も含めて初めてのことでしたので、分からない事は自己判断ではなく実際に保険会社に確認して正解でした。もし万が一書類に不備があった場合、再度提出(保険金受け取りに時間がかかる)か、もしくは保険金が支払ってもらえない等のトラブルになっていたかもしれません。請求手続はおおよそですが、約2週間ほどかかったと思います。

動物病院での診療費と保険金として受け取った金額

 白内障(両目)の手術の際に動物病院から請求された額は片目が44万円、もう片方の目が43万円、通院と薬の費用がざっと見積ると約10万円、合計97万円になりました。
保険金は1病気に対して最高70万円まで保証してくれるプランでしたので、満額の70万円が返ってきました。

総評

 これからペットを飼う方、ペット保険に加入するかどうかの判断、家庭の経済状況や面倒を見る方の役割など決めなければいけないことは沢山あるかと思います。私の場合、多頭飼いで経済的にも大変でしたが最初2頭だけ加入し、あとから来た1頭は大きな病気(2頭目の白内障)を経験したあとすぐに保険に加入しました。

 保険に加入した当時は、まだ数える程度の会社しかなく補償内容も少しずつ良くなり始めたばかりでした。やはりペットも家族の一員ですから、何か大きな病気やケガなどをした場合に、余裕がないからと言って治療出来ないという事だけは避けたい気持ちで、今のペット保険に加入する事を決めました。

 参考までに、ペットの年齢によって金額が変わるのは人間と同じですので、若いうちは高額の保証プランを選んでおくことをおすすめします。年齢と共に支払額も上がるので更新の際に、プランを変更するなど臨機応変に対応する事も忘れずに!特に多頭飼いの方は多頭飼い向けのセットプラン等があるかも判断基準にされた方が良いかと思います。

 ペットを飼われている方で、もし迷っている方がいらっしゃいましたら是非、安いプランでも構いませんのでペット保険に加入する事をおすすめします。大事な家族を守る為に!

(参考)愛犬が健康なうちに入りたいおすすめのペット保険ランキング
(参考)ペット保険は病気でも入れる?既往症とペット保険について解説

タイプ別ランキング

ペット保険比較のステップ